Create issue ticket

考えれる33県の原因 赤血球貪食がある骨髄

  • 自己免疫性溶血性貧血

    血管内溶血は文字とおり血管内で直接補体やリンパ球によって赤血球が破壊されるのに対して、血管外溶血は肝臓や脾臓、骨髄組織内の食細胞(マクロファージ)によって貪食されることにより赤血球が減少します。血管内溶血では血色素尿、発熱、黄疸をみることが多いようです。溶血性貧血の原因には以下のようなものが挙げられます。[sanyo-amc.jp]

  • ピルビン酸キナーゼ欠乏

    血管内溶血は文字とおり血管内で直接補体やリンパ球によって赤血球が破壊されるのに対して、血管外溶血は肝臓や脾臓・骨髄組織内の食細胞(マクロファージ)によって貪食されることにより赤血球が減少します。[hearts-ac.jp] 血管内溶血は文字とおり血管内で直接補体やリンパ球によって赤血球が破壊されるのに対して、血管外溶血は肝臓や脾臓、骨髄組織内の食細胞(マクロファージ)によって貪食されることにより赤血球が減少します。血管内溶血では血色素尿、発熱、黄疸をみることが多いようです。溶血性貧血の原因には以下のようなものが挙げられます。[sanyo-amc.jp]

  • 微小血管症性溶血性貧血
  • 貧血

    通常、赤血球の寿命は約120日間です。この通常の寿命に近いものや寿命を過ぎた赤血球は、骨髄、脾臓、肝臓にある貪食細胞に取り込まれて破壊されます。寿命に達していない赤血球が破壊(溶血)されると、それを補おうとして骨髄は新しい赤血球の産生を速めます。赤血球の産生を上回るペースで破壊が進むと、溶血性貧血が起こります。[msdmanuals.com]

  • ガードナー症候群

    家族性腫瘍:ガードナー症候群、MENなど 血液疾患:ビーン症候群、遺伝性有口赤血球症、家族性血球貪食症候群、骨髄性プロトプルフィリン症、先天性免疫不全症候群など。 皮膚疾患:外胚葉形成不全症、ミッシェラン・タイヤ症候群、色素失調症、先天性表皮水疱症など。 精神疾患:てんかん、自閉症、躁うつ病など。 その他:近親婚、高齢妊娠など。[mh.nagasaki-u.ac.jp]

  • 小球性貧血

    多発性骨髄腫 骨髄異形成症候群 白血病 血球貪食症候群 慢性炎症に伴う貧血 鉄欠乏状態の初期 網状赤血球 増加 溶血性貧血 出血性貧血 発作性夜間血色素尿症(PNH) 大球性貧血(大球性正色素性貧血) 《巨赤芽球性貧血》 ビタミンB12欠乏 悪性貧血 胃切除後貧血 葉酸欠乏 回腸疾患 吸収不良症候群 腸内細菌叢異常 《非巨赤芽球性貧血》[office-purej.com] MCHによる分類 小球性低色素性貧血 網状赤血球 低下 正常 鉄欠乏性貧血 鉄芽球性貧血 無トランスフェリン血症 慢性炎症にともなう貧血 網状赤血球 増加 サラセミア 異常ヘモグロビン症 正球性正色素性貧血 網状赤血球 低下 正常 ※追加検査にてさらに詳細に分類されます 腎性貧血 脾機能亢進症 内分泌疾患 悪性腫瘍 赤芽球癆 再生不良性貧血 骨髄線維症[office-purej.com]

  • 新生児失血性貧血

    多発性骨髄腫 骨髄異形成症候群 白血病 血球貪食症候群 慢性炎症に伴う貧血 鉄欠乏状態の初期 網状赤血球 増加 溶血性貧血 出血性貧血 発作性夜間血色素尿症(PNH) 大球性貧血(大球性正色素性貧血) 《巨赤芽球性貧血》 ビタミンB12欠乏 悪性貧血 胃切除後貧血 葉酸欠乏 回腸疾患 吸収不良症候群 腸内細菌叢異常 《非巨赤芽球性貧血》[office-purej.com] MCHによる分類 小球性低色素性貧血 網状赤血球 低下 正常 鉄欠乏性貧血 鉄芽球性貧血 無トランスフェリン血症 慢性炎症にともなう貧血 網状赤血球 増加 サラセミア 異常ヘモグロビン症 正球性正色素性貧血 網状赤血球 低下 正常 ※追加検査にてさらに詳細に分類されます 腎性貧血 脾機能亢進症 内分泌疾患 悪性腫瘍 赤芽球癆 再生不良性貧血 骨髄線維症[office-purej.com]

  • 再生不良性貧血

    1)網赤血球増加がない。 2)骨髄穿刺所見(クロット標本を含む。)で、有核細胞は原則として減少するが、減少がない場合も巨核球の減少とリンパ球比率の上昇がある。造血細胞の異形成は顕著でない。 3)骨髄生検所見で造血細胞の減少がある。 4)血清鉄値の上昇と不飽和鉄結合能の低下がある。[nanbyou.or.jp] 1) 網赤血球増加がない。 2) 骨髄穿刺所見(クロット標本を含む)で、有核細胞は原則として減少するが、減少がない場合も巨核球の減少とリンパ球比率の上昇がある。造血細胞の異形成は顕著でない。 3) 骨髄生検所見で造血細胞の減少がある。 4) 血清鉄値の上昇と不飽和鉄結合能の低下がある。[jpma-nanbyou.com] 汎血球減少を来すことの多い他の疾患には、白血病、骨髄異形成症候群、骨髄線維症、発作性夜間ヘモグロビン尿症、巨赤芽球性貧血、癌の骨髄転移、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、脾機能亢進症(肝硬変、門脈圧亢進症など)、全身性エリテマトーデス、血球貪食症候群、感染症などが含まれる。 4.以下の検査所見が加われば診断の確実性が増す。[nanbyou.or.jp]

  • 難治性貧血

    血管内溶血は文字とおり血管内で直接補体やリンパ球によって赤血球が破壊されるのに対して、血管外溶血は肝臓や脾臓、骨髄組織内の食細胞(マクロファージ)によって貪食されることにより赤血球が減少します。血管内溶血では血色素尿、発熱、黄疸をみることが多いようです。溶血性貧血の原因には以下のようなものが挙げられます。[sanyo-amc.jp] 1) 網赤血球増加がない。 2) 骨髄穿刺所見(クロット標本を含む)で、有核細胞は原則として減少するが、減少がない場合も巨核球の減少とリンパ球比率の上昇がある。造血細胞の異形成は顕著でない。 3) 骨髄生検所見で造血細胞の減少がある。 4) 血清鉄値の上昇と不飽和鉄結合能の低下がある。[jpma-nanbyou.com] 汎血球減少をきたすことの多い他の疾患には、白血病、骨髄異形成症候群、骨髄線維症、発作性夜間ヘモグロビン尿症、巨赤芽球性貧血、癌の骨髄転移、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、脾機能亢進症(肝硬変、門脈圧亢進症など)、全身性エリテマトーデス、血球貪食症候群、感染症などが含まれる。 4. 以下の検査所見が加われば診断の確実性が増す。[jpma-nanbyou.com]

  • 正球性正色素性貧血

    多発性骨髄腫 骨髄異形成症候群 白血病 血球貪食症候群 慢性炎症に伴う貧血 鉄欠乏状態の初期 網状赤血球 増加 溶血性貧血 出血性貧血 発作性夜間血色素尿症(PNH) 大球性貧血(大球性正色素性貧血) 《巨赤芽球性貧血》 ビタミンB12欠乏 悪性貧血 胃切除後貧血 葉酸欠乏 回腸疾患 吸収不良症候群 腸内細菌叢異常 《非巨赤芽球性貧血》[office-purej.com] MCHによる分類 小球性低色素性貧血 網状赤血球 低下 正常 鉄欠乏性貧血 鉄芽球性貧血 無トランスフェリン血症 慢性炎症にともなう貧血 網状赤血球 増加 サラセミア 異常ヘモグロビン症 正球性正色素性貧血 網状赤血球 低下 正常 ※追加検査にてさらに詳細に分類されます 腎性貧血 脾機能亢進症 内分泌疾患 悪性腫瘍 赤芽球癆 再生不良性貧血 骨髄線維症[office-purej.com]

さらなる症状