Create issue ticket

考えれる55県の原因 赤血球沈降速度の異常

  • 上気道感染症

    UMIN試験ID UMIN000002234 最終情報更新日: 2016年4月5日 登録日:2009年7月22日 成人急性上気道感染症診療の基本的考え方の検証 基本情報 進捗状況 試験終了 対象疾患 急性気管支炎を含む急性上気道感染症 試験開始日(予定日) 2008-10-01 目標症例数 3000 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 観察 試験の内容 主要アウトカム評価項目 有効性、安全性 副次アウトカム評価項目 細菌学的効果 対象疾患 年齢(下限) 20歳以上 年齢(上限) 性別 男女両方 選択基準 ・急性気管支炎を含む急性上気道感染症患者(急性気管支炎・急性扁桃炎・急性気管支炎)[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 多発性関節炎

    多発性関節炎(英: polyarthritis)とは2 4つの炎症が少関節炎(en:oligoarthritis)を含む5つ以上の関節での関節炎のいくつかの型。 多発性関節炎はどの年齢でも発生し、性差はない。 多発性関節炎はほとんどは関節リウマチ、乾癬性関節炎、紅斑性狼瘡(en:Lupus erythematosus)などの自己免疫疾患を原因とするが、ロスリバーウイルス(en:Ross River virus)などの感染症を原因とするものもある。 硬いマットレスと平らな枕による睡眠が多発性関節炎に対して推奨される。 多発性関節炎と下肢の両側性浮腫は関連する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 血友病

    血友病(けつゆうびょう、Hemophilia)は、血液凝固因子のうちVIII因子、IX因子の欠損ないし活性低下による遺伝性血液凝固異常症である。 第VIII因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病A、第IX因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病Bである。 男児出生数の5000〜1万人に1人が血友病患者である。血友病Aは血友病Bの約5倍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 少関節炎

    若年性特発性関節炎とは 16歳未満で発症し、少なくとも6週間以上持続する原因不明の慢性の関節炎のことです。 "若年"とは「若い」ということですが、ここでは「小児」という意味で使っています。"特発性"とは「原因不明」を意味する医学用語です。 これまでは国によって、「若年性慢性関節炎:JCA」や「若年性関節リウマチ:JRA」など呼び名が異なっていましたが、現在では「若年性特発性関節炎:JIA」と世界的に統一されています。 JCA: Juvenile Chronic Arthritis / JRA:Juvenile Rheumatoid Arthritis JIA: Juvenile Idiopathic[…][riumachi.jp]

  • 全身性強皮症

    本当です。全身性強皮症という同じ病名が付いていますが、全身性強皮症の中には、レイノー症状だけしかなく皮膚硬化が全くない軽症のタイプから、皮膚硬化が胸や腹などに拡大し、内臓病変を伴う典型的なタイプまで様々あります。それらを分類するためには、アメリカの内科医であるルロイとメズガーらによる全身性強皮症の分類が国際的に広く使われています。表2にこの分類の要点をまとめました。この分類では皮膚硬化の範囲のみならず、抗核抗体の種類、内臓病変の種類など様々な因子を加味して分類されているのが特徴です。これによると、全身性強皮症は1)症状が比較的軽い、限局皮膚硬化型全身性強皮症と、2)全身性強皮症として典型[…][dermatol.or.jp]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 顕微鏡的多発血管炎(指定難病43) けんびきょうてきたはつけっかんえん (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.「顕微鏡的多発血管炎」とはどのような病気ですか 顕微鏡的多発血管炎は、腎臓、肺、皮膚、神経などの臓器に分布する小型血管(顕微鏡で観察できる太さの細小動・静脈や毛細血管)の血管壁に 炎症 をおこし、出血したり血栓を形成したりするために、臓器・組織に血流障害や 壊死 がおこり臓器機能が損なわれる病気です。とくに、腎臓の糸球体と呼ばれる毛細血管および肺の 肺胞 を取り囲む毛細血管の壊死をともなう炎症が特徴的です。 2.[…][nanbyou.or.jp]

  • T 細胞リンパ芽球性リンパ腫

    再発性のT細胞急性リンパ性白血病(T-ALL)、T細胞リンパ芽球性リンパ腫(T-LBL)において、ネララビン(商品名「アラノンジー」)を、造血幹細胞移植の前治療に導入することで、生存率が向上することが明らかになった。これは、ドイツにおける多施設共同研究(GMALL)の成果であり、ドイツW.J.Goethe大学のNicola Gokbuget氏が、日本小児血液学会、日本小児がん学会の合同総会のランチョンセミナーで、12月14日に発表した。[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 多中心性キャッスルマン病

    2017年11月9日 (木) 厚生科学審議会疾病対策部会指定難病検討委員会は10月31日、医療費助成の対象となる指定難病の2018年度実施分に、発熱や貧血などを引き起こす「特発性多中心性キャッスルマン病」を追加し、若年期に皮疹・関節痛などを発症する「A20ハプロ不全症」など5疾病を既存の指定難病に統合することを了承した。ただ、一部疾病の診断基準などについては、厚労省の研究班と関連学会で見直しを行った上で、再度検討する。[…][yakuji.co.jp]

  • 腱付着部炎関連関節炎

    協和キリン富士フイルムバイオロジクス株式会社(代表取締役社長:鳥居 義史、以下 協和キリン富士フイルムバイオロジクス)とMylan N.V. (プレジデント:ラジブ・マリック、以下マイラン社)は、ヒト型抗TNF-αモノクローナル抗体製剤「アダリムマブ」(*1)のバイオシミラー医薬品「Hulio 」(開発番号:「FKB327」)に関し、欧州委員会(European Commission, 以下EC)より、先発医薬品である「ヒュミラ[…][fujifilm.co.jp]

  • 血友病B

    2018年7月2日、ペグ化遺伝子組換え型血液凝固第IX因子製剤 ノナコグベータペゴル (商品名 レフィキシア 静注用500、同静注用1000、同静注用2000)の製造販売が承認された。薬剤バイアルと専用溶解用液(L-ヒスチジン溶液)プレフィルドシリンジからなる製剤である。適応は「血液凝固第IX因子欠乏患者における出血傾向の抑制」、用法用量は「添付の専用溶解用液全量(4mL)で溶解し、各種状況下[出血時(軽度 中等度、重症又は生命を脅かす出血)、手術時(小手術、大手術)、定期的]ごとに定められた用法用量(詳細は最新の添付文書参照)で、いずれの場合にも4mL/分を超えない速度で静注」となっている。[…][medical.nikkeibp.co.jp]

さらなる症状