Create issue ticket

考えれる150県の原因 赤い皮膚障害

  • 酒さ

    酒さ(酒皶、しゅさ、Rosacea)とは、顔に生じる皮膚疾患のひとつ。酒焼けとも呼ばれる。 日光、ストレス、寒暖や風、運動、化粧品などがきっかけとなりやすい。治療は軽症から中等症では、第一選択はメトロニダゾール(抗菌薬)やアゼライン酸。きっかけを避け、日光から防御し、ステロイドの使用は避ける。 顔がほてり、鼻や頬の血管が炎症を起こし、真っ赤になるように見える。脂腺、汗腺の疾患とされている。浮腫を伴うこともある。 きっかけとなりやすいのは以下。 日光 81% 精神的ストレス 79% 猛暑 75% 風 57% 激しい運動 56% アルコール52% 寒い天気 46% 香辛料 45%[…][ja.wikipedia.org]

  • 尋常性ざ瘡

    (にきび) 執筆者: Jonette E. Keri, MD, PhD, Associate Professor of Dermatology and Cutaneous Surgery, University of Miami, Miller School of Medicine; Chief, Dermatology Service, Miami VA Hospital ざ瘡および関連疾患 尋常性ざ瘡 化膿性汗腺炎 口囲皮膚炎 酒さ[…][msdmanuals.com]

  • 皮膚癌

    馬偕紀念醫院皮膚科 吳育弘醫師 在網路上偶而會看到民眾發問,自己、朋友或親人得到皮膚癌怎麼辦? 有些人的描述聽起來很嚇人,其實大家不必太過害怕,皮膚癌有預防的方法,也有自我檢查的方式,如果真的不幸得到,只要早期治療,大多數都可以有效的治癒。至於治療的方式與皮膚癌的種類有關,因此在這裡簡單為民眾介紹。首先讓我們來看看皮膚癌在國人的發生率。 皮膚癌在台灣的發生率[…][mmh.org.tw]

  • 悪性黒色腫

    悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ、メラノーマ(malignant melanoma ; MM))とは、皮膚、眼窩内組織、口腔粘膜上皮などに発生するメラノサイト由来の悪性腫瘍である。正確な発生原因は不明であるが、表皮基底層部に存在するメラノサイトの悪性化によって生じる。また、皮膚に発生する悪性黒色腫は紫外線曝露と、足底に発生するものは機械的刺激と関連性が深いと考えられている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 血管腫

    乳児血管腫(いちご状血管腫) 通常、生後 4 週間以内に皮膚の表面や内側にできる「赤いあざ」で、顔や頭、肩、胸、手足、さらには内臓などいろんな箇所に出ます。その見た目がいちごのツブに似ていることから「いちご状血管腫」とも呼ばれますが、要するに毛細血管が増殖したことによってできた良性の腫瘍です。形や大きさはさまざまで、血豆のようなツブツブした赤黒いものが集まって盛り上がっている場合、ツブツブはあまり目立たなくても広範囲に赤いあざが出ている場合、あるいは皮膚内部にできている場合(深在型)は、皮膚の表面は青いあざがあるようにしか見えません。 消えるアザと消えないアザ[…][nakanokodomo.com]

  • ケロイド

    ケロイド(ドイツ語: Keloid、英語: keloid)とは、瘢痕組織が過剰に増殖した病変であり、良性線維増殖性病変に分類されている。肥厚性瘢痕(hypertrophic scar)は類縁病変である。 「ケロイド」の語は、「鉤爪(かぎづめ)」を意味するギリシア語に由来する。即ち、「鳥の鉤爪のような」病変という意味である(Enzinger FM et al, 1995)。和名は蟹足腫(かいそくしゅ)。しばしば蟹の足のような形状の突起を生ずることから来ている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 本態性血小板血症

    本態性血小板血症 Ref をクリックしていただくとreference abstractが表示されます(Pub Med) 解説 はじめに 末梢血血小板数の正常上限は40万/μl以下であり、40万/μl以上になると血小板増 加症と呼ばれます。一般的には60万/μl以上になると病的であるとされます。その原因 は 本態性血小板増多症を含む骨髄増殖性疾患 、 骨髄異形成症候群 、 家族性血小板増 多症、 そして下記に示す 2次性血小板増加症 に分けることができます。 2次性血小板増加症の原因 (1)運動 (2)分娩 (3)薬剤(エピネフィリン、サイトカインなど)[…][med.osaka-cu.ac.jp]

  • 未分化大細胞型リンパ腫

    Smartmed - サービスフォームMSD A trusted medical reference 会員登録 ログイン 使用可能アプリ一覧 検索 ログイン 閉じる 会員情報 起動しています... ホーム Oncology 削除 日経医療ニュース 削除 海外メディカルニュース 削除 海外カンファレンスレポート 削除 Medical Quiz The JAMA Network 削除 PubMed 削除 CT・MRI画像コレクション 削除 イラスト アナトミー 削除 eラーニング 削除 医療用医薬品データベース MSDマニュアル(日本語版) 削除 Clinical Summaries アイコン追加[…][smartmed.jp]

  • 末端黒子型 黒色腫

    本研究は、標準治療に抵抗性の転移性悪性黒色腫に対する体外培養腫瘍浸潤リンパ球を用いた養子免疫療法の臨床試験である。現在、日本で承認されている進行期悪性黒色腫に対する標準治療は抗 PD-1 抗体などの免疫チェックポイント阻害剤や BRAF 阻害剤などの分子標的薬であり、一定の効果が報告されている一方で、完全奏効ないし持続性のある効果を示す症例は限られる。海外での腫瘍浸潤リンパ球(Tumor infiltrating lymphocytes: TIL)を用いた養子免疫療法(TIL 療法)は、これらの標準治療に抵抗性の進行期症例に対しても一定の治療成績が報告されている。本研究では、日本で初めての TIL[…][research-er.jp]

  • クロモブラストミコーシス

    Terbiface Plus(テルビフェイスプラス)は、テルビナフィンとイトラコナゾールの合剤です。 作用機序の異なる2つの抗真菌成分により、相乗的な効果を発揮して、 クロモブラストミコーシス(黒色分芽菌症)を治療します。 クロモブラストミコーシス(黒色分芽菌症) 皮膚と皮下組織に起こる慢性的な真菌感染症です。中年の男女によく発症し、 四肢や顔面などの露出部や、特に下肢にあらわれます。患部は全体的に乾燥しており、 紅色の丘疹が徐々に拡大して、暗赤色の鱗屑(紅斑の上に付着するフケのようなもの)を 伴う膨らみを生じます。原因菌は、Fonsecaea[…][ikumounegai.blog.fc2.com]

さらなる症状