Create issue ticket

考えれる2,108県の原因 認知症

  • 酒さ

    病院で酒さの診断を受けた患者における認知のハザード比は 1.42 (95%CI 1.17-1.72) で、アルツハイマー型認知のハザード比は 1.92 (95%CI 1.44-2.58) と報告されている。酒さは、認知(特にアルツハイマー型)と有意に関連している。[ja.wikipedia.org]

  • せん妄

    認知と間違えられるだけでなく、認知が原因で症状が出ることもあるせん妄とは、どのような状態なのでしょうか。認知との見分け方のほか、症状や原因、予防法などを解説します。 この記事の目次 せん妄とは 認知とせん妄の違い 様子がおかしい…これってせん妄?認知認知とせん妄の違いって?[info.ninchisho.net] 認知の場合は症状が一定で、時が進むにつれ症状も進行していきます。 「せん妄」は改善しますが、認知はそうではありません。[ninchi-center.jp] 認知や似た症状との違い 認知との違い せん妄の症状を見た家族が「認知になったのか」と思うこともあります。 下記のような特徴があれば認知ですが、当てはまらない場合にはせん妄だと考えていいでしょう。[ansinkaigo.jp]

  • アルツハイマー病

    日本語 Japanese English 日本における アルツハイマー病 と 認知 日本では460万人の人々が認知を抱えて暮らしています。 そしてこの数は、人口の高齢化に伴い大きく増加することが予想されています。世界中では4400万人以上の人々が認知を抱えて暮らしており、この疾病は対処しなければならない世界的な健康問題です。[alz.org] 現在日本では認知を引き起こす原因のうち、もっとも割合の多い疾患で、6割以上がアルツハイマー病だと言われています。他の原因疾患には、 血管性認知 や レビー小体型認知 、 前頭側頭型認知 などがあります。[ninchisho-forum.com] 認知のおもな原因疾患 アルツハイマー病(アルツハイマー型認知) 脳血管性認知 レビー小体型認知 前頭側頭葉型認知 そのほか(嗜銀顆粒性認知、神経原線維変化型老年期認知など) 認知の診断・治療は今、こう変わっている SNAP の発見。[manseiki.com]

  • アルコール性認知症

    この記事の目次 アルコール性認知について アルコールを多量に飲む事で障害が起こり認知になります 高齢者にも多く、他の認知と合併する場合もあります アルコール性認知の症状 記憶障害、見当識障害、作話などが起こります アルコール依存と同じ様な症状 アルコール性認知の方への対応の仕方 症状を見逃さないで早めの受診を 周りが関わり孤独にさせない[info.ninchisho.net] しかしその一つに、認知が含まれていることはあまり知られていません。ここではアルコールが原因となる認知「アルコール性認知」について詳しく取り上げましょう アルコール性認知の概要 原因はアルコールの多量摂取 アルコール性認知とは、アルコールを多量に飲むことによって発症する認知です。[ansinkaigo.jp] お酒の飲みすぎで認知になることがあります。中には急激に意識がなくなり、救急で受診される方もいます。今回はアルコール性認知についてお話しします。 アルコール性認知とは、食事を取らずにアルコール類を多量に飲み続けることで、ビタミンB1の不足による脳の栄養障害を起こし、その結果発症する認知です。高齢者のみならず、若い方でも生じます。[sankei.com]

  • ビタミンB12欠乏

    プロトンポンプ阻害薬によるVB12欠乏性認知が脳血管性認知に併発したと考えられた。 著者の考案によれば、プロトンポンプ阻害薬が胃酸分泌を高度に抑制するため、食物タンパクからのVB12の分離を抑制しVB12の吸収が阻害される。プロトンポンプ阻害薬によるVB12欠乏性認知の報告である。[imic.or.jp] ビタミンが不足するとその種類により認知に似た症状が出現することがあります。 ビタミンB1は糖の代謝に必要な物質で、特にアルコールの多飲は、代謝に大量のビタミンB1が使われるために身体の中で不足してしまうことがあります。昔から脚気(かっけ)が代表される症状ですが、ビタミンB1不足が原因で認知に似た症状が出現することもあります。[ninchi-center.jp] 特に高齢者においては,本認知機能障害をきたすことがあり,treatable dementia(治療可能な認知)の鑑別診断として重要です。 診断としては,(1)欠乏をきたす素因の検討,(2)特徴的な症状や診察所見の確認,(3)検査結果の適切な解釈,の順に行うことが有用と思われます。[jmedj.co.jp]

  • 内因性うつ病

    認知」「せん妄」「うつ病」 などは、高次脳機能障害と似たような症状を現しますが、どう違うのでしょうか。 1.認知と高次脳機能障害の 違い 徐々に悪くなる(進行する)のか、ゆっくり回復するのか、の違い 認知の原因の多くは、 アルツハイマー病 と 脳血管性認知 です。[secure01.red.shared-server.net] 生気悲哀 4 仮面うつ病 5 各病相期における症状の同一性 四 まとめ 第二章 制止・仮性認知・微小妄想について 一 はじめに 二 筆者のうつ病相における精神病像要約 三 考 察 1 制止(抑制) 2 仮性認知 3 思考制止(抑制)とうつ病性仮性認知 4 仮性認知と真性認知 5 仮性認知と微小妄想 第三章 うつ病と自殺企図 一 [kinokuniya.co.jp] 認知と高次脳機能障害は後天的 、つまりそれまでは健常だったのにある時期から認知機能の低下をきたす、という点については同じですが、もっとも大きな違いは、 認知が一般的に認知機能が徐々に進行して行くのに対し、 高次脳機能障害は傷害を受けて障害となってから、回復する部分がある ということです。[secure01.red.shared-server.net]

  • 不眠症

    認知の高齢者が一晩中ゴソゴソ捜し物をしていて、翌日それを覚えていない場合もあります。この場合は高齢者自身の不眠とともにご家族も不眠になります。ご家族の眠剤を調節するのではなく、認知の睡眠障害の対策が先決です。 アルコールの飲みすぎで寝入りは良くなりますが、中途覚醒を生じ、睡眠の質を悪くします。[yanaiclinic.com] また、睡眠薬で認知になることはありません。認知は脳の神経細胞が正常の老化を超えて病的に減少して起こる病気です。睡眠薬で神経細胞がダメージを 受けて減ることはありません。むしろ不眠症の治療をきちんとすることで脳の働きが保て、不眠が続くことで発生するうつ病などの心の病を予防できるかもしれ ません。[min-iren.gr.jp] 心の病気と関連した不眠 うつ病・不安障害・統合失調などの精神疾患には、不眠の症状が現れることが多くあります。また、アルツハイマー型認知や脳血管障害、脳腫瘍などの脳の障害でも、不眠は起こります。[hachiouji-mental.com]

  • 硬膜下血腫

    血腫によって脳が圧迫されて物忘れや歩行障害、トイレの失敗(尿失禁)など、認知とよく似た症状が現れるのが特徴です。認知の症状がある80 90歳代にも慢性硬膜下血腫が多く見られるといわれています。高齢だから認知とすぐに決めつけず、転倒やなにかに頭をぶつけたことがあったら脳神経外科で診察を受けてみましょう。[healthcare.omron.co.jp] 診断 壮年 老年期で頭痛、片麻痺(歩行障害、手足の脱力)、記憶力低下、意欲減退、見当識障害、認知の精神症状が徐々に進行する場合、慢性硬膜下血腫を疑います。高齢者などでは加齢に伴う認知や脳梗塞などと診断されている場合も少なくありません。[plaza.umin.ac.jp] 高齢者では、 認知 で発症することがあります。慢性硬膜下血腫は、治療可能な認知とも言われています。比較的急に認知が進んだ場合には、本疾患の可能性があるので、早期の受診をお勧めします。 予防の基礎知識 経過が順調であれば、手術直後から症状が改善し、1 2週間以内に退院可能となります。[saiseikai.or.jp]

  • 脳血管性認知症

    「脳血管性(のうけっかんせい)認知」は、脳血管の異常(脳梗塞や脳出血など)によって脳がダメージを受け、それによって起こる認知の総称です。4大認知における他3つの認知とは少し異なり、特定の部位はありません。異常を起こした血管の部位により、症状も異なります。[healthrent.duskin.jp] このように脳血管性認知とアルツハイマー型認知を併発した場合を、混合型認知と言います。 アルツハイマー型認知についてはこちら 脳血管性認知の症状の特徴 まだら認知 脳梗塞や出血などの脳血管障害によって細胞が壊れた部位は、機能が低下します。[info.ninchisho.net] 発症しやすい年齢は60歳以降で、女性よりも男性に多く、高血圧や高脂血の人が脳梗塞を起こしやすいことからも、脳血管性認知は生活習慣病と密接している認知と言えるでしょう。ほか2つの三大認知(アルツハイマー型認知とレビー小体型認知)と異なり、神経変性と呼ばれる脳の神経細胞の自動的減少が原因とは言えない認知なのです。[sagasix.jp]

  • 多発梗塞性認知症

    糖尿病 、 高血圧 、喫煙、 脂質異常 などの 動脈硬化 の危険因子があり、 脳梗塞 をくり返すことによって認知があらわれ、進んでいきます。[medical.jiji.com] 脳卒中後の認知 認知の原因疾患 認知の原因疾患は多種多様です。脳以外の身体疾患で起きる認知も勘定に入れると100種を越える認知の原因疾患があります。しかし、私たちが日常よくみかける認知の多くは脳の病気であるアルツハイマー型認知と脳血管性認知によるものです。認知の約90%をこの二大疾患で占めます。[mainichi.co.jp] 目次 1.はじめに 2.認知とは何か? 3.認知の様々な種類とは? 二次性の認知 小児の認知 4.認知の原因となるその他の病態とは? 5.どんな状態が認知ではないのか? 6.何が認知の原因となるのか? 7.認知の危険因子はなにか? 8.どのようにして認知は診断されるのでしょうか? 9.何か治療法はあるでしょうか?[tomida-ikiiki.com]

さらなる症状

類似した症状