Create issue ticket

考えれる547県の原因 認知機能低下なし

  • アルツハイマー病

    アルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Major Neurocognitive Disorder Due to Alzheimer's Disease)はその症状であり、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。[ja.wikipedia.org] 記憶、学習、および少なくとも1つの他の認知領域の低下の証拠が明らかである(詳細な病歴または連続的な神経心理学的検査に基づいた)。 着実に進行性で緩徐な認知機能低下があって、安定状態が続くことはない。[e-heartclinic.com] アルツハイマー病によるMCIの臨床的定義 記憶障害の訴えが本人または家族から認められている 客観的に1つ以上の認知機能(記憶や見当識など)の障害が認められる 日常生活動作は正常 認知症ではない 記憶障害に限らず、生活の中での認知機能低下の一例を紹介します。[sodan.e-65.net]

  • 脳血管性認知症

    認知症 [A] 1つ以上の認知領域(複雑性注意、実行機能、学習および記憶、言語、知覚-運動、社会的認知)において、以前の行為水準から有意な認知低下があるという証拠が以下に基づいている。[e-heartclinic.com] アルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Major Neurocognitive Disorder Due to Alzheimer's Disease)はその症状であり、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。[ja.wikipedia.org] 脳血管障害発生により引き起こされるため、若い世代の発症も見られ、この場合「高次脳機能障害」と診断されることもあります。高次脳機能障害は機能回復への見込みが高く、脳血管性認知症は機能低下が徐々に継続していく違いがあるとされていますが、ほぼ同じ症状が出現します。[kaigo.homes.co.jp]

  • 軽度の認知障害

    このため、まだ認知症にはなっていないけれど、年齢相応の認知機能レベルより低下している時期があります。こうした健常と認知症の境目にいる時期を軽度認知障害( MCI )といいます。認知症との大きな違いは、全般的な認知機能は正常で、日常生活に支障をきたすほど認知機能低下していないという点です。[nakamaaru.asahi.com] MCIはMild Cognitive I mpairmentの略で、日本語の名称として「軽度認知障害」と訳されています。MCIは、記憶障害を含む認知機能の軽度の低下を本人や周囲の人が気付いていること、認知機能低下を客観的に評価できること、日常生活や社会生活は支障なく過ごせていること、などの条件を満たす「状態」のことを指します。[vihara.or.jp] 認知症は突然発症するのではなく、ゆっくりと脳の機能低下していきます。 「軽度認知障害(MCI)」は「物忘れが多くなってきた」「物や人の名前が出てこない」「感情の起伏が乏しくなってくる」など日常生活に大きな影響はないまでも、認知機能低下がゆっくりと進んでいる状態と考えられます。[hospy.jp]

  • 多発梗塞性認知症

    予後 部分的に改善しながら段階的に機能低下するものから、早く機能低下が進行するものまでさまざまです。皮質下血管性認知症や、その症状が軽い「皮質下血管性軽度認知障害」は、アルツハイマー病のように徐々に進行します。 目次へ Page Top 診断基準へ[e-heartclinic.com] この点について少し混乱があるのではないかと思いますが、これは認知症を鑑別診断する上でとても重要なことです。たとえば、正常老化による認知機能低下、統合失調症や気分障害やストレス関連障害などの他の精神疾患によるもの(または見かけ上の)、病前からの知的障害による認知機能低下などは誤って認知症と診断してはならないものです。[okamoto-oc.com] アルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Major Neurocognitive Disorder Due to Alzheimer's Disease)はその症状であり、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。[ja.wikipedia.org]

  • 急性アルコール中毒

    未成年者の飲酒―心身の発達を害することがあるため(未成年者飲酒禁止法) 飲酒運転―運動機能認知機能低下するため(道路交通法) また、強制的な 「イッキ飲ませ」 は、急性アルコール中毒を起こさせ、最悪の場合「死」という結果を招くこともある危険な行為です。こうなると、「イッキ飲み」を強要した人は刑法上の犯罪として処罰されることがあります。[toyo.ac.jp]

  • 低血糖症を伴った糖尿病

    トップ 病気の知識 過去の勉強会一覧  「低血糖と認知機能低下」「定期的に受けよう!糖尿病の検査」 「低血糖と認知機能低下」「定期的に受けよう![izumino.or.jp] 年を重ねると誰しも、もの忘れをしやすくなったり、自分の身の回りのことができなくなったりします(認知障害)。特に糖尿病のある高齢者の場合は、高血糖の状態が長く続くことで認知機能低下しやすくなり、もともと軽度の認知障害がある方はさらに進んで認知症を発症しやすいといわれています。[dmic.ncgm.go.jp] 高齢者糖尿病の血糖コントロール目標は、認知機能と日常生活動作の低下の程度に合わせて、HbA1cの血糖コントロール目標が定められています。[ncvc.go.jp]

  • アルコール性認知症

    アルコール依存症では認知症発症を10年ほど早めるだけでなく、低栄養、骨密度低下や筋肉容量減少が認められ、脳血管障害、骨折、廃用症候群の危険もある。アルコール認知症は脳萎縮と脳梗塞を合併、認知機能低下にとどまらず健康寿命を著しく短縮する。治療には認知症治療薬のほかに葉酸やビタミン補充、降圧剤や抗血小板剤を用いる。[kyorin-u.ac.jp] を含む身体疾患や認知機能低下などの中枢神経疾患が高頻度に合併する.画像検査は,これらアルコール依存症者の形態異常を可視化する.超音波検査やCTは肝疾患・膵疾患を,内視鏡検査は消化管疾患を,また MRI 検査は,頭蓋内の萎縮や脳血管病変を描出し,併存疾患の把握や治療戦略に供する.[saishin-igaku.co.jp] 記憶障害以外に、失語、失行、失認、遂行機能障害のうちのひとつ以上。 認知欠損は、その各々が社会的または職業的機能の著しい障害を引き起こし、病前の機能水準から著しく低下している。 認知欠損はせん妄の経過中にのみ現れるものではない。 痴呆症状が、原因である一般身体疾患の直接的な結果であるという証拠が必要。[aburayama-hospital.com]

  • 内因性うつ病

    認知症と高次脳機能障害は後天的 、つまりそれまでは健常だったのにある時期から認知機能低下をきたす、という点については同じですが、もっとも大きな違いは、 認知症が一般的に認知機能が徐々に進行して行くのに対し、 高次脳機能障害は傷害を受けて障害となってから、回復する部分がある ということです。[secure01.red.shared-server.net] アルツハイマー型認知症や甲状腺機能低下症、そしてステロイドなどの薬剤がうつ状態の原因となっている場合を外因性といいます。 内因性うつ病というのは一般に知られている典型的なうつ病で、普通は抗うつ薬がよく効きます。[machida-cl.net] 以上の予備群としての「うつ病」が蔓延(まんえん) うつ病と合併しやすい疾患 境界性人格障害(情緒不安定性パーソナリティ障害) アルコール依存症や薬物依存症(覚せい剤、麻薬、その他) パニック障害、社交不安障害(社会不安障害)、全般性不安障害などの不安障害 摂食障害、とくに過食症 解離性障害 統合失調症 認知症 甲状腺機能低下症、更年期障害、[stella-cl.com]

  • 反応性うつ病

    アルツハイマー型認知症や甲状腺機能低下症、そしてステロイドなどの薬剤がうつ状態の原因となっている場合を外因性といいます。 内因性うつ病というのは一般に知られている典型的なうつ病で、普通は抗うつ薬がよく効きます。[machida-cl.net] 不都合(人間関係、仕事、家計など) 7)生活歴-発達歴・学歴・職歴・結婚歴・飲酒歴・薬物使用歴を含めて 8)病前のパーソナリティ傾向-他者配慮性・対人過敏性・発揚性・循環性・気分反応性の有無を含めて 9)病前の適応状態-家庭・学校・職場などにおいて 10)睡眠の状態-夜間日中を含めた睡眠時間、いびき・日中の眠気の有無の聴取 11)意識障害・認知機能障害[comhbo.net] 以上の予備群としての「うつ病」が蔓延(まんえん) うつ病と合併しやすい疾患 境界性人格障害(情緒不安定性パーソナリティ障害) アルコール依存症や薬物依存症(覚せい剤、麻薬、その他) パニック障害、社交不安障害(社会不安障害)、全般性不安障害などの不安障害 摂食障害、とくに過食症 解離性障害 統合失調症 認知症 甲状腺機能低下症、更年期障害、[stella-cl.com]

  • 緊張性尿失禁

    機能性尿失禁 排尿機能には問題はなく、身体運動機能低下認知症など精神機能低下と、トイレまでの物理的な距離など環境が原因でおこる尿失禁です。たとえば、歩くことが困難でトイレに行くまでに間に合わず漏らしてしまう、認知症のためにトイレで排尿することが理解できない、といったケースです。[kameda.com] たとえば認知症のように、認知機能や運動機能の低下が見られる場合に起こります。 コラム 男女で異なる?男女別 尿失禁が起こる理由 女性に多いと思われがちな尿失禁ですが、男性で悩んでいる人も決して少なくありません。特に男性の場合、生活に支障を来すような深刻な状態になってから受診されることも多くあります。[gohongi-clinic.com] ほかに、直腸癌や子宮癌の手術後などに膀胱周囲の神経の機能が低下してしまっている場合にもみられます。 (4)機能性尿失禁 排尿機能は正常にもかかわらず、身体運動機能低下認知症が原因でおこる尿失禁です。たとえば、歩行障害のためにトイレまで間に合わない、あるいは認知症のためにトイレで排尿できない、といったケースです。[urol.or.jp]

さらなる症状