Create issue ticket

考えれる35県の原因 認知低下(後の発症)

つまり: 認知低下(後の発症

  • 産褥期

    産褥期精神障害 マタニティーブルーズ 分娩3〜10日頃に発症し一過性で短期間に改善する、気分の低下、不安、涙もろさ、不眠、情緒および認知の障害がみられる。ほとんどが自然軽快するため、特別な予防や薬物療法的な介入を実施しないことが一般的である。[bsd.neuroinf.jp]

  • 混合性不安抑うつ状態

    産褥期精神障害 マタニティーブルーズ 分娩3〜10日頃に発症し一過性で短期間に改善する、気分の低下、不安、涙もろさ、不眠、情緒および認知の障害がみられる。ほとんどが自然軽快するため、特別な予防や薬物療法的な介入を実施しないことが一般的である。[bsd.neuroinf.jp]

  • ステージ 4 前立腺癌

    手術の後、肺炎になったり、手術を契機に心筋梗塞や脳卒中などを発症する可能性が高まります。また、手術などの影響で体力の低下が著しく、寝たきりになったり、治療認知症が悪化するなど、若い世代の患者さんではみられない状況も生まれがちです。抗がん剤治療での、副作用が強く出現し、副作用からの回復もかなり遅れることがまれではありません。[scchr.jp]

  • パーキンソン病 3型

    このようにパーキンソン病を発症したに起こる認知症を 「認知症を伴うパーキンソン病(Dementia associated with Parkinson's Disease 以下PDD)」 と呼びます。一般の(認知症を伴わない)パーキンソン病と比べ、高齢になるほど発症率が高くなります。[sagasix.jp] 「認知症を伴うパーキンソン病(PDD)」:パーキンソン病から認知症へ パーキンソン病では、運動機能障害だけでなく、記憶障害など認知機能の低下もみられます。[sagasix.jp]

  • パーキンソン病

    このようにパーキンソン病を発症したに起こる認知症を 「認知症を伴うパーキンソン病(Dementia associated with Parkinson's Disease 以下PDD)」 と呼びます。一般の(認知症を伴わない)パーキンソン病と比べ、高齢になるほど発症率が高くなります。[sagasix.jp] 「認知症を伴うパーキンソン病(PDD)」:パーキンソン病から認知症へ パーキンソン病では、運動機能障害だけでなく、記憶障害など認知機能の低下もみられます。[sagasix.jp]

  • 統合失調感情障害

    幻覚・妄想などの陽性症状、意欲低下・感情鈍麻などの陰性症状、認知機能障害が中核的な症状であり、多くは慢性化・再発の経過をたどります。さらに多くの患者において、発症認知機能の低下が見られ、それが患者の自立した生活や社会への復帰、特に労働状態の回復を困難にしています。[amed.go.jp]

  • ラフォラ病

    軽度認知力障害 :認知症と診断するには十分でないが、正常な加齢現象による低下より明確な、認知力や記憶力の低下を示すことがあります。この状態を、軽度認知力障害と呼びます。この状態の人の多くはに認知症を発症しますが、認知症にならない人もいます。[tomida-ikiiki.com]

  • 脳血管性認知症

    患者さんとよく話し合っておきましょう 脳血管性認知症は発症、徐々に身体機能が低下し、寝たきりになる場合もあります。介護を行う上で、在宅や施設で過ごす場所の選定、経管栄養や呼吸補助、心肺蘇生など治療の選択については、本人の意思確認が可能なうちに話し合い、患者さんの意思を尊重することも重要です。[info.ninchisho.net]

  • 多発梗塞性認知症

    患者さんとよく話し合っておきましょう 脳血管性認知症は発症、徐々に身体機能が低下し、寝たきりになる場合もあります。介護を行う上で、在宅や施設で過ごす場所の選定、経管栄養や呼吸補助、心肺蘇生など治療の選択については、本人の意思確認が可能なうちに話し合い、患者さんの意思を尊重することも重要です。[info.ninchisho.net] 軽度認知力障害 :認知症と診断するには十分でないが、正常な加齢現象による低下より明確な、認知力や記憶力の低下を示すことがあります。この状態を、軽度認知力障害と呼びます。この状態の人の多くはに認知症を発症しますが、認知症にならない人もいます。[tomida-ikiiki.com]

  • 大腸リンパ腫

    手術の後、肺炎になったり、手術を契機に心筋梗塞や脳卒中などを発症する可能性が高まります。また、手術などの影響で体力の低下が著しく、寝たきりになったり、治療認知症が悪化するなど、若い世代の患者さんではみられない状況も生まれがちです。抗がん剤治療での、副作用が強く出現し、副作用からの回復もかなり遅れることがまれではありません。[scchr.jp]

さらなる症状