Create issue ticket

考えれる114県の原因 話すのが遅い

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 酒害

    【 酒害者家族のためのチェックリスト 】 (改訂 13/03/03) [ はじめに ] 以下のチェックリストは、ホスピタルで使用している酒害者家族(相談)のための、初診時チェックリストの概要です。 Printer-friendly Version 酒害者家族のためのチェックリスト[…][www2.gunmanet.ne.jp]

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • アルツハイマー病

    抄録[…][doi.org]

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • 脳血栓症

    抄録 Endothelin-1 (ET-1) は血管収縮機構1を介して, 脳血管障害の病態生理に密接に関与している.また, Thrombornodulin (TM) は, 内皮より逸脱した血中微量蛋白質である.慢性期脳血栓症25名を対象として, 選択的cAMP phosphodiesterase阻害剤であるCilostazol 200mgの2週間投与前後における血中ET-1, TM値の変動について検討した.血中ET-1値は, 投与前2.16 0.68ng/m l を示し, 投与後1.75 0.80pg/m l へと有意に減少した (p 糖尿病合併群における血中TM値の基礎値 (3.18 0.70FU/m l )[…][jstage.jst.go.jp]

  • 片頭痛

    片頭痛(へんずつう、migraine)とは、頭痛の一種で、偏頭痛とも表記する。発作的脈打つような痛みや嘔吐などの症状を伴うのが特徴である。字面から誤解されるが頭の片側にのみ現れる頭痛を指す症状ではない。軽度から激しい頭痛、体の知覚の変化、吐き気といった症状によって特徴付けられる神経学的症候群である。生理学的には、片頭痛は男性よりも低血圧の女性に多い神経学的疾患である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 一過性脳虚血発作

    一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ、Transient ischemic attacks:TIA) (以下TIAと略す) とは、脳血管疾患の一つであり、脳の循環障害により起こる一過性の神経症状を指す。 24時間以内に一旦完全に消失する特徴を持ち、また繰り返し起こることで脳梗塞を併発する恐れがあるので、脳梗塞の危険信号と考えられている。脳卒中治療ガイドライン2009によれば、TIA発症後90日以内に脳梗塞を起こす可能性は15ないし20パーセント、そのうち48時間以内の発症は約半数である (48時間以内の脳梗塞への移行は5%程度、数ヶ月以内の移行は20[…][ja.wikipedia.org]

  • パーキンソン病

    主なものには、動きが遅くなる、表情が乏しくなる、小さな声でボソボソと話す、筋肉・関節が固くなる、歩行障害、転倒しやすくなるなどがあります。 歩行障害 パーキンソン症状では、段差のない平らな床面でつまずくなど、歩行に不具合があらわれます。[sodan.e-65.net]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    基本概要 ホームページはこちら 診療科紹介 外来担当医表 専門医のご紹介 研究と教育 診療科紹介 脳神経内科は、脳、脊髄、末梢神経や筋肉の病気の診断と治療を行っています。 頭痛、物忘れ、性格の変化、理解力の低下、気を失う、目が回る、喋りにくい、手足に力が入らない、しびれる、痛む、筋肉が細る、足が前に出ない、立てない、転びやすい、ふらつく、手足が震えたり勝手に動く、顔や手足がけいれんするなどの症状です。 このような症状が出たときには脳神経内科を受診してください。 主な対象疾患 主な対象疾患[…][hosp.kyushu-u.ac.jp]

さらなる症状