Create issue ticket

考えれる59県の原因 診断のさまざまな年齢

  • 卵管炎

    A 女性の体はとてもデリケートで、ホルモンの影響などによって年齢とともにさまざまな変化がみられます。その変化の過程のなかで起こる気になる症状や病気などを診断・治療するのが婦人科です。女性のみが持つ器官の代表的な病気は表(※)の通りです。 肩こりや貧血など症状も女性ホルモンのバランスが崩れて起こるケースもありますから、まずは婦人科に相談を。[sagawa-clinic.com]

  • リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス大腸癌)

    [3] 参加者は189のさまざまな家系に属していた。 28人に小腸癌が発見された。小腸癌診断時の年齢は23 69歳で、その中央値は52歳であった。 小腸癌を発症する生涯リスクは4.2%であった。男女間でリスクに差はなく、大腸癌の病歴や小腸癌の家族歴の有無による有意差も認められなかった。[cancerit.jp]

  • 乳房ページェット病

    同じ乳がんであっても、細胞の性格がおとなしいものから活発なものまでさまざまで、患者さんによって違います。 2 疫学について 統計 わが国で乳がんと診断される女性は、1年間に4万人にのぼります。 年齢別にみた女性の乳がんの罹患(りかん)率は、30歳代から増加し始め、50歳前後にピークを迎え、その後は次第に減少します。[pref.gunma.jp]

  • 乳房パジェット病

    同じ乳がんであっても、細胞の性格がおとなしいものから活発なものまでさまざまで、患者さんによって違います。 2 疫学について 統計 わが国で乳がんと診断される女性は、1年間に4万人にのぼります。 年齢別にみた女性の乳がんの罹患(りかん)率は、30歳代から増加し始め、50歳前後にピークを迎え、その後は次第に減少します。[pref.gunma.jp]

  • 側頭葉てんかん

    このように病型によって予後が変わってくるので、正確な診断がとても大切です。 てんかんの病因はさまざまですが、ある程度は発病年齢と関連があります。乳幼児期では胎生期あるいは周産期の無酸素脳症、脳損傷、脳奇形、先天性代謝障害、髄膜脳炎後遺症が多いのです。[medical.jiji.com]

  • てんかん

    特に小児では、てんかんではない発作として、熱性けいれんや胃腸炎に伴うけいれんなどがあるので、それらをしっかりと否定できる場合にてんかんの診断がつけられます。 てんかんの分類 てんかんは、その原因や発症年齢、発作の症状などはさまざまで、その予後(将来的な治りにくさ、障害の程度など)もタイプによって違ってきます。[epilepsy-support.net]

  • 難聴

    難聴はさまざまな環境、あらゆる年齢で発生する可能性があります。難聴の診断は耳鼻咽喉科医師が行います。 3つの基本的な難聴タイプをご紹介します。 伝音難聴(でんおんなんちょう) 伝音難聴は、最も一般的なタイプの難聴の1つであり、外耳または中耳に何らかの問題があるために、音が聞こえにくくなります。[resound.com]

  • 上衣腫

    発症年齢さまざまですが、腫瘍が胎内で発生し生後数カ月以内に診断される場合もあります。 小児脳腫瘍の治療 小児脳腫瘍は、脳幹や視床下部など生命維持に関わる部位やその近辺に発生することが多いという特徴があります。まずは手術でできる限り摘出することになりますが、重要な部位に存在するがゆえ手術による摘出には限界があります。[takatsuki.aijinkai.or.jp]

  • 統合失調感情障害

    『DSM-5 診断トレーニングブック』 に収められた演習問題は,DSM-5への概念的変更,診断に関する特定の変更,および診断基準について,読者の知識をテストするよう執筆されている.各問題には短い解答があり,各々の正答の根拠を説明しており,診断分類,一組の基準,診断,コード,重症度,文化,年齢,性別についての重要な情報を含んでいる.これらの問題[igaku-shoin.co.jp] さまざまな試験の準備に役立つ.[igaku-shoin.co.jp]

  • 大発作てんかん

    このように病型によって予後が変わってくるので、正確な診断がとても大切です。 てんかんの病因はさまざまですが、ある程度は発病年齢と関連があります。乳幼児期では胎生期あるいは周産期の無酸素脳症、脳損傷、脳奇形、先天性代謝障害、髄膜脳炎後遺症が多いのです。[medical.jiji.com]

さらなる症状