Create issue ticket

考えれる23県の原因 触覚振盪音の増加

  • 無気肺

    無気肺(むきはい、英: atelectasis)は、気管支異物、腫瘍による閉塞、肺や主気管支などの呼吸器外科手術に伴う合併症として発症する呼吸器疾患。 気管支の内部に外科的処置による出血により進入した血液や、気管・気管支内にある線毛が機能しないことにより貯留した痰、誤嚥した異物、気道を閉塞する腫瘍などが原因となり、それよりも末梢の肺に空気が入っていないため、肺の一部が虚脱した状態にある。 放置しておくと肺炎なども引き起こすため、早期の治療が必要となってくる。痰による場合、強い咳嗽によって排痰などを促していくようにするが、排出できない場合には吸引を行い強制的に排出する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 舌肺炎

    家族全員が感染症にかからずに、冬を乗り越えられるのがいちばんです。そのためには日ごろの予防が第一! 「知っているつもり」の予防法を、再確認しておきましょう。 手洗い・うがいをする 外から帰ってきたら、手洗いとうがいをするよう習慣付けましょう。うがいには、口やのどに付着したほこりなどを洗い流す役割があります。また、のどの粘膜の潤いを保って、感染しにくい状態にする効果もあります。 マスクをする 鼻、口、あごを覆うように着け、マスクの上から鼻の両わきを指で押して凹凸に沿うようにします。マスクと顔の間に、できるだけすきまを作らないようにすることが大切です。 湿度管理をする[…][oyakocan.jp]

  • 肺炎球菌性肺炎

    ページを印刷 報道関係各位 2015年3月9日 ファイザー株式会社 英文タイトル: Pfizer Receives European Approval for New Indication for Prevenar 13 for Prevention of Vaccine-Type Pneumococcal Pneumonia in Adults - - - Label Also Updated to Include Data From the Community-Acquired Pneumonia Immunization Trial in Adults (CAPiTA) この参考資料について[…][pfizer.co.jp]

  • 肺梗塞

    タイトル 潰瘍性大腸炎に深部静脈血栓症と肺梗塞を合併した1例 著者 瀬戸 信之 著者 松本 次弘 著者 寺尾 晃一 著者 長尾 泰孝 著者 安藤 貴志 著者 加藤 治樹 著者 吉田 憲正 著者 内藤 裕二 著者 吉川 敏一 DOI 10.11405/nisshoshi.102.571 別タイトル A case of ulcerative colitis complicated with deep venous thrombosis and pulmonary embolism 著者別名 SETO Nobuyuki 著者別名 MATUMOTO Tuguhiro 著者別名 TERAO Koichi 著者別名 NAGAO[…][iss.ndl.go.jp]

  • 気管支原性癌
  • 非吸収性肺炎

    非結核性抗酸菌症について 非結核性抗酸菌とは、結核菌とライ菌以外の抗酸菌の総称であり、現在100菌種以上が発見されており、それらの菌種によって起こる感染症のことです。 非結核性抗酸菌は自然環境中の水系・土壌中や家畜などの動物の体内、水道・貯水槽などの給水システムなどに広く生息しており、菌を含んだ埃や水滴を吸入することにより感染すると推定されています。国内でも20菌種を超える感染症が報告されています。そのうち7〜8割ぐらいはMAC(Mycobacterium-avium complex)と呼ばれる菌で占められています。[…][fukujuji.org]

  • 誤嚥性肺炎

    誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)は、胃または口から肺に比較的大量の物質が入ることによりなる肺感染症の一種である。よくある徴候や症状は発熱と咳が感染から比較的早期にみられる。合併症には肺膿瘍があげられる。中には非感染性の誤嚥性肺炎の亜型である、酸性の胃の内容物が肺に入り発症する化学性肺炎も含まれる。 感染は数種類の細菌が原因である可能性がある。リスク要因には、意識レベルの低下、嚥下障害、アルコール依存症、経管栄養、口腔の健康不良などがあげられる。診断は通常、既往歴、症状、 胸部X線、培養検査に基づい行われる。他の種類の肺炎と区別するのが難しい場合もある。[…][ja.wikipedia.org]

  • グラム陰性菌肺炎

    細菌性肺炎 (さいきんせいはいえん)は細菌を原因とした肺の急性 炎症 ( 肺炎 )であり、そのほとんどは 肺胞性肺炎 である。 肺炎の死亡率はとくに高齢者で高く、75歳を過ぎると急激に増加する。加齢に伴う 唾液 分泌量の低下は口腔内の病原性細菌の増殖をまねき、病原細菌を含んだ口腔‐咽頭分泌物のくり返される誤嚥は肺の細菌処理能力をこえ、肺炎を引き起こす。よって、口腔ケアにより口腔内を清潔に保つことが重要である。また、人工呼吸器や経管栄養チューブをつけている高齢の入院患者などでは 胃液 の誤嚥による肺炎も問題となる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 細菌性肺炎

    細菌性肺炎 (さいきんせいはいえん)は細菌を原因とした肺の急性 炎症 ( 肺炎 )であり、そのほとんどは 肺胞性肺炎 である。 肺炎の死亡率はとくに高齢者で高く、75歳を過ぎると急激に増加する。加齢に伴う 唾液 分泌量の低下は口腔内の病原性細菌の増殖をまねき、病原細菌を含んだ口腔‐咽頭分泌物のくり返される誤嚥は肺の細菌処理能力をこえ、肺炎を引き起こす。よって、口腔ケアにより口腔内を清潔に保つことが重要である。また、人工呼吸器や経管栄養チューブをつけている高齢の入院患者などでは 胃液 の誤嚥による肺炎も問題となる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発血管炎性肉芽腫症

    HOME 診断・治療指針(医療従事者向け) 多発血管炎性肉芽腫症(指定難病44) たはつけっかんえんせいにくげしゅしょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)  概要 1.概要 多発血管炎性肉芽腫症は、以前はウェゲナー肉芽腫症と称されていた疾患で、病理組織学的に(1)全身の壊死性肉芽腫性血管炎、(2)上気道と肺を主とする壊死性肉芽腫性炎、(3)半月体形成腎炎を呈し、その発症機序に抗好中球細胞質抗体(antineutrophil cytoplasmic[…][nanbyou.or.jp]

さらなる症状