Create issue ticket

考えれる9県の原因 角膜炎症

  • 昏睡

    昏睡(こんすい、coma)とは意識障害の一つ。意識障害の中で最も重いものである。 昏睡とは、外部からどのような刺激が加えられても反応がない状態とされる。ただ、脊髄反射は認められる。また、痛み刺激に顔を少ししかめる患者も昏睡に含められる医学論文が多くある。その場合でも、「痛み刺激に対し全く反応しない(JCS300)」が、深昏睡とされる。 一般には意識障害の深度の分類である Japan Coma Scale(JCS)や Glasgow Coma[…][ja.wikipedia.org]

  • 全身麻酔

    全身麻酔 (ぜんしんますい、 英 : General anesthesia )は、 麻酔 方法の一つ。 手術 に付随して行われる医療である。手術する部位のみを麻酔する 局所麻酔 に対し、全身麻酔では全身を麻酔する。全身麻酔では意識が消失する。 全身麻酔が薄れるまでの間、患者は訴えることができないので、 麻酔科医 が患者のそばで注意深く監視および観察する必要がある。全身麻酔の長所はあらゆる部位の手術に用いることができることである。また、麻酔の目的として鎮静(意識消失)、筋弛緩、鎮痛、有害な 副交感神経 反射の抑制があげられるが、全身麻酔は基本的にはこれらの条件を全て満たす。 歴史 [ 編集 ][…][ja.wikipedia.org]

  • 円錐角膜

    円錐角膜(えんすいかくまく、英keratoconus)は、眼球の角膜におこる非炎症性変性疾患である。角膜が薄くなり中心部が突出するため、角膜の曲率が正常範囲を超えて小さくなる。欧名keratoconusはギリシャ語のkerato-(角、ホーン、角膜)及びラテン語のconus(円錐)に因む。[ja.wikipedia.org] 他にも角膜の菲薄化を来す非炎症性眼疾患がある。それらは総じて円錐角膜よりも稀である。: 球状角膜 Keratoglobus 球状角膜は極めて稀で、遺伝的に円錐角膜と関連がある。角膜辺縁部から菲薄化がおこり、球状でわずかに拡大した眼となる。[ja.wikipedia.org]

  • 結膜炎

    通常、発症してから約1週間に病状のピークがあり、その後徐々に改善してきますが、炎症が強い場合は黒目(角膜)の表面に小さな濁りが残ることがあります。そのために曇った感じが続く方がいます。これは時間とともに徐々に消えていきますが、副腎皮質ステロイド薬の目薬を使うことがあります。濁りが完全に消えるまでに数か月かかることもあります。[nichigan.or.jp] 患者の多くには、炎症、眼が赤くなる、またはまぶたの縁が腫れる( 眼瞼[がんけん]炎 )といった症状もみられます。 症状 輪部(結膜が角膜に付着する部位)周辺の角膜上または結膜上に、小さな黄灰色の隆起(小さな水疱)が現れます。この隆起は数日から2週間続きます。[msdmanuals.com]

  • 緑膿菌

    局所感染の場合は、眼では角膜炎や炎症、耳(外傷などによる)では「スイマーズイヤー (swimmer's ear、水泳者の耳)」とよばれる外耳炎、皮膚では化膿性発疹などを起こすほか、気道感染による肺炎を起こす場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    ベーチェット病など非肉芽腫性血管炎では角膜後面沈着物は炎症細胞びまん性に沈着するがサルコイドーシスの場合は炎症細胞が集簇し、大型の角膜後面沈着物を形成する。これを豚脂様角膜後面沈着物という。虹彩結節は虹彩に生じる肉芽腫であり、瞳孔縁のKoeppe結節や虹彩実質のBusacca結節が知られ、特異度の高い所見とされている。[ja.wikipedia.org]

  • 白内障

    切開幅が大きく、術後炎症・眼圧の不安定さより、多くの医療施設では手術に際し入院を必要としていた。 現在、切開法としては角膜を切る角膜切開法や、強膜から角膜までトンネル状に切り進む強角膜切開法が主流であり、術後も縫合は行わない、いわゆる無縫合手術で行われることが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 角膜症
  • チモロール

    点眼薬で0.1-5%に発生する副作用として、眼の刺激症状・炎症・疼痛、視力障害、角膜障害、結膜充血、眼乾燥感、眼瞼下垂、 不整脈 (頻脈、徐脈等)が記載されている。 そのほか、 失神 、 心不全 、 抑うつ 、 混乱 ( 英語版 ) 、 レイノー現象 、 勃起不全 が発生し得る。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状