Create issue ticket

考えれる182県の原因 視神経低形成

  • 緑内障

    視神経疾患や頭蓋内疾患、大量出血など病気で起こることもあれば、視神経形成など先天的な場合もある。丁寧な問診や詳細な検査で区別がつくこともあるが、進行の有無を確認するために年余にわたる経過観察が必要になることも多い。 視神経部分形成 視力は正常で部分的な視野欠損を示すが視野欠損を自覚することは少ない。[ja.wikipedia.org] 下方の視野欠損を呈する視神経乳頭上方形成 (英: superior segmental optic disc hypoplasia: SSOH) は、(i) 視神経乳頭上鼻側のrimの菲薄化、(ii) double ring sign、(iii) rim菲薄部に一致する鼻上方の幅広い神経線維層欠損を3徴とする。[ja.wikipedia.org] 以前は視神経形成の頻度はあまり高くないと考えられていたが多治見スタディのデータより SSOH の頻度が以前考えられていたよりも高いことが示された。 検査は眼圧検査、隅角検査、眼底検査、視野検査、視神経乳頭等の形状解析などが行われる。 眼の内部の圧である眼圧を測定する。[ja.wikipedia.org]

  • 翼状片

    視神経炎、視神経形成、レーベル病 視束管骨折、多発性硬化症、Devic病、下垂体腫瘍、脳梗塞 ドライアイ 涙嚢炎、鼻涙管ちりょう閉塞、涙小管炎 近視、遠視、乱視 老視 斜視(内斜視、外斜視) 下斜筋過動症、Duane症候群、動眼神経麻痺、外転神経麻痺 Fisher症候群 ギラン・バレー症候群の亜型。[ja.wikipedia.org]

  • マイボーム腺腫

    視神経炎、視神経形成、レーベル病 視束管骨折、多発性硬化症、Devic病、下垂体腫瘍、脳梗塞 ドライアイ 涙嚢炎、鼻涙管ちりょう閉塞、涙小管炎 近視、遠視、乱視 老視 斜視(内斜視、外斜視) 下斜筋過動症、Duane症候群、動眼神経麻痺、外転神経麻痺 Fisher症候群 ギラン・バレー症候群の亜型。[ja.wikipedia.org]

  • 乳頭乳頭閉塞症候群

    視神経形成の視野 視野の下の方に感度が低下している部分がありますが、基本的には治療をしなくても進行しません( 視神経形成の解説 参照)。 緑内障以外の陥凹拡大・乳頭異常 ここまでは視神経乳頭の異常を緑内障との関係から解説しましたが、頻度は少ないながら、視神経乳頭の異常が現れる次のようなケースもあります。[dm-net.co.jp] 視野検査 緑内障以外の陥凹拡大・乳頭異常 ここまでは視神経乳頭の異常を緑内障との関係から解説しましたが、頻度は少ないながら、視神経乳頭の異常が現れる次のようなケースもあります。 視神経 形成 〈 ていけいせい 〉 視神経の数がもともと少ないために、視神経乳頭が変形していたり、陥凹が大きくみえる状態です。[skk-net.com] 視神経形成 〈ていけいせい〉 視神経の数がもともと少ないために、視神経乳頭が変形していたり、陥凹が大きくみえる状態です。精密検査で視野の異常がみつかることもありますが( 視野検査の解説の③ 参照)、それを自覚することはなく、乳頭の変形や陥凹拡大も進行しないので治療は必要ありません。[dm-net.co.jp]

  • 斜視

    また、視力が出ないために弱視のようみえる他の疾患、たとえば緑内障、視神経形成、黄斑低形成などの有無も調べます。これに先立って問診では育成状況、目の病気の有無、見えにくそうにしているかなどを尋ねます。 弱視の治療 屈折異常(遠視・近視・乱視など)があるときはめがねをかけます。[shirai-hosp.or.jp]

  • 低眼圧緑内障

    視野検査 緑内障以外の陥凹拡大・乳頭異常 ここまでは視神経乳頭の異常を緑内障との関係から解説しましたが、頻度は少ないながら、視神経乳頭の異常が現れる次のようなケースもあります。 視神経 形成 〈 ていけいせい 〉 視神経の数がもともと少ないために、視神経乳頭が変形していたり、陥凹が大きくみえる状態です。[skk-net.com]

  • 眼筋障害

    J 視神経の先天異常 1 朝顔症候群 2 乳頭傾斜症候群 3 視神経乳頭コロボーマ 4 中隔視神経形成異常症 5 視神経形成視神経形成 6 鼻側視神経形成(NOH) 7 視神経乳頭小窩 K 視神経の腫瘍 1 視神経鞘髄膜腫(ONSM) 2 視神経膠腫 3 視神経乳頭メラノサイトーマ L 視交叉の異常 1 視交叉部腫瘍 2 視交叉部[m-book.co.jp] D 圧迫性視神経症 1 甲状腺視神経症 2 鼻性視神経症 3 その他の圧迫性視神経症 E 栄養欠乏性視神経症 F 中毒性視神経症 1 エタンブトール視神経症 2 メチルアルコール中毒性視神経症 3 シンナー中毒性視神経症 4 薬剤性視神経症 G 悪性腫瘍による視神経症 1 浸潤性視神経症 2 悪性腫瘍随伴視神経症 H 放射線視神経症 I 視神経萎縮[m-book.co.jp]

  • 内側性硬化症

    大脳皮質基底核変性症 ・大理石骨病 *2 ・高安動脈炎 ・多系統萎縮症 ・タナトフォリック骨異形成症 *1 ・多発血管炎性肉芽腫症 ・多発性硬化症/視神経脊髄炎 ・多発性嚢胞腎 ・多脾症候群 *1 ・タンジール病 *1 ・単心室症 *1 ・弾性線維性仮性黄色腫 *1 ・胆道閉鎖症 *1 ち ・遅発性内リンパ水腫 *1 ・チャージ症候群 ・中隔視神経形成異常症[kanja.ds-pharma.jp] /ドモルシア症候群 *1 ・中毒性表皮壊死症 ・腸管神経節細胞僅少症 て ・TNF受容体関連周期性症候群 ・ホスファターゼ症 *1 ・天疱瘡 と ・禿頭と変形性脊椎症を伴う常染色体劣性白質脳症 *1 ・特発性拡張型心筋症 ・特発性間質性肺炎 ・特発性基底核石灰化症 ・特発性血小板減少性紫斑病 ・特発性血栓症(遺伝性血栓性素因によるものに限[kanja.ds-pharma.jp]

  • 乳頭浮腫

    視神経形成の視野 視野の下の方に感度が低下している部分がありますが、基本的には治療をしなくても進行しません( 視神経形成の解説 参照)。 緑内障以外の陥凹拡大・乳頭異常 ここまでは視神経乳頭の異常を緑内障との関係から解説しましたが、頻度は少ないながら、視神経乳頭の異常が現れる次のようなケースもあります。[dm-net.co.jp] 先天性の乳頭形成による乳頭隆起(偽性うっ血乳頭)は、眼底検査で、視神経乳頭に①生理的陥凹がなく 、 ②乳頭上の大血管系の異常(3分岐、ループ)を認めるが、③乳頭周囲の網膜神経線維層は水様透明で… 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。[clinicalsup.jp] 視神経形成 〈ていけいせい〉 視神経の数がもともと少ないために、視神経乳頭が変形していたり、陥凹が大きくみえる状態です。精密検査で視野の異常がみつかることもありますが( 視野検査の解説の③ 参照)、それを自覚することはなく、乳頭の変形や陥凹拡大も進行しないので治療は必要ありません。[dm-net.co.jp]

  • 偽落屑症候群

    続発性病変として網膜滲出斑や新生血管、硝子体出血、網膜ひだ(鎌状剥離)などを認め、後極部にも視神経乳頭形成や黄斑牽引を認めることがあります。硝子体出血を伴う症例、滲出性変化を伴う牽引性網膜剥離を認める症例、裂孔を伴う症例などは硝子体手術の適応となります。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp]

さらなる症状