Create issue ticket

考えれる34県の原因 視神経のコロボーマ

  • チャージ症候群

    大部分の患者が眼コロボーマを有し、診断的な価値が高い。ただし、著者らの検討によれば、視診で同定できるような虹彩コロボーマは少なく、眼底検査により視神経乳頭コロボーマの有無を確認することが必要である。 後鼻孔閉鎖よりも、むしろ口唇口蓋裂の頻度の方が高く、診断上有用な所見である。後鼻孔閉鎖のない症例でも、CHARGE症候群を除外できない。[raredis.nibiohn.go.jp] 虹彩のコロボーマは、多くの場合視力には影響ありません。網膜や視神経コロボーマは熟練した眼科医によって診断されます。網膜や視神経コロボーマは視力に障害を起こします。視力の低下や視野の欠損、盲点を有します。 Cryptorchidism: 停留睾丸 精巣が陰嚢まで下がっていないこと。[charge.step.raindrop.jp] 特徴 コロボーマ 網膜や視神経コロボーマは、重篤な視覚障害を引き起こし、特に視野の上半分の欠損を引き起こすことがあります。視力も障害され、近視や遠視になりがちです。手術は目のコロボーマを直すことは出来ませんが、眼鏡は視力補正を助けます。チャージのある子どもはしばしば光に非常に敏感です(まぶしさ)。[nise.go.jp]

  • コロボーマ

    大部分の患者が眼コロボーマを有し、診断的な価値が高い。ただし、著者らの検討によれば、視診で同定できるような虹彩コロボーマは少なく、眼底検査により視神経乳頭コロボーマの有無を確認することが必要である。 後鼻孔閉鎖よりも、むしろ口唇口蓋裂の頻度の方が高く、診断上有用な所見である。後鼻孔閉鎖のない症例でも、CHARGE症候群を除外できない。[raredis.nibiohn.go.jp] 特徴 コロボーマ 網膜や視神経コロボーマは、重篤な視覚障害を引き起こし、特に視野の上半分の欠損を引き起こすことがあります。視力も障害され、近視や遠視になりがちです。手術は目のコロボーマを直すことは出来ませんが、眼鏡は視力補正を助けます。チャージのある子どもはしばしば光に非常に敏感です(まぶしさ)。[nise.go.jp] コロボーマの原因と治療 コロボーマは目の虹彩、網膜、脈絡膜または視神経杯などに発生し、胎児期にできた切れ込み(胎生裂)が完全に閉鎖しないために起こる。何の症状もなく、普通の生活を送れる人も少なくない。しかし重症な場合は眼球が通常より小さく見えたり、眼球が無いように見えるケースもある。[tocana.jp]

  • 奇形性嚥下困難

    特徴 コロボーマ 網膜や視神経コロボーマは、重篤な視覚障害を引き起こし、特に視野の上半分の欠損を引き起こすことがあります。視力も障害され、近視や遠視になりがちです。手術は目のコロボーマを直すことは出来ませんが、眼鏡は視力補正を助けます。チャージのある子どもはしばしば光に非常に敏感です(まぶしさ)。[nise.go.jp]

  • 眼筋障害

    J 視神経の先天異常 1 朝顔症候群 2 乳頭傾斜症候群 3 視神経乳頭コロボーマ 4 中隔視神経形成異常症 5 視神経低形成,視神経異形成 6 鼻側視神経低形成(NOH) 7 視神経乳頭小窩 K 視神経の腫瘍 1 視神経鞘髄膜腫(ONSM) 2 視神経膠腫 3 視神経乳頭メラノサイトーマ L 視交叉の異常 1 視交叉部腫瘍 2 視交叉部[m-book.co.jp] D 圧迫性視神経症 1 甲状腺視神経症 2 鼻性視神経症 3 その他の圧迫性視神経症 E 栄養欠乏性視神経症 F 中毒性視神経症 1 エタンブトール視神経症 2 メチルアルコール中毒性視神経症 3 シンナー中毒性視神経症 4 薬剤性視神経症 G 悪性腫瘍による視神経症 1 浸潤性視神経症 2 悪性腫瘍随伴視神経症 H 放射線視神経症 I 視神経萎縮[m-book.co.jp]

  • 後鼻孔閉鎖

    大部分の患者が眼コロボーマを有し、診断的な価値が高い。ただし、著者らの検討によれば、視診で同定できるような虹彩コロボーマは少なく、眼底検査により視神経乳頭コロボーマの有無を確認することが必要である。 後鼻孔閉鎖よりも、むしろ口唇口蓋裂の頻度の方が高く、診断上有用な所見である。後鼻孔閉鎖のない症例でも、CHARGE症候群を除外できない。[raredis.nibiohn.go.jp]

  • 交差性融合異所性腎

    眼科 眼の所見は歌舞伎症候群をもつ人の1/3以上に存在し、青色強膜、斜視、眼瞼下垂、コロボーマとピータース奇形のような角膜の異常がみられる。視神経形成不全、白内障、デュアン奇形、網膜色素変性症、マーカスガン現象(下顎眼瞼異常運動ともいわれる)等もみられる。しかしながら、重症な視覚障害は稀である。[grj.umin.jp]

  • 無嗅脳症

    大部分の患者が眼コロボーマを有し、診断的な価値が高い。ただし、著者らの検討によれば、視診で同定できるような虹彩コロボーマは少なく、眼底検査により視神経乳頭コロボーマの有無を確認することが必要である。 後鼻孔閉鎖よりも、むしろ口唇口蓋裂の頻度の方が高く、診断上有用な所見である。後鼻孔閉鎖のない症例でも、CHARGE症候群を除外できない。[raredis.nibiohn.go.jp]

  • ハシトキシコーシス

    黄斑症 黄斑障害 黄斑前膜 黄斑部コロボーマ 黄斑部血管走行異常 黄斑部出血 黄斑部術後浮腫 黄斑部線維症 黄斑部白斑 黄斑部浮腫 黄斑部裂孔 黄斑部瘢痕 黄斑部皺襞形成 黄斑偏位 黄斑変性 黄斑裂孔 黄疸 黄疸出血性レプトスピラ症 黄癬 桶状根 温式自己免疫性溶血性貧血 温痛覚過敏 温度感覚異常 温度感覚過敏 温熱性紅斑 音響外傷 音声障害[askdoctors.dousetsu.com] 横行結腸下垂症 横行結腸癌 横行結腸憩室 横行結腸腫瘍 横川吸虫症 横断性脊髄症 横突起骨折 横紋筋腫 横紋筋肉腫 黄菌毛症 黄視症 黄色ぶどう球菌敗血症 黄色腫症 黄色線維腫 黄色爪症候群 黄色肉芽腫 黄色靱帯骨化症 黄体のう胞 黄体機能低下症候群 黄体血腫 黄体腫 黄熱 黄斑のう胞 黄斑萎縮 黄斑円孔 黄斑円孔網膜剥離 黄斑下出血 黄斑視神経変性症[askdoctors.dousetsu.com]

  • グラデニーゴ症候群

    黄斑症 黄斑障害 黄斑前膜 黄斑部コロボーマ 黄斑部血管走行異常 黄斑部出血 黄斑部術後浮腫 黄斑部線維症 黄斑部白斑 黄斑部浮腫 黄斑部裂孔 黄斑部瘢痕 黄斑部皺襞形成 黄斑偏位 黄斑変性 黄斑裂孔 黄疸 黄疸出血性レプトスピラ症 黄癬 桶状根 温式自己免疫性溶血性貧血 温痛覚過敏 温度感覚異常 温度感覚過敏 温熱性紅斑 音響外傷 音声障害[askdoctors.dousetsu.com] 横行結腸下垂症 横行結腸癌 横行結腸憩室 横行結腸腫瘍 横川吸虫症 横断性脊髄症 横突起骨折 横紋筋腫 横紋筋肉腫 黄菌毛症 黄視症 黄色ぶどう球菌敗血症 黄色腫症 黄色線維腫 黄色爪症候群 黄色肉芽腫 黄色靱帯骨化症 黄体のう胞 黄体機能低下症候群 黄体血腫 黄体腫 黄熱 黄斑のう胞 黄斑萎縮 黄斑円孔 黄斑円孔網膜剥離 黄斑下出血 黄斑視神経変性症[askdoctors.dousetsu.com]

  • 側方髄膜瘤症候群

    J 視神経の先天異常 1 朝顔症候群 2 乳頭傾斜症候群 3 視神経乳頭コロボーマ 4 透明中隔視神経異形成 5 鼻側視神経低形成(NOH) K 視神経の腫瘍 1 視神経鞘髄膜腫(ONSM) 2 視神経膠腫 L 視交叉の異常 1 視交叉部腫瘍 2 視交叉部の炎症・外傷 M 視交叉以降の視路病変 1 視索病変 2 外側膝状体病変 3 視放線[igaku-shoin.co.jp] D 圧迫性視神経症 1 甲状腺視神経症 2 鼻性視神経症 3 その他の圧迫性視神経症 E 栄養欠乏性視神経症 F 中毒性視神経症 1 エタンブトール視神経症 2 メチルアルコール中毒性視神経症 3 シンナー中毒性視神経症 4 薬剤性視神経症 G 悪性腫瘍による視神経症 1 浸潤性視神経症 2 悪性腫瘍随伴視神経症 H 放射線視神経症 I 視神経萎縮[igaku-shoin.co.jp]

さらなる症状