Create issue ticket

考えれる213県の原因 視床下部機能不全

  • 頭部外傷

    頭部外傷(とうぶがいしょう、英: head injury、独: Kopftrauma)は、頭部に外力が加わって損傷が生じた状態の総称である。外傷性脳損傷を続発させることも少なくなく、発生段階からこれを伴うこともある。 外傷は開放性と閉鎖性に分けられ、いずれも部位によって頭皮、頭蓋骨、頭蓋内に分けられるが、頭蓋内、特に脳に対する損傷の程度が最も重視される。外力が脳に与える損傷の成立機序には様々なものがあり、代表的なものとしては以下の通りである。 打撃部位において骨は撓み inbending を生じ、脳を圧迫損傷する。特に小児では骨が軟らかいので inbending injury[…][ja.wikipedia.org]

  • 先天性中枢性肺胞低換気症候群

    先天性中枢性肺胞低換気症候群 (せんてんせいちゅうすうせいはいほうていかんきしょうこうぐん) は、脳幹部の自律神経中枢の先天的な形成異常、機能不全による重篤な呼吸障害であり、睡眠時に呼吸不全を起こすのが特徴である。英語のCongenital central hypoventilation syndromeを略してCCHS、また睡眠時に重篤な症状が起ることからオンディーヌの呪いという別名をもつ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 鞍上部腫瘍

    下垂体の機能を低下させるので、小児期の身体発育を遅延させ、低身長、薄い毛髪、基礎代謝の低下等、下垂体機能不全症状を起こします。また、視床下部症状として、低体温、傾眠、尿崩症、電解質異常を呈します。成人では、視神経症状と精神症状で発症することが多いです。[square.umin.ac.jp] この患者さんも術後に下垂体機能不全視床下部障害も生じませんでした。[plaza.umin.ac.jp] 直上の視神経・視交叉に癒着・圧迫することによる視力・視野障害をきたすとともに、下垂体機能が徐々に失われ下垂体機能不全に陥ります。下垂体機能不全に対しては適切なホルモンの補充療法が行われないと生命に関わります。 鞍上部進展が進行し視床下部に癒着し強く圧迫するようになると意識障害をきたし、究極的には生命に関わります。[nishijima.hospital.shizuoka.jp]

  • ウォルフラム症候群

    眼科臨床としては、 ウォルフラム症候群は10歳で起きるインスリン依存性の糖尿病で起こり、これに続く視神経萎縮による視力障害を見たらこれを疑う、ぞして内分泌代謝系、精神神経系障害、尿崩症、難聴、尿路異常などをチェックする。遺伝は常染色体劣性遺伝性疾患と記憶しておき、WFS1蛋白を規定する原因遺伝子WFS1の欠損を調べる。 ーーーーーーー Wolfram症候群 (ウォルフラム症候群)、DIDMOAD (Diabetes Insipidus, Diabetes Mellitus, Optic Atrophy, and Deafness), 1. 概要[…][kiyosawa.or.jp]

  • 頭蓋咽頭腫

    下垂体の機能を低下させるので、小児期の身体発育を遅延させ、低身長、薄い毛髪、基礎代謝の低下等、下垂体機能不全症状を起こします。また、視床下部症状として、低体温、傾眠、尿崩症、電解質異常を呈します。成人では、視神経症状と精神症状で発症することが多いです。[square.umin.ac.jp] 症状 頭蓋咽頭腫 下垂体機能低下症状として身体発育不全視床下部症状として尿崩症や体温低下、発熱、傾眠、性早熟などがみられる。 成人の場合は、精神症状が起こることがある。 髄芽腫 体幹失調、眼振、水頭症などが起こる。 生殖細胞腫 松果体に発生した場合は、水頭症や上方注視麻痺(パリノー徴候)などが起こる。[nurseful.jp] 、汎下垂体機能低下 画像所見他 下垂体腺腫(含む巨大腺腫) *高PRL血症の原因として薬剤服用、視床下部障害、甲状腺機能低下、慢性腎不全など種々のものが含まれるため、除外診断を行うこと。[nanbyou.or.jp]

  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群

    キーワード バソプレシン、中枢性尿崩症、多尿、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、低ナトリウム血症 目次へ戻る 下垂体前葉機能低下症 西山 充*1 岩﨑 泰正*2 *1 高知大学医学部内分泌代謝・腎臓内科 准教授 *2 高知大学保健管理センター 教授 要 旨 下垂体前葉機能低下症は,視床下部・下垂体の病変(腫瘍,炎症,外傷・手術,[saishin-igaku.co.jp] 虚血)により下垂体前葉ホルモンの分泌不全を来した病態である.標的内分泌腺の機能不全を伴うことにより,多彩な症状や検査異常を呈し,確定診断のために内分泌負荷試験や画像検査が必要である.治療として,原疾患に対する治療,および欠乏したホルモンに応じて,糖質コルチコイド,甲状腺ホルモン,性ホルモン,成長ホルモンの補充療法を行う.[saishin-igaku.co.jp]

  • ランゲルハンス細胞組織球増殖症

    2018/10/16 Kenneth J.Young,DC、Stephenie George,Bsc Hons (chrio) 著 訳:栗原輝久 概観 目的: 悪性の骨破壊性過程のように見える孤立性ランゲルハンス細胞組織球増殖症(好酸球性肉芽腫)の症例について考察する事。 臨床的な特徴: 6歳の少女には潜行性に生じた大腿痛があり、このために夜間に目覚めていたようだった。整形外科検査によって、局所痛が再現され、画像から大腿骨幹部の層状の骨膜反応を伴った骨溶解性過程が明らかになった。 治療と結果:[…][kurihara-chiro.com]

  • 下垂体腫瘍
  • 下垂体後葉疾患

    ホルモンが低くなる病気 視床下部・下垂体からのホルモン分泌不全により下垂体機能低下症、中枢性尿崩症をきたします。[todai-jinnai.com] ・下垂体腫瘍〔齋藤 洋一〕 下垂体前葉機能低下症 成人成長ホルモン分泌不全症(AGHD)〔高橋 裕〕 下垂体機能低下症〔片上 秀喜〕 下垂体後葉疾患 中枢性尿崩症〔岩崎 泰正〕 SIADH〔鈴木 陽之 他〕 リンパ球性下垂体炎〔肥塚 直美〕 甲状腺疾患 甲状腺中毒症 バセドウ病(診断・治療)〔中村 浩淑〕 バセドウ病クリーゼ〔赤水 尚史〕[sogo-igaku.co.jp] 〕 本態性高血圧症〔島本 和明〕 高尿酸血症・痛風〔藤森 新〕 神経性食思不振症〔鈴木(堀田)眞理 他〕 II.内分泌疾患 内分泌疾患治療の動向〔下村 伊一郎〕 間脳下垂体疾患 下垂体腺腫 プロラクチノーマ(高PRL血症を含む)〔三木 伸泰 他〕 先端巨大症〔島津 章〕 クッシング病〔沖 隆〕 TSH産生下垂体腫瘍〔大月 道夫〕 その他の視床下部[sogo-igaku.co.jp]

  • 肥満

    内分泌性肥満 甲状腺機能低下症、クッシング症候群、性腺機能低下症、成人成長ホルモン分泌不全症、多囊胞性卵巣症候群、インスリノーマなど 遺伝性肥満 視床下部性肥満 薬剤性肥満 2003年の世界保健機関 (WHO) の報告書では、肥満を増加させる要因として、高カロリー食品、動物性脂肪などに多い飽和脂肪酸、ファーストフード、砂糖の添加されたジュース[ja.wikipedia.org]

さらなる症状