Create issue ticket

考えれる69県の原因 視床下部不足

  • 外陰炎

    この症状の発症の理由ですが、女性ホルモン不足なので視床下部のホルモン中枢に負担がかかっているわけですがこの中枢部位のすぐ近くに体の血管を締めたり緩めたりする血管運動中枢とよばれる部位があります。[ofuku-miyakegroup.jp] そのために女性ホルモンが無くなってくると、脳にある視床下部のホルモン中枢という部位がホルモン不足を感じて卵巣を刺激しようとして脳からFSHという卵巣への刺激ホルモンが過剰に出てきます。つまり、女性ホルモン不足と脳に負担がかかった状態が更年期障害です。[ofuku-miyakegroup.jp]

  • 膣炎

    この症状の発症の理由ですが、女性ホルモン不足なので視床下部のホルモン中枢に負担がかかっているわけですがこの中枢部位のすぐ近くに体の血管を締めたり緩めたりする血管運動中枢とよばれる部位があります。[ofuku-miyakegroup.jp] そのために女性ホルモンが無くなってくると、脳にある視床下部のホルモン中枢という部位がホルモン不足を感じて卵巣を刺激しようとして脳からFSHという卵巣への刺激ホルモンが過剰に出てきます。つまり、女性ホルモン不足と脳に負担がかかった状態が更年期障害です。[ofuku-miyakegroup.jp]

  • 性腺機能低下症

    場合によっては、患者は生殖腺刺激ホルモン(または視床下部の神経ホルモン)の産生の先天性破壊を有するか、またはこれらのホルモンを不活性形態の形態 症状 臨床症状はアンドロゲン不足の程度と患者の年齢に依存する。 この病気の特徴的なものとポストプエルタータの形は区別されます。[ja.med-directory.com]

  • 甲状腺機能低下症

    下垂体や視床下部などの腫瘍が原因で、甲状腺機能が低下する場合も稀にあります。 必要な検査 甲状腺機能低下症(血液中の甲状腺ホルモンが不足している状態)の診断には、血液中の甲状腺ホルモン(T4、T3)濃度や、甲状腺刺激ホルモン(TSH)濃度を測定します。 脳下垂体や視床下部の病気を調べるために、MRIの検査が必要な場合もあります。[kmu.ac.jp] 潜在性甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモン(サイロキシン[T4]あるいは遊離サイロキシン[FT4])は基準値内ですが、視床下部や下垂体が甲状腺ホルモンの不足を鋭敏に察知し、下垂体から分泌されるTSHが基準値上限を超えて高値を示す状態です。 甲状腺ホルモンが基準値以下になる顕性甲状腺機能低下症の前段階と考えて頂くとわかりやすいです。[kmc-zushi.com]

  • 橋本甲状腺炎

    潜在性甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモン(サイロキシン[T4]あるいは遊離サイロキシン[FT4])は基準値内ですが、視床下部や下垂体が甲状腺ホルモンの不足を鋭敏に察知し、下垂体から分泌されるTSHが基準値上限を超えて高値を示す状態です。 甲状腺ホルモンが基準値以下になる顕性甲状腺機能低下症の前段階と考えて頂くとわかりやすいです。[kmc-zushi.com]

  • 頚椎性頭痛

    […] top 筋肉痛 虚血筋の収縮 酸素欠乏 アシドーシス ブラジキニン 産生 発痛(PGE2も痛みを強める) 血流不足 ATP枯渇 アデノシン (発痛物質)蓄積 疼痛 カリウム も発痛物質 インフルエンザでの筋肉痛の発生機序 マクロファージからIL-1 視床下部でPGE2 発熱 筋肉でPGE2 リソソーム酵素が遊離 筋肉の蛋白質を分解 発痛 筋肉[zutsuu-daigaku.my.coocan.jp]

  • 遺伝性腎細胞癌

    腎臓・内分泌内科 腎臓・内分泌内科は,急性・慢性腎不全,各種腎炎,ネフローゼ症候群などの腎臓疾患,視床下部・下垂体・甲状腺・副甲状腺・副腎・性腺などの内分泌器官の機能異常による各種ホルモンの過剰・不足と甲状腺癌などの腫瘍,および腎臓と内分泌の双方に密接に関連している高血圧の診療を行っています。[h.u-tokyo.ac.jp]

  • 副腎不全

    ACTHの不足は,視床下部の下垂体でのACTH産生を刺激する機能が低下した結果生じる可能性もあり,これはときに三次性副腎機能不全と呼ばれる。 汎下垂体機能低下症( 症状と徴候 )は下垂体腫瘍,種々の腫瘍,肉芽腫などに続発し,下垂体組織を破壊する感染症または外傷に続発することもまれにある。[msdmanuals.com]

  • 乳腺過誤腫

    卵巣の機能は脳下垂体とその上部にある間脳(視床下部)によって調節を受けており、卵巣の機能も間脳に影響される。不摂生、ストレス、睡眠不足などがあると、これらの事柄は間脳の調節機構を介して卵巣機能にも直接影響する。[senoopc.jp]

  • 塩類喪失

    になります 視床下部障害といえども結局は,食べる量が多くてエネルギーの消費が少ないのから肥満になっているので,ダイエットをして体を動かしてエネルギーを消費するという肥満対策の第1歩がとても大切です 無意識のうちのバランスが崩れているから,意識して肥満にならないように努力はつづけてください でも肥満の改善はとても難しいです 視床下部と下垂体に[plaza.umin.ac.jp] をすることが大切です 肥満による2次合併症は, 脂肪肝と肝障害,心疾患,高脂質血漿 (コレステロールや中性脂肪が高い), 糖尿病,高血圧,動脈硬化 などです ヨーロッパからの長期経過観察の報告では肥満になった頭蓋咽頭腫の患者さんに心臓血管障害の死亡率が高いという報告があります 肥満によって運動能力が低下するのは当然ですし,筋肉がつきにくいので体力不足[plaza.umin.ac.jp]

さらなる症状