Create issue ticket

考えれる1,410県の原因 視力低下

  • 糖尿病

    例えば目の網膜に合併症が進むと視力低下や失明に至り、腎臓に進むと透析といった治療が必要になります。これ以外にも手足のしびれといった神経障害、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、下肢の動脈硬化症、足壊疽などが起こってきます。[okayama-kyoritsu.jp] 心筋梗塞、脳卒中、視力低下 失明、腎不全、足の痺れ・疼痛、足壊疽 足切断・・・。 生命や人生の質(QOL: Quality Of Life) に大いに関わり得るこれらの合併症は、恐ろしいことに相当進行するまで自覚症状がほとんど出現しません。[laketown-clinic.jp] 2 網膜症:目の奥にある網膜に出血などが起きて、視力低下・失明の原因になります。定期的な眼科受診・眼底検査が必要です。 3 腎症:腎臓の機能が低下するとタンパク尿が見られ、さらに進むと腎不全となり、だるい、疲れる、足がむくむなどの症状が出ます。腎不全になると透析治療が必要になります。[saiseikai.or.jp]

  • トキソプラズマ感染症

    抄録 トキソプラズマ感染症は,免疫抑制状態にある膠原病患者における日和見感染症の一つとして知られており,しばしば髄膜炎や網脈絡膜炎などの症状を呈する.筆者らはトキソプラズマ感染症を併発した膠原病の2例を経験した.症例1は49歳,全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus:以下SLEと略)・強皮症(Systemic[…][jstage.jst.go.jp]

  • 緑内障

    発作時は視力低下などの自覚症状がありますので、すぐ眼科を受診し適切な降圧および抗炎症治療を受け て下さい。 高眼圧(21 Hg以上)の方 特に慢性的に25 Hg以上の眼圧が続くときには、緑内障の危険性が高いので 緑内障と同じ治療を開始する場合があります。[iwamaganka.jp] 視神経が傷つくと、脳に伝達される視覚神経刺激の機能が低下し、視野が狭くなったり、視力低下するなどの症状が現れます。 眼圧とは、目の内側で目の形状を維持している圧力のことで、眼圧の高さは目の硬さを表します。[tyojyu.or.jp] 超広角眼底カメラDaytona スポットビジョンスクリーナー メガネ処方・販売 コンタクトレンズご希望の方へ コンタクトレンズ障害 田園コンタクト東戸塚 アクセス 設備案内 お知らせ トピックス スタッフブログ 緑内障の早期発見 前視野緑内障 緑内障の早期治療 緑内障の早期発見Q&A 緑内障治療Q&A 眼精疲労 眼精疲労Q&A 小児眼科 学校で視力低下[denen-ganka.com]

  • 糖尿病性白内障

    検査・診断 白内障が進行すると視力低下するので、視力検査を行います。もともと近視や遠視、乱視がある方は、裸眼では視力低下しているので、白内障による視力低下なのか判断できません。そのため、一番視力の出る眼鏡をかけて矯正視力検査を行います。[medicalnote.jp] 万一、合併症の発見が遅れ視力低下が始まってしまった場合は、その時点の視力を保つためのレーザーによる光凝固治療、また、視力低下が進行してしまった場合は、視力を回復させるための硝子体手術などの治療が必要となります。 糖尿病網膜症の取り組み 蛍光眼底検査により網膜症の確かな診断を行っています。[aramakiganka.com] 進行を遅らせる程度の効果は期待できますが、視力の回復や根本的な治療にはなりません。視力低下し、日常生活に不便を感じるようであれば、手術を検討する必要があります。 白内障の進行による視力低下は手術による回復が可能ですので、思い当たる症状があらわれた際には、早めに眼科を受診いただき、適切な時期に手術されることをおすすめいたします。[akihabara-eye.com]

  • 開放隅角緑内障

    また、ピロカルピンという点眼薬は慢性閉塞隅角緑内障には有効ですが、瞳孔を小さくする作用があり、暗黒感や視力低下がおこります。 いずれの点眼薬も、医師の指示に従い、時間をきちんと決めて点眼することがたいせつです。[kotobank.jp] さらに病状が進行することで、最終的には視力低下から失明に至ることもあります。 検査・診断 開放隅角緑内障の検査としては、眼圧検査、隅角検査、眼底検査、光干渉断層計(OCT)、視野検査が挙げられます。緑内障は眼圧が上がることが発症要因であるため、実際に眼圧が上昇しているかどうかを確認するための眼圧検査はとても重要です。[medicalnote.jp] 発作時は視力低下などの自覚症状がありますので、すぐ眼科を受診し適切な降圧および抗炎症治療を受け て下さい。 高眼圧(21 Hg以上)の方 特に慢性的に25 Hg以上の眼圧が続くときには、緑内障の危険性が高いので 緑内障と同じ治療を開始する場合があります。[iwamaganka.jp]

  • 白内障

    (1) 視力低下 目の中のレンズ自体が濁ってしまっている為、眼鏡で矯正しようとしても見えにくいままです。進行すると、明かりがついている事がようやく判別できる程度にまで視力低下を来たす方もおられます。[morii-ganka.jp] 進行を遅らせる程度の効果は期待できますが、視力の回復や根本的な治療にはなりません。視力低下し、日常生活に不便を感じるようであれば、手術を検討する必要があります。 白内障の進行による視力低下は手術による回復が可能ですので、思い当たる症状があらわれた際には、早めに眼科を受診いただき、適切な時期に手術されることをおすすめいたします。[akihabara-eye.com] 白内障術後でもそうでなくても視力低下には様々な原因がありますので、明らかな視力低下を自覚した場合は、早めに眼科受診をお勧めいたします。[hyogo.med.or.jp]

  • 黄斑変性症

    症状について 視力低下 黄斑部が障害されることにより見たいところ、つまり真ん中が見えなくなり(中心暗点)、 視力低下します。 治療をしなければ徐々に視力低下は進行します。 黄斑下に大きな出血が起こると急激な視力低下をきたします。 変視症 網膜の下に液体が溜まったり、腫れたりすることで物がゆがんで見えることがあります。[morita-iin.com] 視力低下、中心暗点 黄斑部の網膜が更に障害されると、中心暗点という視野の中心が見えない状態になり、視力低下します。視力低下が進行すると日常生活に支障を来すようになります。通常、視力低下は徐々に進行し治療をしなければ多くの患者様で視力が0.1以下に低下します。網膜下に大きな出血が起こると急激な著しい視力低下を生じます。[umeyashiki-eye.com] 物がゆがんで見え、視力低下が徐々に進行します。 レーザー治療 や注射による 薬物治療(ルセンティス治療) を行います。60歳以上の方がほとんどで男性に多い病気です。年のせいと見過ごし治療が遅れる方も多くいます。病型によっては急速に視力低下してしまいます。[takada-ganka.co.jp]

  • ぶどう膜炎

    三叉神経刺激による充血、羞明、疼痛、流涙、視力低下、飛蚊症、調節障害 毛様充血、前房の炎症、前房蓄膿、縮瞳、硝子体混濁、乳頭浮腫、白内障、眼圧上昇、緑内障 ぶどう膜炎は、炎症の様式により下記の二つに大別される。おのおのに分類される疾患を列挙する。[ja.wikipedia.org] その他、眼底出血・視力低下などがあり、発作を繰り返すごとに重症化し、視力低下していきます。最悪の場合、失明に近い状態に至る人も少なくありません。 ベーチェット病はいろいろな症状の組み合わせで診断されます。症状は一度に出てくるわけではなく、長い期間をかけて症状が揃うことで初めてベーチェット病と診断される場合もあります。[eyedoctors.jp] 症状も軽い充血や飛蚊症で、視力低下もそれほど感じません。しかし軽いとはいえど炎症を繰り返すことで徐々に視力は下がっていきます。 注意点 一般的な治療はステロイドの全身投与で、点滴から始めて内服に切り替えます。 ステロイドには多くの副作用があるので基本的には入院して治療します。[chuoh-eye-clinic.com]

  • 低眼圧緑内障

    手術後からずっと見えずらい場合について話しますと、まず手術そのものによる視力低下は一定の頻度で発生することがわかっています。この発生率は手術の種類によって違います。また、患者さん側の要因としては、手術前の視野異常や視力低下の強い患者さんの方が、手術後に視力低下を起こす頻度が高くなります。[kokukuni.com] 開放隅角緑内障 隅角は広いが、視神経乳頭に眼圧で押された形の萎縮がおこり、視野狭搾、進行すれば視力低下、失明となる緑内障です。視神経の力にはかなりの余裕があるので、明らかに視神経乳頭に萎縮が認められる段階でも軽いうちは自覚症状はまったくありません。[hiratoganka.com] 視力低下の原因が治療可能であれば治療しますが、治療対象とならない場合はそのまま様子をみていくしかありません。手術後1ヶ月から半年位の間に徐々に治ってくることが比較的多いですが、治らずにそのままということもあります。手術を受ける前に視力低下などの危険性の説明をよく受けて下さい。 予後 緑内障は治らないのですか?[kokukuni.com]

  • 脳卒中

    目次 脳卒中とは 脳卒中の症状 脳卒中を疑ったら 病院での検査、治療 脳卒中の予防 1. 脳卒中とは 脳の血管が破れるか詰まるかして、脳に血液が届かなくなり、脳の神経細胞が障害される病気です。より早期(発症して4.5時間以内が目安です)に治療を開始すると後遺症が軽くなることがある、救急疾患です。 原因によって、1)脳梗塞(脳の血管が詰まる)、2)脳出血(血管が破れる)、3)くも膜下出血(動脈瘤が破れる)、4)一過性脳虚血発作(TIA)(脳梗塞の症状が短時間で消失する)の4つに分類されます。 脳梗塞[…][ncvc.go.jp]

さらなる症状

類似した症状