Create issue ticket

考えれる102県の原因 視力低下

  • 糖尿病

    糖尿病性網膜症 発症すると、硝子体や網膜の出血が起きるようになり、繰り返すごとに視力低下する。生命を脅かすことはないが、QOLの観点から重要な合併症である。また突然の失明の危険性から激しい運動療法が禁忌になるため、治療自体の妨げにもなる。[ja.wikipedia.org] 「糖尿病が強く疑われる人」における糖尿病合併症の状況 糖尿病の状態が続くと、神経障害(手足がしびれる、感覚が鈍くなる)、糖尿病性網膜症(眼底に出血がある、視力低下など)、糖尿病性腎症(尿たんぱくが出ているなど)、足壊疸(治りにくい潰瘍も含める)などの合併症が出現する。[mhlw.go.jp]

  • トキソプラズマ感染症

    トキソプラズマToxoplasma gondiiは、単細胞の原虫です。世界中でみられます。人に寄生して、トキソプラズマ症という感染症を起こします。アメリカ合衆国では、6000万人以上が感染していますが、ごくわずかの人でしか症状は見られません。それは、免疫の働きが、通常、病気を起こさないように、トキソプラズマを抑え込んでいるからです。[…][city.yokohama.lg.jp]

  • 頭部外傷

    視神経損傷による視力低下を、視神経管骨折が存在するためととらえるならば早期に視神経管開放術を行うが、これとは別に介達性外力、浮腫、出血を主因子ととらえるならば消炎療法が主体となる。3週間程度の経過観察において改善がなければ開放術を行うという考えもあり、視神経管骨折に対する視神経管開放術の適応、時期に関しての統一的な見解はない。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    5 15歳が好発年齢であり、多くは行動異常、性格変化、知能低下などの精神症状ではじまり、続いて四肢痙性対麻痺、視力低下、聴力低下、てんかん発作が出現する。四肢麻痺と知能低下は進行性で除皮質硬直、除脳硬直を示すようになる。経過中に皮膚色素沈着や低血圧、嘔吐などの副腎不全症状を示すこともある。経過は進行性であり1 3年で植物状態となる。[ja.wikipedia.org]

  • 緑内障

    それに対して急性隅角閉塞症や急性閉塞隅角緑内障は突然の激しい眼痛や頭痛、視力低下を生じる。 隅角の構造によって閉塞隅角緑内障と開放隅角緑内障の2つに分けることが多い。また発症の誘因から3つのタイプに分けられる。診断名には、構造による分類と誘因による分類の2つを組み合わせて、「原発開放隅角緑内障」などと使うことがある。[ja.wikipedia.org] しかし中心視野が損なわれると視力は急激に低下する。 ゴールドマン視野計 (GP) 指標を外から中心へ向かって動かし、見えた位置をつなげて視野の形を決定する検査で動的視野検査と呼ばれる。視角90度まで測定できるので視野全体の形を把握するのに適している。検者の技量に依存し異なる検者間での比較が困難であり、また定量性に欠けるという欠点がある。[ja.wikipedia.org]

  • ぶどう膜炎

    三叉神経刺激による充血、羞明、疼痛、流涙、視力低下、飛蚊症、調節障害 毛様充血、前房の炎症、前房蓄膿、縮瞳、硝子体混濁、乳頭浮腫、白内障、眼圧上昇、緑内障 ぶどう膜炎は、炎症の様式により下記の二つに大別される。おのおのに分類される疾患を列挙する。[ja.wikipedia.org]

  • 網膜色素変性症

    幼少時に既に視力低下などをきたしている場合は30、40代で失明する例もあるが、高齢になるまで視力を保っている例もある。発症から40年間位までは約60%が視力0.2以上を保っている。長い経過の後、社会的失明(視力0.1以下)になる例は多いが、医学的失明(暗黒)になる例は少ない(アメリカのある統計によると0.5%)。[ja.wikipedia.org]

  • マイボーム腺腫

    眼瞼下垂、眼瞼内反、兎眼症、麦粒腫、霰粒腫、眼瞼痙攣、眼瞼悪性腫瘍 結膜炎、類皮腫、結膜下出血、瞼裂斑、悪性リンパ腫 強膜炎、強膜軟化症 角膜炎、円錐角膜、翼状片、顆粒状角膜変性症、蚕蝕性角膜潰瘍 水疱性角膜症 角膜内皮細胞数の減少に伴い、角膜の透明性が保てず、視力低下、疼痛を生じる。角膜全層移植術が必要。[ja.wikipedia.org]

  • 白内障

    緑内障 (0.2-2.5%) 後嚢破損 (1%) 駆逐性出血 (0.55%) 水晶体落下 (0.1%) 眼内炎 (0.06%) その他(網膜剥離、術後高眼圧、嚢胞性黄斑浮腫、視力低下、眼内レンズ偏移、水疱性角膜症、麻酔薬によるアレルギーやショックなど)術中駆逐性出血や術後眼内炎が発生した場合は失明の可能性がある。[ja.wikipedia.org]

  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状