Create issue ticket

考えれる323県の原因 視力は正常

  • 斜視

    不同視弱視 片眼に強い遠視があり、発見されないまま幼児期を過ごしてしまうと視力正常に発達しません。不同視弱視といいます。 治療法は? 遠視を矯正する眼鏡を作成し視力の良い方の眼を隠し(アイパッチを貼る)弱視眼だけで細かい物を見るようにします。[asano-eye.com] 弱視とは 6歳ぐらいまでの視力発達の大切な時期に、斜視や強い遠視で視覚が遮られることなどで視力正常に育たない状態を弱視と言います。 主な弱視の検査 視力検査 屈折検査 眼位検査 眼底検査 目の奥に病気がないかを調べます 弱視の治療と訓練 検査を行い弱視疑われる場合は、きちんと合った眼鏡作成し装用することです。[nankatsu-kanamachi.com] しかし、視力の発達段階にある乳幼児期に、何らかの原因でものがはっきり見えない状態が続いた場合には、視力正常な発達が損なわれます。 弱視は斜視、強い遠視、近視、強い乱視、左右の屈折度の差が大きい場合(不同視)等が原因となります。中でも斜視は弱視の大きな原因です。[miyata-med.ne.jp]

  • 中心窩発育不全 - 初老性白内障症候群

    縦や横の線が波打って見えるといった、歪みの症状があるときは、視力がもっとよくても手術を勧めています。 術後の視力 術前の視力が0.6前後なら手術から2 3カ月で視力正常レベルになります。術前から歪みがある場合は、視力は向上しますが、歪みはなかなかすっきりとは治りません。これが歪みがあるときには早期に手術を勧める理由です。[dm-net.co.jp] 手術後4カ月(視力1.5) 左の写真)円孔が消えています。 右の写真)円孔は閉鎖して正常の中心窩になっています。 手術の方法 まず後部の硝子体を切除します。前に書きましたが、硝子体はそれほど重要な役目がある組織ではないので、切除しても視覚に直接的な影響はありません。[skk-net.com]

  • 黄斑変性症

    いずれも新生血管の拡大を抑え視力を維持、改善することを目的としますが視力正常化 させることは困難です。治療法は以下の通りです。 レーザー光凝固 活動性の高い新生血管が黄斑の中心から離れた場所にある場合は、レーザー光線で焼き 潰します。これをレーザー光凝固と言います。 新生血管が消失すれば、出血や血液中の水分の染み出しも解消します。[morita-iin.com] 新生血管の場所や範囲によっては、治療後に視力を維持できる可能性がありますので、早期発見と早期治療が重要になります。 しかし、視力正常化することはあまりありません。[eye-tamura.com] 治療の目的は脈絡膜新生血管の拡大を抑え退縮させ、視力を維持あるいは改善することです。視力が良くなることもありますが、視力正常になることはほとんどありません。 光線力学的療法は光感受性物質を点滴し、その後に非常に弱い出力の専用のレーザーを病変に照射する治療法です。[nishikani-ganka.com]

  • 松果体嚢胞

    視力と視野は正常化し,3年後の現在まで再発はない。結論:本症例は視力と視野障害を初発徴候とする松果体嚢胞で,早期診断と早期...[researchmap.jp] 一方、非機能性腺腫は、大きくなって視神経を圧迫して視力・視野に異常を生じたり、正常の下垂体が圧迫され下垂体の働きが悪くなって体に変調を生じてから受診されることがほとんどです。このタイプの腫瘍には薬物療法は無効ですので、手術治療が第一選択となります。[ypch.gr.jp]

  • 偽落屑症候群

    偽落屑症候群だけでは何の自覚症状もなく視力も視野も正常ですので、他の疾患でたまたま眼科を受診した時や、人間ドックの眼科検診で発見されます。偽落屑症候群と言われても、治療の必要はないと言われることが多いですが、 滋賀県湖北地方には本症以外にも、結膜結石、尿路結石、胆石など、いわゆる「石ができやすい人」が多いことが知られています 。[ogurikinshi.com] 偽落屑症候群だけでは何の自覚症状もなく視力も視野も正常ですので、他の疾患でたまたま眼科を受診した時や、人間ドックの眼科検診で発見されます。偽落屑症候群と言われても、治療の必要はありませんが、 眼科医の指示通りに定期検査を必ず受けて 下さい。 高眼圧症や緑内障の合併を早期に発見することが何より大切 です。[avis.ne.jp] 視神経部分低形成 視力正常で部分的な視野欠損を示すが視野欠損を自覚することは少ない。視神経部分低形成 ( 英 : segmental optic disc hypoplasia )はコンタクトレンズの検診で発見されることが多く、若年者の視野欠損の鑑別診断のひとつとして重要である。[ja.wikipedia.org]

  • 内分泌機能不全

    術前 術後 この方は術前の視野検査で両耳側半盲(両眼の外側が見えないこと)と視力低下がありましたが、腫瘍を鼻から全摘出術後、視野・視力ともに完全に回復しました。 下垂体ホルモンの分泌低下 正常な下垂体が腫瘍によって押しつぶされ、下垂体の機能が障害されることによって起きる症状です。[twmu.ac.jp] 術後頭痛は消失し、成長ホルモンも正常化(20.82)しました。 【頭蓋咽頭腫】 下垂体がぶら下がる茎の部分から発生する腫瘍で、視力視野障害やホルモン機能の異常で発症します。基本的には良性腫瘍であるため、腫瘍を残さずに全て摘出することができれば完治することも可能です。[twmu.ac.jp]

  • 緑内障

    眼圧検査・視力検査 正常な眼圧は10 21mmHgです。緑内障の場合は眼圧や視野検査などのデータを取っていき、必要に応じ治療法を変更していきます。当グループでは電子カルテとで連動するファイリングシステムでデータ管理をおこなっており、下図のように一目で眼圧や最大矯正視力の推移を把握することができます。[ocular.net] 視神経部分低形成 視力正常で部分的な視野欠損を示すが視野欠損を自覚することは少ない。視神経部分低形成 (英: segmental optic disc hypoplasia )はコンタクトレンズの検診で発見されることが多く、若年者の視野欠損の鑑別診断のひとつとして重要である。[ja.wikipedia.org] 原発性緑内障には、症状が徐々に進行する慢性型と、激しい痛みとともに視力が低下する急性型、眼圧が正常範囲の数値にもかかわらず緑内障を発症する正常眼圧型に分類されます。 原発性緑内障の分類 慢性型 急性型 正常眼圧型 緑内障と加齢 緑内障の有病率は、年齢とともに増加します。[tyojyu.or.jp]

  • 眼球損傷

    裸眼視力左1.5,右1.0。対光反射は両側正常。眼球運動異常なし。瞳孔径は左右差なく両側4mm。しかし,右眼の右上部が見にくい。 うーん。あとは何をすればいいのだろう。やっぱり……。 Question Q1 眼科領域におけるバイタルサインは何か? A 視力。 救急外来には,視力検査表が常備されていることが望ましい。[igaku-shoin.co.jp] 細胞数の正常値は3000/m ( ※写真2.正常な内皮細胞 )ですが、1000/m 以下( ※写真3.減少した内皮細胞 )に細胞が減少すると、角膜が濁り、視力低下の原因になります。 また、将来白内障の手術が困難になってしまう場合もあるのです。 角膜内皮細胞の減少を防ぐためには、やはり、コンタクトレンズの長時間の装用を避けることが必要です。[sinkokai.or.jp] (6)手術後どのような症状に気を付けなければならないのか 最も重要な症状は、急激な視力低下です。術後しばらくは、見え方が日によって違ったり、一日のうちでも光の加減などによって変わることは、正常でもよくあります。[tdc-eye.com]

  • 眼内異物

    早期の手術によって眼圧が正常化すれば視力予後は良好ですが、治療が遅れると重大な視力障害を残してしまいます。 他の先天異常を伴う先天緑内障 前眼部(角膜、隅角、虹彩、水晶体など)の発達異常に緑内障を伴う場合があります。 詳細は省略しますが、主なもののみ記しておきます。 【先天無虹彩症】 虹彩が先天的に欠損しているものをいいます。[kato-eye-clinic.com] 図1左眼初診時の前眼部写真核白内障を認める.現病歴:フライス加工に従事していたが,異物飛入などの自覚はなかった.2009年8月左眼の霧視のため前医を受診した.左眼に虹彩毛様体炎を認め,眼圧は40mmHgであった.眼圧がコントロールできないため,同年9月,左眼線維柱帯切開術が施行され,眼圧は正常化した.2010年5月突然の左眼視力低下のため近医受診[atagan.jp] その結果視神経が圧迫されて、次第に視神経の機能が低下して視力や視野といった機能を失います。眼圧が高くないにもかかわらず、視神経がこのように萎縮をきたす正常眼圧緑内障もかなりの頻度でみられることも解ってきました。その場合、眼圧値そのものより、視神経周囲の血液循環障害によることが原因とされ、注目を集めている病気のひとつです。[kohseichuo.jp]

  • 子癇前症

    この視力喪失は、検査が正常であれば、4時間から8日間の期間にわたって回復することが多いが、産後の両側の結膜浮腫および視野欠損は、産後数ヶ月間持続すると報告されている。 3 MRIスキャンでは、T2強調画像上の高強度病変で表される外側膝状核の両側浮腫を含む、後頭葉の局所浮腫が見られることがある。[kiyosawa.or.jp]

さらなる症状

類似した症状