Create issue ticket

考えれる25県の原因 褥瘡

  • レンサ球菌感染

    溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう、英: Streptococcal infection)は、広義にはグラム陽性球菌のうちレンサ球菌属(英: 羅: Streptococcus, 複数形は-cocci)によって惹き起こされる感染症すべてを指す。レンサ球菌属のうち特に感染症を起こす頻度が高く、一般によく知られているのは化膿レンサ球菌(英: 羅: Streptococcus pyogenes)であるため、通常単に「溶連菌」といえば化膿レンサ球菌の事を指し、「溶連菌感染症」といえば化膿レンサ球菌による感染症のことを指す。 化膿レンサ球菌には他に「A群レンサ球菌」(英: 羅: Group A[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

  • 睡眠時無呼吸症候群

    睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん、Sleep apnea syndrome; SAS)とは、睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる疾患である。 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)、中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)、これら2つの混合性睡眠時無呼吸症候群、この3つに分類される。OSAが最も一般的である 。OSAのリスクファクターには、肥満、家族の病歴、アレルギー、咽頭扁桃肥大(アデノイド)などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 褥瘡

    What's New 2019.06.13 在宅管理者養成セミナー(6時間セミナー)を更新しました。(岩手県) 2019.06.03 受入病院一覧を更新しました。(福井県) 2019.05.29 在宅セミナーを更新しました。(岡山県) 過去の更新履歴はこちらをご覧ください。 Topics 在宅eラーニングを公開しました。[jspu.org] 最近ではなどの創傷治癒に特化した皮膚・排泄ケア認定看護師がいる。また日本学会では独自に認定師の制度を2007年から発足させている。[ja.wikipedia.org] これらのの創面に表れた「悪化のサイン」「軽快のサイン」を明示しながら、行うべきケア・治療のポイントをまとめている。 日本下肢救済・足病学会 廣仁会 ・創傷治癒研究所 日本学会 日本学会北海道地方会 Copyright (C) 2015 Takehiko Ohura Home Page.[jokuso-dr-ohura.ne.jp]

  • 胸膜炎

    胸膜炎(きょうまくえん)とは、肺の外部を覆う胸膜(壁側胸膜 肋膜・肺胸膜)に炎症が起こる疾患である。かつては肋膜炎(ろくまくえん)とも呼ばれていた。胸膜炎はそれ自体で発症することは少なく、ほとんどは癌・結核・肺炎などの後に発症することが多い。 胸の痛み(胸水が溜まることによる) 呼吸困難(胸水が溜まることによる) 発熱 咳・痰 など 癌による胸膜炎(がん性胸膜炎) 肺癌をはじめとするほかの部位にできたがんの転移などによるもの 結核菌による胸膜炎 肺結核をはじめとして結核菌によるもの その他の疾患による胸膜炎 肺炎や肺の化膿など肺に細菌が感染したことに伴うもの 慢性関節リウマチなどに伴うもの[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    多発性硬化症(たはつせいこうかしょう、英: multiple sclerosis; MS)とは中枢性脱髄疾患の一つで、神経のミエリン鞘が破壊され脳、脊髄、視神経などに病変が起こり、多様な神経症状が再発と寛解を繰り返す疾患で、日本では特定疾患に認定されている指定難病である。 病名は、神経を包む組織(ミエリン鞘)が破壊されて生じる硬化が多数の領域で発生することに由来している。[…][ja.wikipedia.org]

  • 僧帽弁狭窄症

    僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう,mitral stenosis,MS)は、心疾患の一種であり、僧帽弁口の狭窄によって左心房から左心室へ血液が流れにくくなる疾患である。 心臓の左心房と左心室の間には、僧帽弁 (mitral valve) と呼ばれる、二枚の尖弁(前尖、後尖)が存在する。 この弁は、左心房の収縮時には開いて、左心房からの血液を左心室へ流入させる一方、左心室収縮時には閉じて、左心室から左心房への逆流を防いでいる。 通常僧帽弁口の面積は4 - 6cm2であるが、僧帽弁尖の癒着などにより僧帽弁口の面積が1.5cm2以下になると、様々な症状を呈するようになる。[…][ja.wikipedia.org]

  • ミュンヒハウゼン症候群

    また、ミュンヒハウゼン症候群の患者には手術の繰り返しによって作られた独特な手術痕が見られたり、繰り返し同じ場所に対して自傷行為を行ったために残ったなどが確認されることがある。 患者は、自らの診断と病院の診断が異なった場合、病院をすぐに変えるドクターショッピングを日常的に繰り返し、検査や手術などを繰り返す。[ja.wikipedia.org]

  • 亜鉛欠乏症

    また、、嚢胞性ざ等の皮膚疾患の症状悪化に亜鉛欠乏が関与している。岡田らは、患者の血清亜鉛濃度は67.0 16.1μg/dLで、のない寝たきり患者の77.9 13.1μg/dL、健康老人の86.6 13.9μg/dLに比べて有意に低値であることを報告した。患者では重症度が増すほど血清亜鉛は低下する。[ja.wikipedia.org] 典型的な症状は、味覚障害、貧血、皮膚炎、口内炎、脱毛症、難治性の(じょくそう、床ずれ)、食欲低下、発育障害(小児で体重増加不良、低身長)、性腺機能不全、不妊症、易感染性のうち1つ以上の症状を示し、血清亜鉛値が60μg/dL未満で亜鉛欠乏症と診断される。[ja.wikipedia.org] Tasakiらは、様々な皮膚疾患を呈する患者151例で血清亜鉛値を測定し、水泡性類天疱瘡(8例;70.6 18.2μg/dL)、(31例;68.3 23.8μg/dL)、円形脱毛症(33例;81.0 16.9μg/dL)症例が健常人対照群(48例;90.8 15.5μg/dL)に比較して有意に減少していたと報告している。[ja.wikipedia.org]

  • 骨髄炎

    そのほか、局所の血行障害(糖尿病、)によって生じる皮膚の潰瘍では、バリアーである皮膚が破壊されて骨への感染が起こる場合もある。 血液検査とX線検査が基本となる。 血液検査では、白血球数の増加、赤血球沈降速度の亢進、C反応性蛋白(CRP)の陽性など、炎症性の変化を指標にすることが多い。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状