Create issue ticket

考えれる756県の原因 褐色細胞腫

  • パニック発作

    医学的疾患の原因には 甲状腺機能亢進症 や 褐色細胞腫 などがある。 車の事故など、実際の危険にさらされた場合にはパニック症状は生じうるし、銃をつきつけられるなどして起こるパニック発作は精神障害ではない。それらの体験を思い出すことによってパニック症状が起きている場合には、 急性ストレス障害 や 心的外傷後ストレス障害 の可能性がある。[ja.wikipedia.org]

  • 低血糖症

    二次性低血糖症も多彩であり、下垂体機能不全、成長ホルモン分泌不全症、ACTH単独欠損症、副腎不全、敗血症、腎不全、肝不全、うっ血性心不全、乳酸アシドーシス、飢餓状態、ショック、非β細胞腫瘍(IGF-1またはIGF-2産出腫瘍)、褐色細胞腫の切除後などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 本態性高血圧症

    頻度などの点から腎実質性高血圧(血清Cr)、腎血管性高血圧、甲状腺疾患、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、クッシング症候群、薬剤誘発性高血圧、睡眠時無呼吸症候群などの疾患に特に留意する。 久山町のフィールドスタディでは、131例の高血圧者の剖検の結果、二次性高血圧の頻度は3.8%であった。[clinicalsup.jp] はっきりした原因がある高血圧症は、二次性高血圧症と呼ばれ、腎実質性高血圧、腎血管性高血圧、内分泌性高血圧(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫など)、睡眠時無呼吸症候群、遺伝性高血圧、薬剤誘発性高血圧といったものが挙げられます。[medicalnote.jp] 発作を誘発する可能性のあるもの 褐色細胞腫を疑う検査異常は? 血圧値の変動が激しい場合疑われます。但し、血圧変動の原因は心理的な要因を含めて数多くありますので血圧変動が激しい 褐色細胞腫ではありません。[med.osaka-u.ac.jp]

  • 不安障害

    内分泌疾患(甲状腺機能亢進症、褐色細胞腫、低血糖症、副腎皮質機能亢進症など) 心血管系疾患(うっ血性心不全、肺塞栓症、心房細動などの不整脈) 呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患、ぜんそく、肺炎など) 代謝性疾患(ビタミンB12欠乏症、ポルフィリン症など) 神経疾患(新生物、前庭機能不全、脳炎、てんかんなど) 上記にあるような疾患を持ち、なおかつ他[heartclinic-machida.com] 内分泌疾患: 甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、褐色細胞腫、低血糖症、副腎皮質機能亢進症 心血管疾患: 鬱血性心不全、肺塞栓症、不整脈 呼吸器疾患: 慢性閉塞性肺疾患 (COPD) 、喘息、過呼吸 代謝障害: ビタミンB12欠乏、ポルフィリン症 神経疾患: 新生物、前庭機能障害、脳炎、けいれん性疾患 特定不能の不安障害不安を伴うもの混合性不安抑[ja.wikipedia.org]

  • 内分泌機能不全

    褐色細胞腫 副腎髄質にできた腫瘍からカテコルアミンが過剰に産生され、このホルモンが高血圧、 高血糖、頭痛、発汗過多などの症状を来たします。褐色細胞腫は副腎外のもの、家族性の もの、さらに悪性のものがみられ、それぞれの頻度は約10%くらいです。 診断 診断は 内分泌学的検査でカテコルアミンが高いこと、CTやMRIなどで腫瘍を検出します。[med.nihon-u.ac.jp] 原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫では高血圧を伴います。高血圧と診断された場合、一度はこのような内分泌の病気を否定しておく必要があります。レニン、アルドステロン、カテコールアミンなどのホルモンを測定すれば診断できます。[tch.pref.toyama.jp] 副腎疾患 急性副腎不全 慢性副腎皮質機能低下症(アジソン病) 機能性副腎皮質腫瘍(原発性アルドステロン症・クッシング症候群・副腎皮質男性化腫瘍・女性化腫瘍など) 非機能性副腎皮質腫瘍 副腎酵素欠損症 褐色細胞腫 2.[hosp.tohoku.ac.jp]

  • 家族性褐色細胞腫

    ( 2014年1月 ) 褐色細胞腫のデータ ICD -10 C74.1 副腎髄質の悪性褐色細胞腫 D35.0 副腎の良性褐色細胞腫 D44.7 異所性褐色細胞腫 統計 世界の患者数 日本の患者数 学会 日本 世界 この記事は ウィキプロジェクト の 雛形 を用いています 褐色細胞腫 (かっしょくさいぼうしゅ、Pheochromocytoma[ja.wikipedia.org] 概要 褐色細胞腫とは? 褐色細胞腫(かっしょくさいぼうしゅ)は、副腎内にできる腫瘍の一つです。ほとんどは良性ですが、残りの約10%には悪性のものがあり、副腎外で増殖します。褐色細胞腫は小さなものであってもカテコールアミンを過剰に分泌し、高血圧や頭痛、動悸など様々な症状をおこします。 良性のものは手術で摘出することで治療することが可能です。[fdoc.jp] 褐色細胞腫とカテコールアミン 褐色細胞腫が悪性化する確率は全体のうち10%未満に過ぎないのですが、良性の腫瘍の場合でもさまざまな症状を引きおこします。それは、褐色細胞腫がカテコールアミンを産生するからです。[medicalnote.jp]

  • 原発性甲状腺機能亢進症

    ACTH産生腫瘍、先端巨大症・巨人症(成長ホルモン過剰症)、 プロラクチノーマ、TSH産生下垂体腫瘍、下垂体機能低下症、シーハン症候群、ACTH単独欠損症、 中枢性性腺機能低下症、尿崩症、ADH不適切分泌症候群/その他の低Na血症、非機能性下垂体腫瘍 副腎疾患: 原発性アルドステロン症、クッシング症候群、原発性副腎皮質機能低下症(アジソン病)、褐色細胞腫[showa-u.ac.jp] 副腎腫瘍である原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、クシング症候群を呈する腫瘍摘出は腹腔鏡による内視鏡手術を実施いたします。 診療方針と治療内容 甲状腺機能と不妊との関係 甲状腺機能低下と不妊との関係が明らかになっています。不妊治療では甲状腺ホルモンの測定が必須になっています。[kamifukuoka.or.jp] の甲状腺機能低下症、先天性甲状腺機能低下症(甲状腺ホルモン不応症を含む)など 甲状腺腫瘍 カルシウム・骨の病気 高カルシウム血症 原発性副甲状腺機能亢進症、悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症など 低カルシウム血症 副甲状腺機能低下症(偽性副甲状腺機能低下症を含む)など 骨粗鬆症 副腎の病気 副腎腫瘍 クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫[takatsuki.jrc.or.jp]

  • 副腎皮質腺腫

    褐色細胞腫クリーゼの診断 褐色細胞腫 クリーゼ の診断は、 褐色細胞腫 の存在が既に判っており、腫瘍内出血がある場合、腹部超音波(エコー)、腹部単純CTで 褐色細胞腫 腫瘍内に液面形成を確認 褐色細胞腫 の存在が不明で、いきなり 褐色細胞腫 クリーゼ おこしている場合、迅速に 褐色細胞腫 を探します。[nagasaki-clinic.com] MEN 2A型あるいはMEN 2B型の約50%に副腎褐色細胞腫を発生します。 褐色細胞腫は両方の副腎にできることがあります。一度に両方の副腎に見つかることもあれば、時間を経て片方ずつみつかることもあります。 褐色細胞腫は、腹部の大動脈周辺など副腎以外の場所にできることもあります。[noguchi-med.or.jp] 褐色細胞腫 [ 編集 ] 褐色細胞腫は、成熟した副腎髄質における クロム親和性細胞 に類似した細胞から構成される腫瘍(新生物)である [6] 。褐色細胞腫は全年齢に発生し、孤発性に発症する場合もあれば、遺伝性 がん症候群 ( 英語版 ) の様相を示す場合もある [6] 。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺髄様癌

    MEN 2A型あるいはMEN 2B型の約50%に副腎褐色細胞腫を発生します。 褐色細胞腫は両方の副腎にできることがあります。一度に両方の副腎に見つかることもあれば、時間を経て片方ずつみつかることもあります。 褐色細胞腫は、腹部の大動脈周辺など副腎以外の場所にできることもあります。[noguchi-med.or.jp] 褐色細胞腫がある場合には、こちらの手術を先に行わないと危険です。 RET遺伝子診断などで極めて早期に診断された場合、甲状腺は 全て摘出しますが、リンパ節郭清は気管周囲のみの小範囲でよいとされています。[kuma-h.or.jp] 23歳時に右褐色細胞腫に対して右副腎全摘術,26歳時にMTCに対して甲状腺全摘術,両側D3b郭清,副甲状腺全摘術,左前腕自家移植術,31歳時に左褐色細胞腫に対して左副腎全摘術を施行した。33歳時に出産した。⑵母;72歳女性(2013年現在)。[jstage.jst.go.jp]

  • インスリン抵抗性

    二次的にインスリン抵抗性を起こす病態 [ 編集 ] 肥満 B型インスリン受容体異常症 妖精症 脂肪萎縮症候群 先端巨大症 クッシング症候群 原発性アルドステロン症 褐色細胞腫 肝硬変 その他…ストレス、感染、 妊娠 、内服 ステロイド 脚注 [ 編集 ] Taniguchi A et al.[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状