Create issue ticket

考えれる13県の原因 複数の卵巣嚢腫

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん、英: Polycystic ovary syndrome:PCOS)とは、女性の排卵が阻害されて卵巣内に多数の卵胞がたまり、月経異常や不妊を生じた病態。 卵巣の表面が肥厚し排卵が行われず、滞留した卵胞によって卵巣が多嚢胞化している。エコー画像で見ると、卵巣の表面に沿って粒がぐるりと数珠つなぎになっている様子から、「ネックレス・サイン」と呼ばれる。 明確な原因は解明されていない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 卵巣嚢胞

    3.漿液性嚢腫(しょうえきせいのうしゅ) 腫瘍の中に黄褐色の液体が入っているもので、卵巣の中でももっとも多いタイプ。嚢腫の袋が一つの場合と、複数の袋からなる嚢腫とに分かれ、複数の場合、後に悪性に変化することもあります。 4.偽ムチン嚢腫(ぎムチンのうしゅ) 漿液性嚢腫の次に多いタイプ。腫瘍の中に粘液状の液体が詰まっているものです。[kao.co.jp] 卵巣がん 卵巣内から発生し、卵巣が腫れて増大する 悪性の腫瘍として突然発生する場合と、すでに存在する良性の卵巣から悪性の組織が発生する場合がある 発症には複数の要因が関与する 40歳代から増加し、50 60歳代が発症のピーク 痛みや不正出血等はなく無症状で進行し、腹満感や腹部膨隆を自覚したときは進行がんになっていることが多い 等の特徴があります[marunouchi-c.org]

  • 卵管炎

    3.漿液性嚢腫(しょうえきせいのうしゅ) 腫瘍の中に黄褐色の液体が入っているもので、卵巣の中でももっとも多いタイプ。嚢腫の袋が一つの場合と、複数の袋からなる嚢腫とに分かれ、複数の場合、後に悪性に変化することもあります。 4.偽ムチン嚢腫(ぎムチンのうしゅ) 漿液性嚢腫の次に多いタイプ。腫瘍の中に粘液状の液体が詰まっているものです。[kao.co.jp]

  • 複数の卵巣嚢腫

    【症例】 43歳,女性,2経産.約3ヶ月前から下腹部瘤感および頻尿を認め,近医婦人科を受診し,90mmの卵巣複数の小さな子宮筋腫を指摘され,精査加療目的で当科受診となった.当科初診時,経腟超音波検査上,右附属器部に3mmの隔壁を有する90mmの嚢胞性瘤(多房性右卵巣疑)と子宮体部に40mm以下複数の漿膜下,筋層内子宮筋腫を認めた[jsum.or.jp] 3.漿液性嚢腫(しょうえきせいのうしゅ) 腫瘍の中に黄褐色の液体が入っているもので、卵巣の中でももっとも多いタイプ。嚢腫の袋が一つの場合と、複数の袋からなる嚢腫とに分かれ、複数の場合、後に悪性に変化することもあります。 4.偽ムチン嚢腫(ぎムチンのうしゅ) 漿液性嚢腫の次に多いタイプ。腫瘍の中に粘液状の液体が詰まっているものです。[kao.co.jp] 卵巣がん 卵巣内から発生し、卵巣が腫れて増大する 悪性の腫瘍として突然発生する場合と、すでに存在する良性の卵巣から悪性の組織が発生する場合がある 発症には複数の要因が関与する 40歳代から増加し、50 60歳代が発症のピーク 痛みや不正出血等はなく無症状で進行し、腹満感や腹部膨隆を自覚したときは進行がんになっていることが多い 等の特徴があります[marunouchi-c.org]

  • 卵巣の脂質細胞腫瘍

    3.漿液性嚢腫(しょうえきせいのうしゅ) 腫瘍の中に黄褐色の液体が入っているもので、卵巣の中でももっとも多いタイプ。嚢腫の袋が一つの場合と、複数の袋からなる嚢腫とに分かれ、複数の場合、後に悪性に変化することもあります。 4.偽ムチン嚢腫(ぎムチンのうしゅ) 漿液性嚢腫の次に多いタイプ。腫瘍の中に粘液状の液体が詰まっているものです。[kao.co.jp]

  • 卵巣の悪性中腎腫

    3.漿液性嚢腫(しょうえきせいのうしゅ) 腫瘍の中に黄褐色の液体が入っているもので、卵巣の中でももっとも多いタイプ。嚢腫の袋が一つの場合と、複数の袋からなる嚢腫とに分かれ、複数の場合、後に悪性に変化することもあります。 4.偽ムチン嚢腫(ぎムチンのうしゅ) 漿液性嚢腫の次に多いタイプ。腫瘍の中に粘液状の液体が詰まっているものです。[kao.co.jp]

  • 卵巣嚢胞破裂

    3.漿液性嚢腫(しょうえきせいのうしゅ) 腫瘍の中に黄褐色の液体が入っているもので、卵巣の中でももっとも多いタイプ。嚢腫の袋が一つの場合と、複数の袋からなる嚢腫とに分かれ、複数の場合、後に悪性に変化することもあります。 4.偽ムチン嚢腫(ぎムチンのうしゅ) 漿液性嚢腫の次に多いタイプ。腫瘍の中に粘液状の液体が詰まっているものです。[kao.co.jp]

  • 悪性卵巣腫瘍

    卵巣がん 卵巣内から発生し、卵巣が腫れて増大する 悪性の腫瘍として突然発生する場合と、すでに存在する良性の卵巣から悪性の組織が発生する場合がある 発症には複数の要因が関与する 40歳代から増加し、50 60歳代が発症のピーク 痛みや不正出血等はなく無症状で進行し、腹満感や腹部膨隆を自覚したときは進行がんになっていることが多い 等の特徴があります[marunouchi-c.org]

  • 卵巣嚢胞性奇形腫

    3.漿液性嚢腫(しょうえきせいのうしゅ) 腫瘍の中に黄褐色の液体が入っているもので、卵巣の中でももっとも多いタイプ。嚢腫の袋が一つの場合と、複数の袋からなる嚢腫とに分かれ、複数の場合、後に悪性に変化することもあります。 4.偽ムチン嚢腫(ぎムチンのうしゅ) 漿液性嚢腫の次に多いタイプ。腫瘍の中に粘液状の液体が詰まっているものです。[kao.co.jp]

  • 卵管・卵巣膿瘍

    3.漿液性嚢腫(しょうえきせいのうしゅ) 腫瘍の中に黄褐色の液体が入っているもので、卵巣の中でももっとも多いタイプ。嚢腫の袋が一つの場合と、複数の袋からなる嚢腫とに分かれ、複数の場合、後に悪性に変化することもあります。 4.偽ムチン嚢腫(ぎムチンのうしゅ) 漿液性嚢腫の次に多いタイプ。腫瘍の中に粘液状の液体が詰まっているものです。[kao.co.jp] 卵巣がん 卵巣内から発生し、卵巣が腫れて増大する 悪性の腫瘍として突然発生する場合と、すでに存在する良性の卵巣から悪性の組織が発生する場合がある 発症には複数の要因が関与する 40歳代から増加し、50 60歳代が発症のピーク 痛みや不正出血等はなく無症状で進行し、腹満感や腹部膨隆を自覚したときは進行がんになっていることが多い 等の特徴があります[marunouchi-c.org]

さらなる症状