Create issue ticket

考えれる42県の原因 補体成分沈着

  • 顕微鏡的多発血管炎

    小動脈、小静脈などの主に小血管の血管壁に免疫グロブリンや成分沈着を伴う血管炎。抗GBM抗体関連疾患(Anti-GBM Disease, 旧称 Goodpasture症候群)、クリオグロブリン血管炎(CV), IgA血管炎(IgAV)(旧称 Henoch-Schonlein紫斑病), 低補体蕁麻疹様血管炎(抗C1q血管炎)がある。[ja.wikipedia.org]

  • 血管炎

    小動脈、小静脈などの主に小血管の血管壁に免疫グロブリンや成分沈着を伴う血管炎。抗GBM抗体関連疾患(Anti-GBM Disease, 旧称 Goodpasture症候群)、クリオグロブリン血管炎(CV), IgA血管炎(IgAV)(旧称 Henoch-Schonlein紫斑病), 低補体蕁麻疹様血管炎(抗C1q血管炎)がある。[ja.wikipedia.org] 免疫複合性小血管炎(Immune Complex Small Vessel Vasculitis) 主に小血管の血管壁に免疫グロブリンや成分沈着を、中等度から高度に伴う血管炎。糸球体腎炎をしばしば伴う。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] ・顕微鏡的多発血管炎 ・多発血管炎性肉芽腫症 (旧名 Wegener肉芽腫症) ・好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 (旧名 Churg-Strauss症候群) 免疫複合性血管炎 主に小血管(小動脈、細動脈、毛細血管及び細静脈)の血管壁に免疫グロブリンや成分が中等度から高度に沈着する血管炎。糸球体腎炎が高頻度に見られる。[immuno2.med.kobe-u.ac.jp]

  • 糸球体腎炎

    血管の壁に沿って成分( C3 )の沈着を認めます(図 2 、免疫染色)。 電子顕微鏡では糸球体の血管の壁に瘤状の沈着物( hump )を認めます(図 3 )。 感染後に発症するので、急性発症した場合のIgA腎症との鑑別診断に迷うことがあります。[twmu.ac.jp]

  • 乏尿性急性腎不全

    血管の壁に沿って成分( C3 )の沈着を認めます(図 2 、免疫染色)。 電子顕微鏡では糸球体の血管の壁に瘤状の沈着物( hump )を認めます(図 3 )。 感染後に発症するので、急性発症した場合のIgA腎症との鑑別診断に迷うことがあります。[twmu.ac.jp]

  • 細小血管症

    免疫複合性小血管炎(Immune Complex Small Vessel Vasculitis) 主に小血管の血管壁に免疫グロブリンや成分沈着を、中等度から高度に伴う血管炎。糸球体腎炎をしばしば伴う。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 免疫複合性小血管炎 [ 編集 ] 小動脈、小静脈などの主に小血管の血管壁に 免疫グロブリン や成分沈着を伴う血管炎。[ja.wikipedia.org]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    最近、補体制御因子であるH因子やI因子の遺伝的欠損、その他因子の異常により、補経路特に第2経路の調節異常により類似の病理学的変化を生じることが判明した。また、C3沈着様式から成分に対する後天的な自己抗体を含めた要因、遺伝的要因による補体経路の異常によって惹起された腎組織障害として「C3腎症」という新たな概念もある。[nanbyou.or.jp]

  • 皮膚白血球破砕性血管炎

    免疫複合性小血管炎(Immune Complex Small Vessel Vasculitis) 主に小血管の血管壁に免疫グロブリンや成分沈着を、中等度から高度に伴う血管炎。糸球体腎炎をしばしば伴う。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] ・顕微鏡的多発血管炎 ・多発血管炎性肉芽腫症 (旧名 Wegener肉芽腫症) ・好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 (旧名 Churg-Strauss症候群) 免疫複合性血管炎 主に小血管(小動脈、細動脈、毛細血管及び細静脈)の血管壁に免疫グロブリンや成分が中等度から高度に沈着する血管炎。糸球体腎炎が高頻度に見られる。[immuno2.med.kobe-u.ac.jp]

  • 腎性血尿

    最近、補体制御因子であるH因子やI因子の遺伝的欠損、その他因子の異常により、補経路特に第2経路の調節異常により類似の病理学的変化を生じることが判明した。また、C3沈着様式から成分に対する後天的な自己抗体を含めた要因、遺伝的要因による補体経路の異常によって惹起された腎組織障害として「C3腎症」という新たな概念もある。[nanbyou.or.jp]

  • 粘膜類天疱瘡

    概要 類天疱瘡群は,全身性の緊満性水疱を特徴とする疾患で,組織学的に表皮下水疱を認め,免疫学的には抗表皮基底膜抗体が検出されます.患者血清中に主にIgGクラスの自己抗体が認められ,表皮基底膜部にはIgGならびに成分C3の線状沈着が認められます.類天疱瘡群の代表的な疾患である水疱性類天疱瘡 (Bullous pemphigoid:BP)[ivd.mbl.co.jp] 水疱性類天疱瘡の亜型として,妊娠中や産褥期の女性で発症する妊娠性疱疹 (Herpes gestationis: HG) があります (12) .水疱性類天疱瘡同様,水疱内および真皮への好酸球浸潤が認められ,また表皮基底膜部においてIgG自己抗体や成分C3の線状沈着も検出されます.以前は妊娠性疱疹(HG)因子と呼ばれていましたが,現在ではこれが[ivd.mbl.co.jp] 一部に瘢痕が形成されるという病態から瘢痕性類天疱瘡 (Cicatricial pemphigid) と呼ばれていましたが,必ずしもすべての症例で瘢痕を伴うわけではないことから現在は粘膜類天疱瘡という名称が一般的になっています.口腔粘膜や眼粘膜が侵される水疱性疾患で,水疱性類天疱瘡と同様に表皮基底膜部にIgG (時にIgAやIgM) あるいは成分[ivd.mbl.co.jp]

  • 慢性糸球体腎炎

    最近、補体制御因子であるH因子やI因子の遺伝的欠損、その他因子の異常により、補経路特に第2経路の調節異常により類似の病理学的変化を生じることが判明した。また、C3沈着様式から成分に対する後天的な自己抗体を含めた要因、遺伝的要因による補体経路の異常によって惹起された腎組織障害として「C3腎症」という新たな概念もある。[nanbyou.or.jp] 腎生検では、糸球体のメサンギウム領域の細胞増殖(図 1 )と糸球体メサンギウム領域の IgA と免疫成分の一種であるの C3 の沈着を認めます ( 図 2 、免疫染色 ) 。 感染後に発症するので、急性発症した場合のIgA腎症との鑑別診断に迷うことがあります。[twmu.ac.jp]

さらなる症状