Create issue ticket

考えれる20県の原因 表皮の正常角化

  • 日光角化症

    図4:日光角化症の近くの皮膚(顔面)の顕微鏡写真 表皮はやや褐色がつよく日焼けがあります。 真皮は青くなり(日光変性)コラーゲン線維が融けかけています。 図5:日光症の顕微鏡写真 正常表皮よりも厚く細胞核の大きな細胞が見えます。 日光症の下の真皮は青くなり(日光変性)コラーゲン線維が融けかけています。[tmghig.jp]

  • 黒色表皮腫

    【 ふぞ 】附属器の温存:日光症では毛包あるいは表皮内汗管が正常のまま温存され傘のように病変の表層を覆う。umbrella like spreading of adnexal keratinocytesという。 【 ふぞ 】附属器への浸潤:先天性色素性母斑では附属器周囲に母斑細胞が集積し、ときに上皮内胞巣を形成する。[jds.umin.jp]

  • 乾癬

    乾癬の原因 皮膚の最外層の表皮の代謝サイクルが短くなり、細胞が鱗屑となって剥がれ落ちます。これに炎症が加わり皮膚は赤く盛り上がってきます。正常表皮細胞は28日サイクルですが、乾癬の場合は4 5日と極めて短く新陳代謝が病的に亢進した状態になっています。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 皮膚癌

    図4:日光角化症の近くの皮膚(顔面)の顕微鏡写真 表皮はやや褐色がつよく日焼けがあります。 真皮は青くなり(日光変性)コラーゲン線維が融けかけています。 図5:日光症の顕微鏡写真 正常表皮よりも厚く細胞核の大きな細胞が見えます。 日光症の下の真皮は青くなり(日光変性)コラーゲン線維が融けかけています。[tmghig.jp] 表皮の増殖速度が正常時をはるかに上回り、周縁の皮膚組織に炎症を起こしながら表皮が過度に増殖し、の亢進によって白いカサブタ状の皮疹を多く生じる。病態形成にT細胞性の自己免疫系(特にTh17免疫応答)が関与するといわれている。マウスの皮膚に化学物質(イミキモド)を反復塗布すると、乾癬と類似した病態を誘導することができる。[amed.go.jp]

  • 皮膚の扁平上皮癌

    図4:日光角化症の近くの皮膚(顔面)の顕微鏡写真 表皮はやや褐色がつよく日焼けがあります。 真皮は青くなり(日光変性)コラーゲン線維が融けかけています。 図5:日光症の顕微鏡写真 正常表皮よりも厚く細胞核の大きな細胞が見えます。 日光症の下の真皮は青くなり(日光変性)コラーゲン線維が融けかけています。[tmghig.jp]

  • 希少皮膚扁平紅色苔癬

    膿疱性乾癬に対するエトレチナートの作用は、まだよく分かっていませんが、皮膚を構成している表皮細胞の角化・増殖を正常化する、炎症の原因となるサイトカインと言われる物質の合成を抑える、白血球の動きを抑えるなどの働きがあり、これらの働きが結果として皮膚の症状に効くと考えられます。 掌蹠膿疱症と膿疱性乾癬はどのように違うのでしょうか?[nanbyou.or.jp]

  • 若年性乾癬性関節炎

    カルシポトリオールは非臨床試験において、天然型の活性型ビタミンD3と同等の細胞の増殖抑制作用及び分化誘導作用を示し、表皮細胞の異常を正常化することが明らかにされています。また、全身のカルシウム代謝調節に及ぼす影響は少なく、「製品特性」に示すとおり有用性の高い薬剤です。[derma.med.osaka-u.ac.jp]

  • 偽性ハーラー・ポリジストロフィー

    【0052】 試験例4 正常ヒト表皮細胞及び正常ヒト真皮線維芽細胞を5 10 4 cells/wellで24穴プレートに播種し、37 、5%CO 2 環境下で細胞が付着するまで培養した。[ipforce.jp] 【0044】 試験例2 正常ヒト表皮細胞及び正常ヒト真皮線維芽細胞を用いて、 図2 、3及び表2、3に示す最終濃度及び組み合わせにおける、抽出物によるリソソームの活性促進効果を試験例1と同様の方法により測定した。結果を 図2 、3及び表2、3に示す。[ipforce.jp] 【0048】 試験例3 正常ヒト表皮細胞及び正常ヒト真皮線維芽細胞を5 10 4 cells/wellで24穴プレートに播種し、37 、5%CO 2 環境下で細胞が付着するまで培養した。細胞を播種したプレートのそれぞれのウェルに 図4 、5及び表4、5に示す最終濃度及び組み合わせで植物の抽出物を添加した。[ipforce.jp]

  • 足底疣贅

    HPVに感染した細胞は、この正常な分化に異常をきたします。すると表皮に過(表皮が肥厚してしまう事)、不全(表皮正常に形成されない事)が生じるようになります。 このようにしてミルメシアが生じてしまうのです。[medicos.jp] 増殖したHPVは表皮を構成する細胞という細胞に感染し、その機能に異常を生じさせます。すると細胞はウイルスのせいで正常に分化( 成長、発達)できなくなります。 その結果、表皮に疣贅(イボ)が生じてしまうのです。 HPVにも多くの種類があります。ミルメシアはその中でもヒトパピローマウイルス1型(HPV-1)が原因となります。[medicos.jp]

  • モルフェア

    乾癬表皮におけるDFS70の意義について更に研究を進めている。 研究プロジェクト(4) 表皮細胞の分化における小胞体ストレス応答の意義 概要;正常表皮では、ケラチノサイト(KC)は基底層で増殖し、有棘層から分化している。私たちは、この細胞の分化に伴って小胞体ストレス応答(UPR)が活性化すること。[med.nagoya-u.ac.jp]

さらなる症状