Create issue ticket

考えれる484県の原因 衝動性

  • パーソナリティ障害

    2018年01月23日 精神看護学(パーソナリティ障害、習慣および衝動の障害、同一障害) みなさんこんにちは。畿央大学の秋山明子です。[medica.co.jp] 生物学的気質要因 脳の機能の中には衝動を抑えたり、怒りや不安をコントロールしたり、ストレスに対する感情をコントロールしたりする部位があります。境界パーソナリティ障害がある人は、何らかの原因によってそれらの部位に特徴があるために、衝動、怒り、不安、ストレスなどを感じやすくなっているのだと考えられています。[h-navi.jp] 虚偽性 、 誇大性 、 注意喚起 、 冷淡 、 敵意 脱抑制 (vs 誠実) 直接的に欲求の充足を求めて、その場の考えや感情、状況からの刺激に反応して衝動的な行動に走る。 衝動、 転導性 、無謀さ、硬直した完璧主義(の欠如) 精神病性 (vs 明晰性) 文化にそぐわない奇妙な、普通でない行動や認知を示す。[bsd.neuroinf.jp]

  • 精神遅滞

    痛みや不快感を伴うさまざまな疾患、また、情緒や行動に変化をきたす可能のある内分泌疾患なども念頭におく必要がある(後述)。 ④著しい多動(多動・衝動・不注意) このために集団適応や学習を困難にさせている場合がある。あとさきのことを考えない衝動のある多動があることもあり、抑制が効きにくいため、日常生活の困難さばかりでなく危険でもある。[hattatsu.or.jp] ③注意欠陥多動障害(Attention Deficit/Hyperactivity Disorder:ADHD) 日常生活に著しく支障を来すほど多動、注意集中困難、注意転導(気が散る)、衝動が目立つ人のことをいう。基本的な病態としては、抑制機能の障害の他、4つの実行機能に問題があるといわれている。[hattatsu.or.jp] 著しい多動、不注意、衝動で二次的な問題が大きいと思われるときは薬物治療を考慮。中枢刺激剤であるメチルフェニデ-トが約8割で効果を示すが、活動的な良い面もなくす可能性があり使用は慎重をきさなければならない。[hattatsu.or.jp]

  • 境界性人格障害

    同一障 害 :著名で持続的な不安定な自己像や自己観。 4. 自己を傷つける可 能 のある衝動で、少なくとも2つの領域にわたるもの。 (例:浪費、性行為、物質濫用、 無 謀な運転、むちゃ食い) 5. 自殺 の行為、そぶり、脅し、または自傷行為のくり返し。 6. 顕著な気分反応性による感情不安定性。[dic.nicovideo.jp] ③:同一障害:著明で持続的な不安定な自己像または自己感。 ④:自己を傷つける可能のある衝動で、少なくとも二つの領域にわたるもの (例:浪費、性行為、物質乱用、無謀な運転、むちゃ食い)。 注:基準5で取り上げられる自殺行為または自傷行為は含めないこと。 ⑤:自殺の行動、そぶり、脅し、または自傷行為の繰返し。[park8.wakwak.com] スカイウォーカーは怒りのコントロールが困難で、(スカイウォーカーの人生における女性たちが死亡したり、去った後の)ストレスに起因する現実感の喪失、(危険なポッドレースに見られる)衝動、(こうした女性たちが原因となる)見捨てられることに対する強迫観念などを抱えていて、「極端な観念論と自己および他者への蔑視(ハロー、オビ ワン)の間を揺れ動くことを[wired.jp]

  • 器質性脳症候群

    (6)その他の障害(衝動の障害,不定愁訴など) その他の障害には,上記(1) (5)に分類できない症状,多動(落ち着きの無さ),衝動行動,徘徊,身体的な自覚症状や不定愁訴などがあげられます。[ko2jiko.com] 器質の意欲・行動面での症状として,しばしば,衝動の変化,自発性減退,動機付けの障害(アパチー)などが見られる.人格変化は,おもに持続的な行動と意欲の変化による.原因疾患(例えば,ピック病)によっては,特有な人格変化も知られている.このような行動や意欲の変化には,多くの場合,認知障害を伴う. 2)器質性(または症状性)が強く疑われる精神障害[184.73.219.23] 認知機能に影響を及ぼす主な疾患 疾 患 名 発 生 比 率 原 因 主 な 症 状 発達障害 15人に1人 神経回路異常・脳成長異常、ニューロン形態異常、シナプス形態異常 コミュニケーションと社会の困難さ、年齢的に相応した言動などに不注意・多動・衝動、知的発達には問題はないが「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算・推論する」などの特定の[cogniscale.jp]

  • 多発性骨髄腫

    多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ、Multiple Myeloma:MM)は形質細胞腫瘍の一種であり、その中では最も患者数の多い難治性血液腫瘍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • トゥレット症候群

    また、衝動眼球運動検査では異常所見がみられ、大脳基底核のドパミン神経が低下している所見や、さらに「見ていけない」を見てしまう(saccade to cue)が多くなり抑制が効かない、というデータも出てきました。[segawa-clinic.jp] ほかに、小児期には睡眠障害、昼夜の区別に一致した生活リズムがとれない、直立二足歩行がきちんとできないことがみられ、10歳代には衝動行動などをみることもある。 6. 治療法 ハロペリドールほかドパミン受容体の異常に対し、種々の薬剤が試みられ ているが、すべての患者に有効なものはない。[nanbyou.or.jp] 特徴 チックの頻度 チックの発症年齢と性差 チック症状の特徴 チックと併発症 一般身体症状および臨床神経学的症状 キラキラ星の手の動きが上手にできない/大脳基底核の異常 診断、治療、予後 診断/治療/予後(長期経過) 病態・病因について 薬剤の効果からの検討 神経生科学、神経生理学的検索からの検討 放射線医学的検索からの検討 睡眠機構および衝動眼球運動[space96.com]

  • ウィルソン病

    はっきりした神経症状を呈する症例とは対照的に,肝症状を伴った症例でみられる神経症状はわずかである可能がある.気分障害(主にうつ,時に衝動),学業不振,微細運動(特に書字)もしくは粗大運動技能の障害を認めることがある.[grj.umin.jp] 精神症状 精神症状は多彩である.うつはよくある症状である.神経症の行動として病的恐怖,衝動的行動,攻撃,反社会的行動などが含まれる.高齢者では微細な精神病理(不安を伴った進行性の人格統合障害など)や感情変化(不安定な感情や脱抑制など)を認めることがある.[grj.umin.jp]

  • 抗第VIII因子抗体NMDA受容体脳炎

    神経疾患 抗NMDA受容体脳炎 レクチャー 神経疾患 抗NMDA受容体脳炎 金沢医科大学総合医学研究所 田中 惠子 (たなか けいこ) 先生 1977年5月 新潟大学医学部附属病院医員 1987年8月 米国国立衛生研究所 Lab. Neurochemistry Research fellow 1989年6月 新潟大学医学部附属病院助手 1999年1月 新潟大学医学部附属病院講師 2000年10月 新潟大学脳研究所臨床神経科学部門 神経内科学分野 准教授 2007年10月 独立行政法人国立病院機構 西新潟中央病院 神経部長 2008年4月 金沢医科大学 神経内科学 特任教授 2014年5月 金沢医科大学[…][cosmic-jpn.co.jp]

  • 結節性硬化症

    (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 結節性硬化症とは 結節 性硬化症は全身の疾患で、皮膚、神経系、腎、肺、骨などいろいろなところに 過誤腫 と呼ばれる良性の腫瘍や過誤組織と呼ばれる 先天性 の病変ができる病気です。以前は皮膚と神経系の症状が主であると考えられ、皮膚にあざの様な症状(母斑)が出ることから、 神経皮膚症候群[…][nanbyou.or.jp]

  • 発達障害

    注意欠如・多動障害(ADHD) 7歳までに、多動-衝動、あるいは不注意、またはその両方の症状が現れ、そのタイプ別の症状の程度によって、多動‐衝動優勢型、不注意優勢型、混合型に分類されます。[mhlw.go.jp] メチルフェニデートという薬剤がAD/HDの不注意・多動-衝動を軽減する可能性がありますが、これは登録された専門医療機関でのみ処方が可能です。最近では新たにアトモキセチンという薬剤も処方可能になりました。[iidabashi-shinryounaika.jp] (5)注意欠陥多動障害(AD/HD) 注意持続の欠如もしくは、その子どもの年齢や発達レベルに見合わない多動衝動、あるいはその両方が特徴です。次の症状が、通常7歳以前に現れます。[pref.saitama.lg.jp]

さらなる症状