Create issue ticket

考えれる16県の原因 血餅収縮異常

  • 播種性血管内凝固症候群

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年3月 ) 播種性血管内凝固症候群 (はしゅせい けっかんない ぎょうこ しょうこうぐん、 英 : disseminated intravascular coagulation, DIC )とは、本来出血箇所のみで生じるべき 血液凝固反応 が、全身の 血管 内で無秩序に起こる 症候群 である。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態で、治療が遅れれば死に至ることも少なくない。 汎発性血管内凝固症候群 (はんぱつせい-[…][ja.wikipedia.org]

  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

  • グランツマン血小板無力症

    この血が形成されたのちは、血小板内の収縮タンパク質によって収縮される収縮と呼ばれる現象を起こす。 血小板減少症では、遺伝子の異常によって、血小板表面のGPⅡb/Ⅲa(αⅡbβ3インテグリン)が量的に減少あるいは機能異常を起こしている。[ja.wikipedia.org] 血小板数、血小板形態には異常がない。血小板による一次止血を調べる出血時間検査では、出血時間の延長がみられる。収縮検査では、typeⅠとvariant型の一部では血餅収縮能の低下がみられ、typeⅡとvariant型の一部では正常となる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性特発性血小板減少性紫斑病

    慢性特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の病態発生には,抗体媒介性の血小板破壊および血小板産生低下が関与している.血小板産生を刺激することは,この疾患の治療に有効である可能性がある. 慢性 ITP を有する血小板数 30,000/mm 3 未満の成人患者で,再発がみられたか 1 回以上の標準的な ITP 治療で血小板数の改善が認められなかった 118 例を対象に試験を行った.患者を,経口トロンボポエチン受容体作動薬であるエルトロンボパグ(eltrombopag)投与(1 日あたり 30 mg,50 mg,75 mg)と,プラセボ投与のいずれかに無作為に割り付けた.主要エンドポイントは,43[…][nejm.jp]

  • 骨髄増殖性疾患

    Abstract 骨髄増殖性腫瘍(myeloproliferative neoplasms;MPN)は,融合遺伝子の形成や遺伝子変異によりチロシンキナーゼが恒常的に活性化され,好中球,赤血球,血小板,肥満細胞などの骨髄系細胞のうち1 系統以上の細胞が,末梢血あるいは骨髄においてクローナルに増殖する造血器腫瘍である.髄外造血や,それに伴う肝脾腫が高頻度にみられ,主として真性赤血球増加症 (polycythemia vera;PV),本態性血小板血症 (essential thrombocythemia;ET)と原発性骨髄線維症 (primary myelofibrosis;PMF)の3[…][pieronline.jp]

  • 血栓塞栓症

    HOME 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) 肺血栓塞栓症(平成21年度) はいけっせんそくせんしょう、しんぶじょうみゃくけっせんしょう 研究班名簿 一覧へ戻る 1. 概要 下肢および骨盤内などの深部静脈に血栓が生じた状態を深部静脈血栓症という。この深部静脈血栓が遊離して静脈血流によって肺に運ば れ、肺動脈を閉塞することにより呼吸循環障害を生ずる病態を肺血栓塞栓症という。深部静脈血栓症と肺血栓塞栓症は連続した一つの病態であり、両者をあわせ て「静脈血栓塞栓症」と称す。 2. 疫学 年間診断数 深部静脈血栓症 約14,700人、肺血栓塞栓症 約7,900人 3. 原因の解明[…][nanbyou.or.jp]

  • 特発性血小板減少性紫斑病

    抄録 特発性血小板減少性紫斑病(ITP:idiopathic thrombocytopenic purpura)には急性型と慢性型があり,前者は5歳以下の小児に,後者は中高年齢者に,発症が多い.慢性型の診断には免疫学的特徴と血小板産生動態を反映する検査を取り入れた感度,特異度が高い診断基準が提案されている.治療目標は薬物治療による副作用との兼ね合いから,血小板数を3 5万以上に維持することにおく.[…][jstage.jst.go.jp]

  • ホジキン病

    抄録 症例は29歳,女性.乾性咳嗽が出現し,炎症反応の高値と胸部X線写真で右中肺野の浸潤影を指摘された.胸部CTにて右S3に腫瘤影を認めた. CTガイド下肺生検と縦隔鏡によるリンパ節生検にてホジキン病と診断された.肺の腫瘤がリンパ節と比べ大きいことより,肺原発のホジキン病で,アンアーバー分類でStage IIEと診断した. ABVD療法を施行したところ腫瘍は消失した.肺原発ホジキン病は稀であり文献的考察を加え報告する.[jstage.jst.go.jp]

  • ワルデンシュトレーム型マクログロブリン血症

    米Pharmacyclics社は、ワルデンシュトレーム型マクログロブリン血症(WM)に対する、ブルトン型チロシンキナーゼ阻害剤ibrutinibのフェーズ2試験のデータに基づき、WMへの適応症追加申請を米食品医薬品局(FDA)に提出したと10月20日に発表した。[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 葉酸欠乏性貧血

    ホーム 新着文献 サラゾスルファピリジンによる葉酸欠乏性貧血 薬剤 サラゾスルファピリジン 化学療法剤 副作用 葉酸欠乏性貧血 概要 47歳、女性。15年前にベーチェット病と診断され、プレドニゾロン(PSL)40 mg/日とサラゾスルファピリジン(SASP)2.5 g/日で加療されていた。7年前に、慢性進行型神経ベーチェット病の診断でメトトレキサート(MTX)と葉酸製剤5 mg/日が開始された。その後疾患活動は治まり、1年前にMTXと葉酸製剤が中止され、PSLとSASPのみの加療となった。2年ほど前から原疾患の後遺症による精神症状などから食事摂取量が低下し、10[…][imic.or.jp]

さらなる症状