Create issue ticket

考えれる1,568県の原因 血腫

  • 頭部外傷

    (5) 脳損傷や硬膜下血腫が生じたときには、原則としてコンタクト・スポーツへの競技・練習に復帰すべきではない。 慢性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫とは 頭部外傷後慢性期(通常1 2カ月後)に脳を覆っている硬膜と脳との間に血腫が溜まることにより、脳が圧排されて様々な症状を呈する疾患です。[kantoh.johas.go.jp] 精神症状(物忘れ、計算違い、人格変化)を全面に出す慢性硬膜下血腫 頭蓋骨と脳との間に血の塊が出来る病気です。原因の大半は頭部外傷ですが、頭を打ったことなど忘れてしまうほどの軽度の頭部打撲もよくあることです。[seirei-memorial.com] 治療 血腫の大きさと症状の程度によって、緊急に開頭血腫除去術が行われます。血腫を伴わない若しくは、血腫が少量の場合は手術の効果が低いため、頭蓋内圧亢進に対する脳圧降下薬の点滴注射が行われます。[kantounouge.com]

  • イレウス

    腹腔内または後腹膜炎症(虫垂炎、憩室炎、穿孔性十二指腸潰瘍など) 後腹膜または腹腔内血腫(例えば腹部大動脈瘤破裂、腰椎圧迫骨折に起因) 代謝障害(低カリウム血症、高カルシウム血症) 薬物性(タクロリムス、オピオイド、抗コリン薬、カルシウム拮抗薬などの副作用) 希に腎疾患や下位肋骨骨折、下葉肺炎、心筋梗塞など 病院によって以下のように分類される[ja.wikipedia.org]

  • 頸動脈狭窄症

    CTAやDSAで明らかなintimal flapやdouble lumenを認める場合、またはT1WIで壁在血腫と思われる高信号を認める場合に動脈解離と診断できる。 動脈解離の進展胸部の大動脈解離が進展することで総頸動脈に狭窄や閉塞をきたす。[ja.wikipedia.org]

  • 血友病

    医療大全 血友病 けつゆうびょう Hemophilia 【初診に適した診療科】 内科 【どんな病気か】 血友病は、先天性出血素因のなかで最も頻度が高く(男子出生1万人に約1人)、生涯にわたり皮下血腫、関節出血、筋肉出血などの出血症状を繰り返す病気です。[yomidr.yomiuri.co.jp] 末梢神経 系では末梢神経周囲組織への出血,血腫形成によるコンパートメント症候群が起こり神経障害をきたす.補充療法を行いながら組織の減圧手術などの治療を早期に開始する.また慢性の被包化された血腫による神経の圧迫や,反復する出血は筋関節の可動制限なども起こる.[kotobank.jp] 出血してできた血腫(けっしゅ)(血のかたまり)が筋肉を圧迫するため、 痛み、腫れ、熱感、動かしづらさ などを感じることがあります。 その他の起こりうる出血 血友病では、出血しやすい部位が年齢によって変化します。 赤ちゃんの頃は皮下出血や頭蓋内出血が多く、動きが激しくなるにつれて関節内や筋肉内の出血が増えてきます。[hemophilia-navi.jp]

  • 頭蓋骨骨折

    外科学 - 脳神経外科学 - 形成外科学 頭部外傷 - 脳挫傷 - 急性頭蓋内血腫 - 急性硬膜下血腫 - 急性硬膜外血腫 - 脳ヘルニア 『南山堂 医学大辞典』 南山堂 2006年3月10日発行 ISBN 978-4-525-01029-4[ja.wikipedia.org] (3)外界との交通の有無による分類 ①閉鎖性骨折 ②開放性骨折 2.頭蓋骨骨折の症状 (1)出血 頭蓋骨骨折では出血が起こり、出血がたまると血腫となります。血腫の場所が頭蓋骨の外 の場合は、皮下血腫、帽状腱膜下血腫もしくは骨膜下血腫となり、頭蓋骨のすぐ内側の場 合には硬膜外血腫となります。[jikosoudan.net] 皮下血腫に関しては,前頭部以外の皮下血腫はTBI・ISFいずれにおいても危険因子であった。大きな皮下血腫は,多変量解析でISFの独立した危険因子であり,TBIに関しては多変量解析では有意差はなかったが,皮下血腫が大きいほどTBIの頻度も増加していた。[onlinelibrary.wiley.com]

  • 脳震盪

    急性硬膜下血腫と脳挫傷を発症して死亡。(中学1年男子) …… 急性硬膜下血腫を発症した場合は、たとえ微小でも柔道は一生厳禁である。 柔道指導者へ 頭痛の怖さを生徒達にしっかり周知徹底させ、頭痛などの体調不良時の練習がどれほど恐ろしい結果をもたらすかを、生徒自身が肝に銘じるようにしてほしい。[judojiko.net] ところが、軽視できないのは、頭部への衝撃が数時間から数日経って後に、生命に関わる重大な疾患を起こしうることです(外傷性クモ膜下出血、硬膜下血腫など)。又、脳震盪を繰り返すと、将来、様々なダメージが出てくる事も心配されます。 激しいスポーツ(ボクシング、ラグビー、サッカー等)おける脳振盪に対する指針は出されています。[clinic-fw.org] 外傷性 クモ膜下出血 硬膜下血腫 硬膜外血腫 瀰漫性軸索損傷 スポーツにて [ 編集 ] フットボール・ラグビーにおける脳震盪の扱い [ 編集 ] 「脳震盪を起こした場合」、「脳震盪の疑いのある場合」、「バランステストの異常」のいずれかひとつに該当する競技者(選手)は、 即刻退場 となり競技および練習を継続することはできない。[ja.wikipedia.org]

  • クッシング症候群

    クッシング症候群(クッシングしょうこうぐん、Cushing's syndrome)は、慢性の糖質コルチコイド過剰による症候群。ただし、下垂体腺腫が原因で起こるクッシング症候群を、特にクッシング病(Cushing's disease)と呼ぶ。 アメリカの脳神経外科医、ハーヴェイ・ウィリアムス・クッシングによって「クッシング病」が初めて報告された。 原因は、副腎腺腫が約50%、クッシング病が約35%である。他の腫瘍から来るものもある。女性に多い。 下垂体腺腫(クッシング病) 副腎疾患 副腎腺腫、副腎癌、ACTH非依存性大結節性副腎過形成(AIMAH)、原発性副腎皮質小結節性異形成(PPNAD)など[…][ja.wikipedia.org]

  • 硬膜下血腫

    抄録 【背景】急性硬膜下血腫で保存的加療した症例のなかで亜急性期に血腫が増大する症例が存在する. 当院で経験した亜急性期に血腫が増大した急性硬膜下血腫症例の予測因子を検討したので報告する.[jstage.jst.go.jp] ②保存的治療 血腫が少量で症状がない場合には、点滴・内服薬で血腫を減らす治療をすることもあります。治療にもかかわらず血腫が増大する場合は、やはり手術を行います。 手術直後のCT画像:血腫が除去され、空気と脳表を洗浄した水に置き換わっています。 手術翌日の CT 画像:血腫がたまっていた隙間がふさがり、脳への圧迫が解除されています。[niigata-nogeka.or.jp] 絨毛膜癌腫の症例において急性硬膜下血腫を発生、脳ヘルニアへ進行している (MRI) 急性硬膜下血腫 (きゅうせいこうまくかけっしゅ、acute subdural hematoma)とは、 硬膜 と 脳 の間に 血腫 が形成された状態のことであり、 頭部外傷 としては重症に分類される。[ja.wikipedia.org]

  • 脳内血腫

    治療 外傷性脳内血腫の治療は、血腫そのものに対する治療と頭蓋内圧亢進に対する治療にわかれます。 血腫除去術 脳内の血腫を取り除く手術です。ほとんどの場合は頭蓋骨に小さな穴を開け、血腫部分に針を刺して血腫を吸引します。しかし、血腫が大きい場合や脳圧が高い場合には頭蓋骨を大きく開いて、顕微鏡下で血腫を取り除くこともあります。[medicalnote.jp] [治療] 脳挫傷(のうざしょう)に準じて治療しますが、血腫が大きければ手術をして血腫を取り除きます。 血腫が大きいほど、また、血腫に圧迫される脳の面積が広いほど、予後がよくありません。 出典 小学館 家庭医学館について 情報 Yahoo!辞書 コトバンクは、Yahoo!辞書と技術提携しています。 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。[kotobank.jp] 問題点は、 直視下に血腫を観察して手術を行うわけではないので、すべての血腫を取り除くの難しいという点と、再出血が約4%あるという点でしょう。ただし、血腫が手術のみで十分に取れない場合には血腫を溶かす薬を使用して残った血腫を抜く方法もあります。[hbs.o.oo7.jp]

  • 頭蓋内出血

    方 法 初回造影CTにおける血腫内増強効果の有無や血腫サイズ、脳室穿破の有無といった画像所見を評価し、経過観察のCTにおける血腫サイズの変化や外科的介入の有無、機能予後との関連を評価する。[radiol-osaka-u.com] (5) 脳損傷や硬膜下血腫が生じたときには、原則としてコンタクト・スポーツへの競技・練習に復帰すべきではない。 慢性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫とは 頭部外傷後慢性期(通常1 2カ月後)に脳を覆っている硬膜と脳との間に血腫が溜まることにより、脳が圧排されて様々な症状を呈する疾患です。[kantoh.johas.go.jp] アスピリンや抗凝固薬を服用している人(出血のリスクが高くなる)、特にそのような高齢者では、軽い頭部外傷でも血腫が発生するリスクが増加します。脳内血腫とくも膜下出血は、脳卒中が原因で生じることもあります。 硬膜外血腫と脳内血腫の大半、また、硬膜下血腫の多くは急激に発症して、数分以内に症状が現れます。[msdmanuals.com]

さらなる症状

類似した症状