Create issue ticket

考えれる70県の原因 血腫

  • 末梢神経障害

    坐骨麻痺 [ 編集 ] 坐骨神経麻痺は股関節形成術、長時間砕石位におかれた患者における骨盤の処置、外傷、血腫、腫瘍浸潤、血管炎に併発して起こる。さらに多くの坐骨神経障害は特発性である。代表例は股関節骨折による骨頭の後方脱臼や大腿後方コンパートメントへの出血でおこる。[ja.wikipedia.org] 大腿神経麻痺 [ 編集 ] 大腿神経麻痺は後腹膜の血腫、砕石位、股関節形成術や股関節脱臼、腸骨動脈閉塞、大腿動脈の処置、悪性腫瘍の血行性浸潤、鼠径部の穿通性の外傷、子宮摘出術や腎移植術といった骨盤の手術、糖尿病に続発して起こる。特発性の大腿神経麻痺もある。大腿神経麻痺では膝の進展や屈曲が困難となる。[ja.wikipedia.org]

  • 頭部外傷

    その場合、器質的変化が明らかなものとしては、頭蓋骨骨折(陥没骨折、進行性頭蓋骨折など)、髄液漏、気脳症、骨髄炎、硬膜外膿瘍、硬膜下膿瘍、脳膿瘍、髄膜炎、頸動脈海綿静脈洞瘻、外傷性動脈瘤、外傷性動静脈瘻、頭蓋内外血管閉塞症、頭血腫、慢性硬膜下血腫、脳神経障害、脳挫傷後の精神障害、知能障害、外傷性てんかんなどがある。[ja.wikipedia.org]

  • イレウス

    腹腔内または後腹膜炎症(虫垂炎、憩室炎、穿孔性十二指腸潰瘍など) 後腹膜または腹腔内血腫(例えば腹部大動脈瘤破裂、腰椎圧迫骨折に起因) 代謝障害(低カリウム血症、高カルシウム血症) 薬物性(タクロリムス、オピオイド、抗コリン薬、カルシウム拮抗薬などの副作用) 希に腎疾患や下位肋骨骨折、下葉肺炎、心筋梗塞など 病院によって以下のように分類される[ja.wikipedia.org]

  • 足根管症候群

    穿頭術 開頭術 鍵穴手術 血腫除去術:脳卒中・急性硬膜外血腫・急性硬膜下血腫・慢性硬膜下血腫・クモ膜下出血・脳出血 脳室心房短絡術(V-A shunt術):水頭症 脳室腹腔短絡術(V-P shunt術):水頭症 脳動静脈奇形摘出術:脳動静脈奇形 脳動静脈奇形コイル塞栓術:脳動脈瘤 脳動脈瘤クリッピング術:脳動脈瘤 脳動脈瘤コイル塞栓術:脳動脈瘤[ja.wikipedia.org] 頭部外傷・頭蓋骨骨折・脳挫傷・びまん性軸索損傷・外傷性くも膜下出血・急性硬膜外血腫・急性硬膜下血腫・慢性硬膜下血腫等救急医療分野における緊急手術を必要とする領域 水頭症・二分脊椎・脳瘤・髄膜瘤・キアリ奇形・頭蓋早期癒合症・クモ膜嚢胞・頭蓋頸椎移行部骨形成異常 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症・黄色靭帯骨化症・黄色靭帯石灰化症[ja.wikipedia.org]

  • 頸動脈狭窄症

    CTAやDSAで明らかなintimal flapやdouble lumenを認める場合、またはT1WIで壁在血腫と思われる高信号を認める場合に動脈解離と診断できる。 動脈解離の進展胸部の大動脈解離が進展することで総頸動脈に狭窄や閉塞をきたす。[ja.wikipedia.org]

  • 外傷性脳損傷

    外傷性クモ膜下出血 硬膜下血腫 硬膜外血腫 瀰漫性軸索損傷 「脳震盪を起こした場合」、「脳震盪の疑いのある場合」、「バランステストの異常」のいずれかひとつに該当する競技者(選手)は、即刻退場となり競技および練習を継続することはできない。また、医師の診察や医療機関受診が必須となる。更に、受傷後最低14日間は、いかなる運動も禁止して安静する。[ja.wikipedia.org] そのような人はしばしば脳挫傷や血腫、あるいは神経繊維や軸策の損傷があり、そのうちの何人かは無酸素症にもなっているかもしれません。[e-net.or.jp] それは脳挫傷や血腫を伴うかもしれません。中程度の脳損傷を持った人は一般的に数ヶ月間続く認知や社会心理的な障害を持つことになるでしょう。しかしながら、治療によってこれらの人々は概してほとんど完全に回復することが出来ます。[e-net.or.jp]

  • 自然流産

    原因:絨毛膜下血腫、絨毛羊膜炎など 概念:流産が生じ進行している状態。下腹部痛や出血が強く、頸管は開大しており保存的な治療は不可能なものである。 症状:下腹部の痛み、性器出血、子宮頚部の開大 治療:完全流産か不全流産かで異なる。 概念:流産が生じ、子宮内容物が完全に娩出された状態。[ja.wikipedia.org] 子宮の中に血液のかたまり(絨毛膜下血腫)がある切迫流産では安静が有効との報告もあります。 妊娠初期に少量の出血があったときは? 妊娠初期に、少量の出血や軽い腹痛を感じることがあります。正常の経過の妊娠中でもこのような症状が起こる場合がありますし、流産や切迫流産で起きる場合もあります。[jsog.or.jp] 特に絨毛膜下血腫が原因である場合は全身性エリテマトーデス (SLE) や抗リン脂質抗体症候群を疑うべきである。 化学的流産は、妊娠を意識して早い時期に尿検査などを試していなければ、同様の状態が本人も普通の月経としか認識していないうちに日常で起こっている場合もしばしばあり、通常は流産の回数に含めない。[ja.wikipedia.org]

  • 脳卒中

    2.脳出血 脳浮腫を減少させる薬以外に、血腫を小さくする薬はありません。出血した部位によっては、外科的に血腫を取り除く手術をすることがあります。とくに小脳の出血では、手術のタイミングを考えながら様子をみることが必要です。 3.くも膜下出血 再発防止のために、脳動脈瘤の根っこをクリップで止める手術を行います。[ncvc.go.jp]

  • 子宮内膜症

    このとき出血した血液は組織間に貯留し、 血腫 を形成してブルーベリー・スポットと呼ばれる 嚢胞 を生じる。卵巣などではチョコレート嚢胞と呼ばれる強い癒着を引き起こす嚢胞が発生する。月経困難症はこれによるものである。 また、出血で周囲組織に血液が浸潤した結果、組織が線維化して癒着や硬結を引き起こす。[ja.wikipedia.org]

  • 特発性血小板減少性紫斑病

    血小板数のみにとらわれずに、皮膚に 点状出血 が増えていないか、口腔内に血腫ができていないかを、患者さん自身で観察して、病気の状態を把握するように努めてください。また、軽い運動は可能ですが、打撲するようなサッカーや剣道、柔道などのスポーツは避けるべきです。 10.[nanbyou.or.jp]

さらなる症状

類似した症状