Create issue ticket

考えれる525県の原因 血糖正常

  • 腎性シスチン

    薬理作用1 薬理作用2 薬理作用3 1 他に分類されない代謝性医薬品 頭部外傷後遺症 脳代謝賦活作用 リン酸供与体として各種の酵素を介し、糖質、脂肪、蛋白質の代謝に関与 中枢神経賦活作用 脳代謝促進作用 脳内グルコース代謝亢進作用 ヘキソキナーゼ活性化作用 慢性膵炎における急性症状の寛解 非ぺプタイド蛋白分解酵素阻害作用 高インスリン血性低血糖[iryohoken.go.jp] インスリン分泌抑制作用 湿疹、蕁麻疹、薬疹、中毒疹、尋常性座瘡、多型滲出性紅斑 皮膚代謝の正常化作用/抗アレルギー作用/解毒作用 チオール酵素(SH酵素)賦活作用 カルニチン欠乏症 ミトコンドリア機能賦活作用 組織内における慢性的なカルニチン欠乏状態是正作用 過剰蓄積したプロピオニル基をプロピオニルカルニチンとして体外(尿中)へ排泄し、有害[iryohoken.go.jp]

  • インスリン抵抗性

    代償性の高インスリン血症により高血糖を来さず、血糖正常域に留まっていれば、細小血管障害は進行しません。しかし内臓脂肪型肥満(内臓肥満)を伴えば、動脈硬化は進行しつつある状態だと考えられます。[dm-rg.net] 有効な抗レトロウイルス治療を受けている患者のほとんどで空腹時血糖正常であるが、プロテアーゼ阻害剤を含む併用療法の患者の40%で明らかなインスリン抵抗性による耐糖能異常を呈する。 高血糖がなくてもインスリン抵抗性はありうる。非HIV感染者のインスリン抵抗性は心血管合併症の危険性の増加と関連している。[aids-chushi.or.jp] インスリンは食後に上昇する血糖値を正常範囲まで下げることができる唯一のホルモンです。インスリン抵抗性とは、血糖値を正常範囲に戻すために過剰なインスリンを必要とする状態、すなわちインスリンが効きにくくなった状態を意味します。[institute.yakult.co.jp]

  • 糖尿病

    1 随時血糖値が200mg/dL以上 2 空腹時血糖値が126mg/dL以上(正常は110mg/dL未満) 3 ブドウ糖負荷試験2時間値が200mg/dL以上(正常は140mg/dL未満) 4 HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)(※)が6.5%以上 ※HbA1cは過去1 2カ月間の血糖値の平均を表す指標で、糖尿病の診断だけではなくコントロール[saiseikai.or.jp] (2)75gOGTTで2時間値200mg/dl以上 (3)随時血糖値200mg/dl以上 (4)HbA1c6.5%以上 (5)早朝空腹時血糖110mg/dl未満 ⑤および⑥の血糖値が確認された 場合に「正常型」と判定する。[byouin.metro.tokyo.jp] 血糖値が正常と糖尿病の間にある場合は「境界型(糖尿病予備軍)」と判定されます。「境界型」であっても、正常な人に比べると動脈硬化の危険性は高くなりますので、生活習慣の改善を中心とした取り組みが望まれます。 糖尿病を予防するためには 糖尿病を予防する上で大事なことは肥満にならないことです。[saiseikai.or.jp]

  • 妊娠糖尿病

    このホルモンはインスリン(血糖を下げるホルモン)の働きを弱めます(インスリン抵抗性の増加)。このため妊娠中は、より多くのインスリンを分泌しないと血糖値を正常に保つことが出来ません。 正常妊娠では、インスリン抵抗性があっても、それに打ち勝つだけのインスリンが十分に分泌されますので血糖値は正常のままです。[nho-kumamoto.jp] 産後は定期的に医療機関で検査を受けましょう 産後に血糖値が一時的に正常になっても、妊娠糖尿病だった場合、正常血糖の妊婦に比べ7、4倍「糖尿病になりやすい」と報告されています。 きちんと定期的に医療機関で血糖の検査をすることが大切です。[city.hamamatsu.shizuoka.jp] いったん血糖正常化すると、定期的な検査を受け忘れることが多くなってしまいますが、 妊娠糖尿病だった人は糖尿病に移行しやすいため、定期的なフォローアップが非常に大切です 。 まずは産後 1 3ヶ月で75gブドウ糖負荷試験 を行い、血糖の状態が正常化していることを確認しましょう。[ncchd.go.jp]

  • 妊娠糖尿病

    このホルモンはインスリン(血糖を下げるホルモン)の働きを弱めます(インスリン抵抗性の増加)。このため妊娠中は、より多くのインスリンを分泌しないと血糖値を正常に保つことが出来ません。 正常妊娠では、インスリン抵抗性があっても、それに打ち勝つだけのインスリンが十分に分泌されますので血糖値は正常のままです。[nho-kumamoto.jp] 産後は定期的に医療機関で検査を受けましょう 産後に血糖値が一時的に正常になっても、妊娠糖尿病だった場合、正常血糖の妊婦に比べ7、4倍「糖尿病になりやすい」と報告されています。 きちんと定期的に医療機関で血糖の検査をすることが大切です。[city.hamamatsu.shizuoka.jp] いったん血糖正常化すると、定期的な検査を受け忘れることが多くなってしまいますが、 妊娠糖尿病だった人は糖尿病に移行しやすいため、定期的なフォローアップが非常に大切です 。 まずは産後 1 3ヶ月で75gブドウ糖負荷試験 を行い、血糖の状態が正常化していることを確認しましょう。[ncchd.go.jp]

  • 高血糖症

    一時的な高血糖症は良性で無症候性のことが多く、血中グルコース濃度が相当の期間正常値を大きく超えていても、恒久的な影響や症状を示さないことがある。しかし慢性高血糖症では、正常値よりやや高い程度でも、多年にわたり、腎障害、神経損傷、心筋損傷、糖尿病性網膜症など、さまざまな重篤な合併症を併発する。[ja.wikipedia.org] 合併症 [ 編集 ] 一時的な高血糖症は良性で無症候性のことが多く、血中グルコース濃度が相当の期間正常値を大きく超えていても、恒久的な影響や症状を示さないことがある。しかし慢性高血糖症では、正常値よりやや高い程度でも、多年にわたり、腎障害、神経損傷、心筋損傷、 糖尿病性網膜症 など、さまざまな重篤な合併症を併発する。[ja.wikipedia.org] これは、糖尿病患者への経口血糖降下薬やインスリンの投与が食事量に対して多すぎる場合におきる。投与によって血糖値が正常値以下になると空腹を訴えることが多くなり、このときの空腹感は通常の場合 1型糖尿病、特に若年性のものと比べればさほど顕著ではないが、経口血糖降下薬の処方が困難になることがある。[ja.wikipedia.org]

  • 2型糖尿病

    2016年の研究では、2型糖尿病の患者が食事療法をはじめると、7日間で肝臓の脂肪蓄積が大幅に低下し、インスリン感受性が正常化し、空腹時血糖値も正常化することが確認された。試験を8週間続けると、膵臓にたまった脂肪も減り、インスリン分泌が改善し、血糖値はさらに安定するようになる。[dm-net.co.jp] 「インスリンの作用不足」で起きる生活習慣病です 2型糖尿病は血液中のブドウ糖(血糖)が正常より多くなる病気です。初期の頃は自覚症状がほとんどありませんが、血糖値を高いまま放置すると、徐々に全身の血管や神経が障害され、いろいろな合併症を引き起こします。[diabetes.co.jp] 血糖値の正常化を目指すならHbA1c 6%未満、合併症予防を目指すならHbA1c7%未満などと、具体的な数値を設定することで、治療に前向きに取り組めるようになると思います。 血糖コントロールの目安として一般にはHbA1cが用いられますが、HbA1cの目標値を達成したとしても安心はできません。[dm-town.com]

  • 腎性糖尿

    血糖値は正常であるのに通常の尿検査で尿中にブドウ糖が検出された場合に、腎性糖尿と診断されます。 治療は必要ありません。[msdmanuals.com] 血糖値の正常値は空腹時で概ね80 110mg/dl、その他は最大でも140mg/dl未満) しかし、血糖値が正常値の範囲内でも、尿に糖分が出てしまうケースが希にある。これを「腎性糖尿」と呼ぶ。 腎性糖尿は疾患ではなく、放置しても何ら問題はないため、治療の必要もない。[ja.wikipedia.org] 出典 小学館 家庭医学館について 情報 内科学 第10版 の解説 腎性糖尿(近位尿細管疾患) (5)腎性糖尿(renal glycosuria or renal glucosuria) 概念 腎性糖尿とは,近位尿細管の機能障害により,血糖値が正常域にもかかわらずグルコース(ブドウ糖)が尿中に排泄される病態をいう.[kotobank.jp]

  • 低血糖症

    ヒトの血糖値は、血糖値を下げるインスリン、血糖値をあげるグルカゴン、アドレナリン、コルチゾール、成長ホルモンといったホルモンにより、非常に狭い範囲の正常値に保たれている。[ja.wikipedia.org]

  • 不十分な食事療法

    図1:血糖コントロールの目標 目標 血糖正常化を 注1) 目指す際の目標 合併症予防 注2) のための 目標 治療強化が 注3) 困難な際の目標 HbA1c (%) 6.0未満 7.0未満 8.0未満 治療の目標は、年齢、罹病期間、臓器障害、低血糖の危険性、サポート体制などを考慮して個別に設定する。[dmic.ncgm.go.jp] 「インスリンの作用不足」で起きる生活習慣病 2型糖尿病(以下糖尿病)は血液中のブドウ糖(血糖)が正常より多くなる病気です。初期の頃は自覚症状がほとんどありませんが、血糖値が高いまま放置すると、徐々に全身の血管や神経が障害され、いろいろな合併症を引き起こします。[hoshinoclinic.net] 膀胱炎などの尿路感染症もおこしやすいので注意が必要です。 ⑤糖尿病の診断基準 もし尿糖が陽性の場合、糖負荷試験を行います。糖負荷試験とは空腹な状態でガムシロップのような糖液を飲んで、血糖の変動を観察します。 (判定) 正常 糖尿病 空腹時血糖 110mg/dl未満 126mg/dl以上 糖負荷試験2時間値 140mg/dl未満 200mg[ssl.kotobuki-pharm.co.jp]

さらなる症状