Create issue ticket

考えれる543県の原因 血糖値低下

  • 低血糖症

    二次性低血糖は血糖を上昇させる機構の機能低下で起こる低血糖である。二次性低血糖ではインスリン分泌に抑制がかかるため、血中インスリンおよび血中Cペプチド値は低値となる。[ja.wikipedia.org] 血糖が約80 mg/dLを下回ると、血糖を下げるホルモンであるインスリンの分泌が極端に低下する。 約65-70 mg/dLに低下すると、血糖を上げるホルモンであるグルカゴン、アドレナリンが大量に放出され始める。 約60-65 mg/dLに低下すると、3番目の血糖を上げるホルモン、成長ホルモンが放出される。[ja.wikipedia.org] 血糖が50mg/dl以下になると眠気、脱力、集中力低下などの症状が出現する。血糖が30mg/dl以下になると痙攣、昏睡になり、対応が遅れると意識が戻らないこともある。交感神経刺激症状が出現する血糖閾値は中枢神経症状の閾値に比べて高いため、中枢神経症状症状出現前に交感神経刺激症状を認めるのが一般的である。[ja.wikipedia.org]

  • 上気道感染症

    UMIN試験ID UMIN000002234 最終情報更新日: 2016年4月5日 登録日:2009年7月22日 成人急性上気道感染症診療の基本的考え方の検証 基本情報 進捗状況 試験終了 対象疾患 急性気管支炎を含む急性上気道感染症 試験開始日(予定日) 2008-10-01 目標症例数 3000 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 観察 試験の内容 主要アウトカム評価項目 有効性、安全性 副次アウトカム評価項目 細菌学的効果 対象疾患 年齢(下限) 20歳以上 年齢(上限) 性別 男女両方 選択基準 ・急性気管支炎を含む急性上気道感染症患者(急性気管支炎・急性扁桃炎・急性気管支炎)[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 栄養失調

    栄養失調(えいようしっちょう)または栄養不良(えいようふりょう)、栄養不足(えいようふそく)(英: Malnutrition)とは、偏食や食料の不足、すなわち、多すぎたり少な過ぎる食事や1つ以上の重要な栄養の不足した食事により引き起こされる、動物が不健康になっている状態を指す一般的な用語である。動物は従属栄養生物であって、何らかの形で生体外からエネルギー産生に必要な物質を摂取せねば生きられず、飢餓が限度を超えた場合は餓死に至る。 日本の学校教育法では、身体虚弱に含まれる。 栄養失調の動物は、食事で充分なエネルギーや、必須アミノ酸、ビタミン、微量元素を補給できていない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症

    飲酒と糖尿病の関連は、アルコール自体の作用やアルコールの体内での処理(代謝)が血糖に影響を与えることのほか、アルコールによる慢性すい炎によりインスリンの分泌が低下することも関連してきます。飲酒と脂質異常症の関連は、飲酒時のカロリーの摂り過ぎが主な原因ですが、アルコールの代謝に伴い血液中の脂質が高くなることもあります。[alcoholic-navi.jp]

  • うっ血性心不全

    感染症 透析患者がなりやすい理由 食事制限や透析膜からの栄養素の漏出による栄養状態の不良 細菌等に対する白血球機能の低下 (考えられる原因:リン・カルシウム及び鉄の代謝異常) 糖尿病患者の増加 (考えられる原因:血糖のコントロール不良による抵抗力の低下) 尚、透析患者に起こりやすい感染症としては主に次のような疾患が考えられます。[k-enshu.ja-shizuoka.or.jp]

  • 子癇前症

    における有意な体重減少は5年間にわたって維持され得る 現在星3.7142855/5 つ. 1 2 3 4 5 3.5 星 CLLにおけるPCV13ワクチンの免疫反応はPPSV23よりも優れている EHA 現在星3.142857/5 つ. 1 2 3 4 5 3.5 星 米国糖尿病学会:シタグリプチンは、心血管リスクが高い糖尿病患者において血糖[smartmed.jp] それらは、インスリン耐性の病歴、太り過ぎであること、運動不足、糖分および高血糖食品の過剰摂取、フリーラジカル生産の上昇、抗酸化レベルの低下、ホモシステインの上昇、胎盤や他の組織への血流不良(血管収縮の原因)、栄養上の欠乏(特にカルシウム、マグネシウム、オメガ3脂肪酸、アルギニン、そしてタンパク質)に加えて、情緒的ストレスおよび交感神経系優性[naturopathiccurrents.com] 2019.04.17 ECCMID 2019 - 糞便微生物叢移植は癌患者の多剤耐性細菌を根絶する 2019.04.17 ECCMID 2019 - 個別化抗生物質療法は腸内マイクロバイオームに有益となりうる 2019.04.16 さらに見る 海外カンファレンスレポート 閲覧回数順 米国糖尿病学会:シタグリプチンは、心血管リスクが高い糖尿病患者において血糖[smartmed.jp]

  • 門脈性肝硬変

    これは、肝硬変になった肝臓は、グルカゴン、成長ホルモン、糖質コルチコイドといった血糖値を上昇させるホルモンが来ても、肝臓に蓄えることのできるグリコーゲンの量が減少するためグリコーゲンの分解による血糖維持を続けることが難しくなる上に、肝臓において コリ回路 をはじめとする 糖新生 の能力も低下するためである。[ja.wikipedia.org]

  • アジソン病

    コルチコステロイドが不足すると、 インスリン への感受性が極めて高くなり、血糖は危険なまで低下することがあります(低血糖)。また、タンパク質から炭水化物をつくったり、感染に抵抗したりする働きが損なわれるほか、炎症の制御も妨げられます。筋力は衰え、心臓が弱くなって十分な血液を送ることができなくなります。[msdmanuals.com] 体重減少,疲労,食欲不振,悪心,皮質粘膜の 色素 沈着,血圧および血糖低下などが認められる。いずれも 副腎皮質 から分泌される ミネラルコルチコイド や, グルココルチコイド の欠乏に基づく症状で,治療としては,これらのホルモンの適当量を補給する。[kotobank.jp] 血液検査の結果では ・血糖の著しい低下 ・腎機能の悪化 ・電解質のアンバランス ・炎症反応を示すCRPの著しい上昇 が認められました。 超音波検査では ショック症状を引き起こすような 内臓器の損傷などはなく、 明らかな異常は認められませんでした。 検査結果が出てくるに従い、 いくつかの病名が頭に浮かんできました。[chuou-aiken.com]

  • 肝不全

    カリウムの血中濃度の低下(低カリウム血症)や血糖低下(低血糖)などの代謝異常がみられることもあります。[msdmanuals.com]

さらなる症状