Create issue ticket

考えれる12県の原因 血管閉塞危機

  • 鎌状赤血球症

    鎌状赤血球症(かまじょうせっけっきゅうしょう)は遺伝性の貧血病で、赤血球の形状が鎌状になり酸素運搬機能が低下して起こる貧血症。鎌状赤血球貧血症ともいう。ICD-10分類ではD57。ほとんどが黒人に発症し主にアフリカ、地中海沿岸、中近東、インド北部で見られる。 常染色体不完全優性遺伝をする。遺伝子型がホモ接合型の場合、常時発症しているのでたいていは成人前に死亡するが、遺伝子型がヘテロ接合型の場合、低酸素状態でのみ発症するので通常の日常生活は営める。[…][ja.wikipedia.org]

  • 梗塞性後大脳動脈閉塞

    脳ヘルニアに至ると脳幹と呼ばれる命の中枢を担う役割の部位を直接圧迫し意識障害の原因となったり、脳の血管閉塞(脳梗塞の合併)させたりすることで生命の危機に陥ってしまいます。 治療方法 治療の最大の目標は腫瘍をできるだけ小さくし、腫瘍の増大を遅らせる事です。[n-watanabe-hosp.jp]

  • 虚血性潰瘍

    それと同様なことが足の血管にもおきるのが閉塞性動脈硬化症で、下肢(上肢は少ない)を栄養する動脈が高血圧、高脂血症、糖尿病、高脂血症(脂質異常症)といった生活習慣病や加齢現象によっておこってくる動脈硬化により細くなったりつまってしまうことによって、足の先が栄養不足になり発生します。[showa-u.ac.jp] また、脳の血管が詰まってしまうと脳梗塞となり重症では半身不随となったり生命に危機がおよびます。[showa-u.ac.jp]

  • 血液量減少症

    ショックの原因は,循環血液量の減少(循環血液量減少性ショック),血管拡張(血液分布異常性ショック),一次性の心拍出量の減少(心原性および閉塞性ショックの両方),またはこれらの組み合わせである。 循環血液量減少性ショック 循環血液量減少性ショックは,血管内容量の危機的な減少により生じる。[msdmanuals.com]

  • 後大脳動脈閉塞

    脳ヘルニアに至ると脳幹と呼ばれる命の中枢を担う役割の部位を直接圧迫し意識障害の原因となったり、脳の血管閉塞(脳梗塞の合併)させたりすることで生命の危機に陥ってしまいます。 治療方法 治療の最大の目標は腫瘍をできるだけ小さくし、腫瘍の増大を遅らせる事です。[n-watanabe-hosp.jp]

  • 後大脳動脈の血栓症

    脳ヘルニアに至ると脳幹と呼ばれる命の中枢を担う役割の部位を直接圧迫し意識障害の原因となったり、脳の血管閉塞(脳梗塞の合併)させたりすることで生命の危機に陥ってしまいます。 治療方法 治療の最大の目標は腫瘍をできるだけ小さくし、腫瘍の増大を遅らせる事です。[n-watanabe-hosp.jp]

  • ショック

    ショックの原因は,循環血液量の減少(循環血液量減少性ショック),血管拡張(血液分布異常性ショック),一次性の心拍出量の減少(心原性および閉塞性ショックの両方),またはこれらの組み合わせである。 循環血液量減少性ショック 循環血液量減少性ショックは,血管内容量の危機的な減少により生じる。[msdmanuals.com]

  • 頭蓋内圧亢進

    脳ヘルニアに至ると脳幹と呼ばれる命の中枢を担う役割の部位を直接圧迫し意識障害の原因となったり、脳の血管閉塞(脳梗塞の合併)させたりすることで生命の危機に陥ってしまいます。 治療方法 治療の最大の目標は腫瘍をできるだけ小さくし、腫瘍の増大を遅らせる事です。[n-watanabe-hosp.jp]

  • 頭蓋内膿瘍

    脳ヘルニアに至ると脳幹と呼ばれる命の中枢を担う役割の部位を直接圧迫し意識障害の原因となったり、脳の血管閉塞(脳梗塞の合併)させたりすることで生命の危機に陥ってしまいます。 治療方法 治療の最大の目標は腫瘍をできるだけ小さくし、腫瘍の増大を遅らせる事です。[n-watanabe-hosp.jp]

  • 脳浮腫

    脳ヘルニアに至ると脳幹と呼ばれる命の中枢を担う役割の部位を直接圧迫し意識障害の原因となったり、脳の血管閉塞(脳梗塞の合併)させたりすることで生命の危機に陥ってしまいます。 治療方法 治療の最大の目標は腫瘍をできるだけ小さくし、腫瘍の増大を遅らせる事です。[n-watanabe-hosp.jp]

さらなる症状