Create issue ticket

考えれる12県の原因 血管芽腫

  • 上衣腫

    放射線感受性が高い腫瘍 胚細胞腫、髄、脳室上衣 放射線感受性が低い腫瘍 神経膠、髄膜血管、頭蓋咽頭腫など 頭蓋咽頭腫は高頻度に石灰化がみられる。髄膜腫もしばしば石灰化を伴い、造影剤使用CTまたはMRI(Gd造影T1強調画像)で、均一な増強効果を認める("dural tail sign" - 硬膜と腫瘍の付着 - が特徴)。[ja.wikipedia.org] 放射線による障害 [ 編集 ] 一般的に、小児の脳への放射線による障害には、知能低下、聴力低下、 視床下部 や 下垂体 に放射線があたることによる 内分泌 障害( 成長ホルモン 欠乏など)、脳血管障害( 脳梗塞 など)、 髄膜 や 神経膠腫 などの二次がんの発生、 白質脳症 などが知られている [13] [14] 。[ja.wikipedia.org]

  • 髄膜腫

    放射線感受性が高い腫瘍 胚細胞腫、髄、脳室上衣 放射線感受性が低い腫瘍 神経膠、髄膜血管、頭蓋咽頭腫など 頭蓋咽頭腫は高頻度に石灰化がみられる。髄膜腫もしばしば石灰化を伴い、造影剤使用CTまたはMRI(Gd造影T1強調画像)で、均一な増強効果を認める("dural tail sign" - 硬膜と腫瘍の付着 - が特徴)。[ja.wikipedia.org]

  • 血管芽腫

    関連項目 [ 編集 ] フォン・ヒッペル・リンドウ病 脚注 [ 編集 ] a b c “ 血管 hemangioblastoma,フォン・ヒッペル・リンドウ病 VHL ”. 澤村豊. 2018年8月14日 閲覧。 “ 脳神経外科の病気:血管 ”. 徳洲会 . 2018年8月14日 閲覧。 “ 血管 ”.[ja.wikipedia.org] のう胞性血管の増大速度と症候性となる確率は高いと書かれています。また脊髄血管では22mm3以上のもので症候性となる確率が高いとの結果です。 フォン・ヒッペル・リンドウ病と血管の発生 フォンヒッペルリンドウ病に合併した大きな右小脳半球血管です。[plaza.umin.ac.jp] 血管とは 血管は成人の小脳半球、小脳虫部、延髄、脊髄に発生する良性腫瘍です。名前からわかるように、血管性の構造からなる腫瘍ですが出血することはまれです。基本的には良性ですが、まれに、脳・脊髄のくも膜下腔に広範囲に腫瘍が浸潤し、急速に進行して橋・延髄の圧迫により死亡に至るような場合もあります。[twmu-mcens.jp]

  • 神経膠腫

    放射線感受性が高い腫瘍 胚細胞腫、髄、脳室上衣 放射線感受性が低い腫瘍 神経膠、髄膜血管、頭蓋咽頭腫など 頭蓋咽頭腫は高頻度に石灰化がみられる。髄膜腫もしばしば石灰化を伴い、造影剤使用CTまたはMRI(Gd造影T1強調画像)で、均一な増強効果を認める("dural tail sign" - 硬膜と腫瘍の付着 - が特徴)。[ja.wikipedia.org]

  • 頭蓋咽頭腫

    放射線感受性が高い腫瘍 胚細胞腫、髄、脳室上衣 放射線感受性が低い腫瘍 神経膠、髄膜血管、頭蓋咽頭腫など 頭蓋咽頭腫は高頻度に石灰化がみられる。髄膜腫もしばしば石灰化を伴い、造影剤使用CTまたはMRI(Gd造影T1強調画像)で、均一な増強効果を認める("dural tail sign" - 硬膜と腫瘍の付着 - が特徴)。[ja.wikipedia.org]

  • 悪性神経膠腫

    放射線感受性が高い腫瘍 胚細胞腫、髄、脳室上衣 放射線感受性が低い腫瘍 神経膠、髄膜血管、頭蓋咽頭腫など 頭蓋咽頭腫は高頻度に石灰化がみられる。髄膜腫もしばしば石灰化を伴い、造影剤使用CTまたはMRI(Gd造影T1強調画像)で、均一な増強効果を認める("dural tail sign" - 硬膜と腫瘍の付着 - が特徴)。[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体優性多発性嚢胞腎

    フォンヒッペル・リンドウ病 フォンヒッペル・リンドウ病は常染色体優性遺伝性疾患で,網膜や中枢神経の血管,腎嚢胞,腎細胞癌,膵嚢胞,褐色細胞腫,精巣上体の乳頭嚢胞腺腫を生じる.腎嚢胞は通常多発性,両側性でしばしば多発性の充実性腫瘍を合併する.充実性腫瘍を伴わない場合は本症の腎臓はADPKDのそれに似ている.[grj.umin.jp]

  • 肝芽腫

    そのほか稀なものとして上記の混合型や肝などがある。 非上皮性腫瘍 良性:血管腫など。 悪性:血管肉腫など。 その他の腫瘍:孤在性線維性腫瘍など。 造血細胞性およびリンパ性腫瘍 二次性腫瘍(転移性肝癌):他の臓器のがんが肝臓に転移したもの。 腫瘍に類似した上皮の異常:過形成、異形成など。[ja.wikipedia.org]

  • 肝細胞癌

    そのほか稀なものとして上記の混合型や肝などがある。 非上皮性腫瘍 良性:血管腫など。 悪性:血管肉腫など。 その他の腫瘍:孤在性線維性腫瘍など。 造血細胞性およびリンパ性腫瘍 二次性腫瘍(転移性肝癌):他の臓器のがんが肝臓に転移したもの。 腫瘍に類似した上皮の異常:過形成、異形成など。[ja.wikipedia.org]

  • 神経外胚葉性腫瘍

    放射線感受性が高い腫瘍 胚細胞腫、髄、脳室上衣 放射線感受性が低い腫瘍 神経膠、髄膜血管、頭蓋咽頭腫など 頭蓋咽頭腫は高頻度に石灰化がみられる。髄膜腫もしばしば石灰化を伴い、造影剤使用CTまたはMRI(Gd造影T1強調画像)で、均一な増強効果を認める("dural tail sign" - 硬膜と腫瘍の付着 - が特徴)。[ja.wikipedia.org] 照射野に 髄膜 や神経 膠腫 などの 二次がん が発生することもある。放射線単独で 白質 脳症も発生する。 蝸牛 への照射は 難聴 の原因となる。[ja.wikipedia.org] その他の晩期障害 [ 編集 ] 知能の低下のみならず、全脳照射により、 下垂体 に多量の放射線があたると、 成長ホルモン 等の 内分泌 不全の障害が生じたり、下垂体の近くには脳の主要な血管が集中しているため、平均で放射線療法後3年で、 脳血管障害 が生じて 脳梗塞 になることがある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状