Create issue ticket

考えれる2,602県の原因 血管炎

  • 頸動脈狭窄症

    急性期脳梗塞例では発症時に失神を伴った例や明らかな塞栓源を指摘できない症例で注意が必要である 高安動脈高安動脈は大動脈とその分岐に閉塞や狭窄をきたす肉芽腫性血管である。比較的若い女性に好発し、急性期に倦怠感、体重減少、発熱を認め、赤沈が亢進する。[ja.wikipedia.org]

  • 急性中耳炎

    細菌以外の原因としてはANCA関連血管との関係が指摘されており、多発血管性肉芽腫症(ウェゲナー肉芽腫症)の認定基準の1つに中耳が含まれているほか、好酸球性多発血管性肉芽腫症(チャーグ・ストラウス症候群)では好酸球性中耳炎を合併することがある。 急性中耳炎:耳の痛み、発熱、聴力低下を伴う。[ja.wikipedia.org]

  • 関節リウマチ

    海外では悪性関節リウマチに類似した病態は「関節リウマチに伴った血管」との考えから「リウマトイド血管(rheumatoid vasculitis)」と呼ばれています。 2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか 平成28年度の指定難病受給者証を持っていた患者数は6067名です。[nanbyou.or.jp] 上強膜炎や強膜炎が見られることがあるが、強膜を発症している場合は通常その他の関節外症状も合併していることが多く、血管の一症状である可能性があり、悪性関節リウマチの診断を念頭におかねばならない。 間質性肺炎、気道病変、胸膜病変、リウマチ結節、血管病変、睡眠時無呼吸症候群(顎関節病変、輪状披裂関節病変)などを合併することがある。[ja.wikipedia.org] 関節リウマチは、全身性の病気であり、全身の関節に炎症(関節)がおこり、長い年月をかけて徐々に進行しますが、この関節リウマチのなかで,全身の血管に炎症(血管)を伴う場合を特に悪性関節リウマチと呼びます。[asahi-kasei.co.jp]

  • 関節炎

    細菌性心内膜炎 慢性多関節の早期慢性多関節の早期は急性多関節のように見えることもある。このような疾患には関節リウマチ、SLE、血管といった結合組織疾患も含まれる。 その他敗血症、リウマチ熱、ライム病、血清病様反応でも認められることがある。 慢性単関節炎は非炎症性の関節症、炎症性の関節炎で分類されることが多い。[ja.wikipedia.org] Rule of 2sといわれているが、細胞数が多いほど、分画で好中球が多いほど化膿性関節の可能性が高くなる。 血性の関節液の場合は多くは関節腔内の小血管の損傷である。関節液の特徴と疾患を下記のようにまとめる。 化膿性関節は結晶誘発性関節炎や外傷性関節炎とともに急性単関節炎を起こす代表的な疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • 結節性紅斑

    に壊死性血管を認めたため,結節性多発動脈炎(PN),特に皮膚型PN(cutaneous PN)との鑑別を要したが,症状や検査所見を一元的に説明し得るのはBDと判断した.BDでは,EN様皮疹などの皮膚病変において壊死性血管を呈することは稀とされる.しかし,BDとPNの間には,部分的に共通する病態が存在することや,BDの中にはPN様の壊死性血管[jstage.jst.go.jp] 【診断 】 1)結節性紅斑 結節性紅斑は、通常、特徴的な臨床症状から診断されますが、同じく下腿に赤いしこりを生じる結節性多発動脈(膠原〈こうげん〉病に含まれる血管)やバザン硬結性紅斑(結核菌に対するアレルギー反応で起こる血管)と鑑別しなくてはいけない場合があります。[jlogos.com] 皮膚生検では、異型を伴わないリンパ球や好中球が浸潤する隔壁性(中隔性)脂肪織を呈する。通常は血管や脂肪の変性を伴わない[3]。 鑑別診断は、 蜂窩織炎 、 遊走性血栓性静脈炎 、うっ滞性脂肪織炎、Weber-Christian病、皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫( 悪性リンパ腫 )である。[clinicalsup.jp]

  • 皮膚白血球破砕性血管炎

    内科学 第10版 の解説 皮膚白血球破砕性血管(血管症候群) (13)皮膚白血球破砕性血管(cutaneous leukocytoclastic angiitis) 概念 皮膚に限局した小型血管で,全身性血管や糸球体腎を伴わないものである.単一の疾患単位でなく,「白血球破砕性血管」という特徴的な病理所見を呈する一連の病態の総称[kotobank.jp] 本疾患は毛細血管及び細動静脈に血管を招くものであり、皮膚に限定したものを指していて、糸球体腎及び全身性血管を随伴させません。 治療法 重症化したケースでは副腎皮質ステロイド、免疫抑制薬が投与され、また血症交換療法も適用されます。その他、原因が特定される場合は、その治療を行います。[lalso.com] 各論では,一次性血管,二次性血管や多様な血管障害を紹介しており,臨床の場で遭遇する血管血管病変のほとんどを網羅している。Chapel-Hill分類や既存の血管分類をはるかに超えた,詳細にして明解な内容で,かつ,成書の皮膚血管の病理的解釈に物申す気概を感じる。[igaku-shoin.co.jp]

  • 多発血管炎性肉芽腫症

    多発血管性肉芽腫症 ( 英語 : Granulomatosis with polyangiitis; GPA )は全身性の 血管 で、中〜小型 動脈 を傷害する疾患。 1939年 ドイツ の病理学者 Wegenerにより報告された。[ja.wikipedia.org] 概要 1.概要 多発血管性肉芽腫症は、以前はウェゲナー肉芽腫症と称されていた疾患で、病理組織学的に(1)全身の壊死性肉芽腫性血管、(2)上気道と肺を主とする壊死性肉芽腫性、(3)半月体形成腎を呈し、その発症機序に抗好中球細胞質抗体(antineutrophil cytoplasmic antibody:ANCA))が関与する血管症候群[nanbyou.or.jp] 全身の諸臓器の小型血管に炎症が生じる疾患群です。顕微鏡的多発血管(MPA)(下記(1)),多発血管性肉芽腫症(GPA)(下記(2)),好酸球性多発血管性肉芽腫症(EGPA)(下記(3))の3疾患があります。[aichi-med-u.ac.jp]

  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

    全身の諸臓器の小型血管に炎症が生じる疾患群です。顕微鏡的多発血管(MPA)(下記(1)),多発血管性肉芽腫症(GPA)(下記(2)),好酸球性多発血管性肉芽腫症(EGPA)(下記(3))の3疾患があります。[aichi-med-u.ac.jp] 病理組織学的特徴は、真皮小血管を中心に核塵を伴い、血管周囲の好中球と著明な好酸球浸潤を認める細小血管の肉芽腫性あるいはフィブリノイド変性を伴う壊死性血管や白血球破砕性血管(leukocytoclastic vasculitis)が認められ、ときに、血管外に肉芽腫形成が観察される。[nanbyou.or.jp] 従来、アレルギー性肉芽腫性血管(allergic granulomatous angiitis: AGA)あるいはChurg Strauss症候群の呼称があったが、2012年改訂Chapel Hill分類において小型血管のうちのANCA関連血管のサブカテゴリーの中へ分類され、現在の好酸球性多発血管性肉芽腫症 (eosinophilic[vas-mhlw.org]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    小林茂人「血管症候群」『家庭の医学』、gooヘルスケア 免疫疾患調査研究班(難治性血管)『 結節性動脈周囲 (2)顕微鏡的多発血管(公費対象)』難病情報センター、2011年7月29日 日本リウマチ財団「全身性血管」リウマチ情報センター 難病情報センター 結節性動脈周囲 (2)顕微鏡的多発血管 特定疾患情報[ja.wikipedia.org] この病気に関する資料・関連リンク ANCA関連血管の診療ガイドライン2017 ANCA関連血管.com 抗好中球細胞質抗体関連血管に対するリツキシマブ療法に関するステートメント 治験情報の検索[nanbyou.or.jp] 結節性多発動脈(PAN)、川崎病(KD)、中枢神経限局性血管(原発性肉芽腫性中枢神経系血管 PACNS)などがあげられる。 好酸球性多発血管性肉芽腫症,(アレルギー性肉芽腫性血管,チャーグ・ストラウス症候群;CSS)、多発血管性肉芽腫症(GPA, 旧称ウェゲナー肉芽腫症;WG)、顕微鏡的多発血管(MPA)があげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 血管炎

    結節性多発動脈(PAN)、川崎病(KD)、中枢神経限局性血管(原発性肉芽腫性中枢神経系血管 PACNS)などがあげられる。 好酸球性多発血管性肉芽腫症,(アレルギー性肉芽腫性血管,チャーグ・ストラウス症候群;CSS)、多発血管性肉芽腫症(GPA, 旧称ウェゲナー肉芽腫症;WG)、顕微鏡的多発血管(MPA)があげられる。[ja.wikipedia.org] さらに、ANCA関連血管には顕微鏡的多発血管、多発血管性肉芽腫症、好酸球性多発血管性肉芽腫症の3つの疾患が、免疫複合体性小型血管には抗糸球体基底膜抗体病(抗GBM病)、クリオグロブリン血症性血管、IgA血管(Henoch-Schönlein紫斑病)、低補体血症性蕁麻疹様血管(抗C1q血管)がそれぞれ含まれます。[twmu.ac.jp] 各論では,一次性血管,二次性血管や多様な血管障害を紹介しており,臨床の場で遭遇する血管血管病変のほとんどを網羅している。Chapel-Hill分類や既存の血管分類をはるかに超えた,詳細にして明解な内容で,かつ,成書の皮膚血管の病理的解釈に物申す気概を感じる。[igaku-shoin.co.jp]

さらなる症状

類似した症状