Create issue ticket

考えれる1,152県の原因 血管性浮腫

  • 過敏症

    解熱鎮痛薬(NSAIDs)による蕁麻疹/血管浮腫とは 解熱鎮痛薬を使用後、数分から半日して、地図上に盛り上がったかゆみをともなう蕁麻疹、もしくは唇や眼瞼(まぶた)、顔面が膨らんでしまう(血管浮腫と呼びます)副作用があった場合、解熱鎮痛薬による蕁麻疹/血管浮腫の可能があります。[sagamihara.hosp.go.jp] これにより、血管拡張や血管透過亢進などが起こり、浮腫、掻痒などの症状があらわれる。この反応は抗原が体内に入るとすぐに生じ、即時型過敏と呼ばれ、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、蕁麻疹等の症状を伴う。また、反応が激しく、全身性のものをアナフィラキシーと呼び、さらに急速な血圧低下によりショック状態を呈したものをアナフィラキシーショックという。[ja.wikipedia.org] 蕁麻疹/血管浮腫の原因はさまざまですが、薬が原因となる場合があり、なかでも解熱鎮痛薬によるものが多いことが知られています。慢性蕁麻疹の患者さんの20-35%は、解熱鎮痛薬で悪化するとされていますが、普段まったく症状がなくて、解熱鎮痛薬を使用した時だけ蕁麻疹 /血管浮腫が出る場合もあります。[sagamihara.hosp.go.jp]

  • 副鼻腔炎

    副鼻腔炎(ふくびくうえん、Sinusitis)は、副鼻腔に炎症がおきる病気。慢性の副鼻腔炎の俗称は蓄膿症(ちくのうしょう)。症状が4週未満の場合は急性副鼻腔炎(ARS)、12週以上続く場合は慢性副鼻腔炎(CRS)と定義される。 原因には感染症、アレルギー、大気汚染、鼻の構造的問題などがある。大部分はウイルス感染症である。症状が10日以上続いたり、悪化していく場合は細菌感染症が疑われる。再発エピソードは喘息、嚢胞性線維症、免疫機能低下の者に多い。X線は合併症が疑われる場合を除いて必要ない。慢性ケースでは、直接造影やCTにより確定検査が推奨される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 血管性浮腫

    遺伝血管浮腫 出典 小学館 デジタル大辞泉について 情報 凡例 大辞林 第三版 の解説 出典 三省堂 大辞林 第三版について 情報 日本大百科全書(ニッポニカ) の解説 血管浮腫 けっかんせいふしゅ 皮膚や粘膜に急激に局所浮腫をきたす深在型の じんま疹 (しん) で、血管神経浮腫、クインケ浮腫、巨大じんま疹ともいう。[kotobank.jp] ACE阻害薬はアンギオテンシン変換酵素(ACE)を阻害することからアンギオテンシンⅡを抑制して降圧作用を示し、一方で、ACEのブラジキニン不活化作用を抑制してブラジキニンの蓄積により血管透過亢進と血管浮腫が発症するとされる。炎症所見の乏しい咽喉頭の浮腫を認めた場合には遺伝や薬剤などの血管浮腫を念頭に置くべきと考えた。[imic.or.jp] アスピリンや非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)(痛み: 非ステロイド抗炎症薬を参照)など、特定の薬も慢性のじんま疹や血管浮腫の原因になります。多くの場合で原因は特定できません。じんま疹を伴わない慢性の血管浮腫は、遺伝血管浮腫の可能性があります。 【症状と診断】 じんま疹は、かゆみから始まりすぐに膨疹が現れます。[mh.rgr.jp]

  • アナフィラキシー

    アナフィラキシーで見られる症状には多尿、呼吸困難(呼吸促迫)、低血圧、脳炎、失神、意識不明、蕁麻疹、紅潮、流涙(血管浮腫やストレスによる)、嘔吐、掻痒、下痢、腹痛、不安、血管浮腫(口唇、顔面、首、咽喉の腫脹などがある。悪寒や戦慄などはアナフィラキシーショックの前駆症状である場合がある。[ja.wikipedia.org] その他の症状には、チクチク感(針で刺される感じ)、めまい、かゆみ、皮膚の紅潮、せき、鼻水、くしゃみ、 じんま疹 、皮下組織の腫れ(血管浮腫)があります。のどや気道が収縮したり腫れたりするため呼吸困難になり、喘鳴も起こります。吐き気、嘔吐、腹部けいれん、下痢がみられることもあります。[msdmanuals.com] 特殊な蕁麻疹として、まぶたや唇(くちびる)が膨(ふく)れあがるものがあり、これらは血管浮腫あるいはクインケ浮腫と呼ばれます。血管浮腫は、通常の蕁麻疹と異なり痒みを伴わないことが多く、また一度現れると2,3日かかって元に戻ります。[jsa-pr.jp]

  • 後天性血管浮腫

    血管浮腫の治療方法 】 医薬品等の副作用によって発症した場合は医薬品の使用をやめて、内科で診療を受けることで適切な治療を受けることが出来ます。軽症なら抗生物質の投与で、血管浮腫の症状を治すことが出来ます。[hospita.jp] 血管浮腫のタイプ 血管浮腫は、アレルギー性血管浮腫、遺伝血管浮腫(HAE)、後天血管浮腫、アンジオテンシン変換酵素阻害薬による血管浮腫、物理的刺激による血管浮腫、好酸球増多をともなう好酸球血管浮腫、原因が特定しにくい特発血管浮腫のタイプが挙げられています。[kumitasu.com] 血管浮腫は医薬品以外の原因によっても起こることがあるため、血管浮腫と診断したのちに、補体系の異常を検索して血管浮腫の原因を鑑別する必要がある(図2 (1)血管浮腫の原因の鑑別 ①遺伝血管浮腫 (hereditary angioedema: HAE ) 臨床的には 蕁麻疹 を伴わないことが特徴である。[naoru.com]

  • 浮腫

    圧痕浮腫の原因: 心不全、ネフローゼ症候群、肝硬変、薬剤など。 非圧痕浮腫の原因: 甲状腺機能低下症による粘液水腫、好酸球血管浮腫(angioedema with eosinophilia)、リンパ水腫など。 まず第一に全身性浮腫か局所性浮腫かどうかの判断を行う。[ja.wikipedia.org] 全身性浮腫には心原性(心不全など)、腎原性(腎不全やネフローゼ症候群など)、肝疾患(肝硬変など)、内分泌疾患(甲状腺機能低下症など)、妊娠中毒症、低栄養(低アルブミン血症やビタミン欠乏症など)、薬物(非ステロイド抗炎症薬やステロイド抗炎症薬)、血管浮腫(局所の場合もある)などが知られている。[ja.wikipedia.org] 浮腫発症のメカニズムとしては浸透圧の低下、血圧上昇(静脈・リンパ管のうっ滞あるいは閉塞)、血管透過亢進などがあげられる。 炎症反応によるものの場合には、サイトカインやケモカイン、神経伝達物質により血管の透過性亢進により血管から間質へ水分が移動する。 心疾患では静脈圧の上昇が主因となり、間質へ水分が移動する。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性血管性浮腫

    血管浮腫(クインケ浮腫)と遺伝血管浮腫 「今日もまたクインケ浮腫で、唇が腫れています。」 このようなクインケ浮腫に関するブログを見ますが、クインケ浮腫とはどんな疾患なのでしょうか?分かっているつもりでも、実はそうでないことがあるかもしれません。 クインケ浮腫は、血管浮腫(突発性の部分的な浮腫)の別名です。[create2011.jp] C1インヒビターは免疫系に関係する物質でもあり、遺伝血管浮腫は原発免疫不全症候群という病気の仲間として国から難病に指定されています。 また、遺伝血管浮腫以外にも、同じような浮腫を起こす病気は多くあります。遺伝血管浮腫を含め、血管浮腫と呼ばれる病気には、クインケ浮腫、薬剤の副作用、じんましんなどがあります。[medicalnote.jp] 遺伝血管浮腫(HAE) トーク情報 hisa hisa 2年前 はじめまして! 3児の母でhisaさんと同じHAEです。 症状はかなり軽いですが、よろしかったら、お話してください。 同じ病気の方を見つけられてうれしいです。 hisa hisa 2年前 体調はどうですか? 私は毎日、喉の違和感と唇の腫れぼったい感じがします。[7gogo.jp]

  • 腎糸球体疾患

    主要な研究テーマ 研究の主体は、原因に関わらない糸球体障害進展機序を明らかにすることです。つまり、糸球体という腎機能に最も重要な微小器官の恒常性の破綻と、それに対する糸球体内部環境の応答を明らかにすることで、腎障害因子が何であっても、その後に起きる糸球体の様々な変化(病変)を、形と分子でドキュメントすることで、どのようにして(how)糸球体が壊れるのか、そのルールを見つけることです。私たちがずっと注視しているのが、ポドサイトという細胞で、糸球体機能の中枢を担っています( ポドサイトについて )。[…][md.tsukuba.ac.jp]

  • 特発性好酸球増加症

    発熱、体重減少、貧血、倦怠感、咳、呼吸困難、筋肉痛、血管浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる。 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきたが、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない。[ja.wikipedia.org] 症状 [ 編集 ] 発熱、体重減少、貧血、倦怠感、咳、呼吸困難、筋肉痛、血管浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる [4] [8] 。 疫学 [ 編集 ] 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきた [4] が、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。[ja.wikipedia.org] 慢性好酸球白血病または好酸球増多症候群は、 倦怠感 発熱 咳 呼吸困難 筋肉痛 血管浮腫 心臓・肺・皮膚・神経系・眼球・肝胆道系・消化器系などの臓器障害 好酸球の著しい増加―といった症状などが認められる疾患で、ステロイド投与などの治療を行います。[medwatch.jp]

  • 慢性好酸球性白血病

    慢性好酸球白血病または好酸球増多症候群は、 倦怠感 発熱 咳 呼吸困難 筋肉痛 血管浮腫 心臓・肺・皮膚・神経系・眼球・肝胆道系・消化器系などの臓器障害 好酸球の著しい増加―といった症状などが認められる疾患で、ステロイド投与などの治療を行います。[medwatch.jp] 症状 [ 編集 ] 発熱、体重減少、貧血、倦怠感、咳、呼吸困難、筋肉痛、血管浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる [4] [8] 。 疫学 [ 編集 ] 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきた [4] が、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状