Create issue ticket

考えれる292県の原因 血球貪食

  • 伝染性単核球症

    まれに脳炎や、白血球が他の血球を破壊してしまう「血球貪食症候群」などの重い合併症を引き起こすこともある。 感染が疑われたら、血中にEBウイルスの抗体があるかどうか調べる。EBウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬はまだない。また、EBウイルス感染者がペニシリン系の抗生物質を服用すると発疹が出るため使用は避ける。[medical.jiji.com] 特に重症である例(発熱が長期に持続する、全身状態が著しく不良である、血球減少が見られ血球貪食症候群の合併が懸念される、など)では副腎皮質ステロイド投与やガンマグロブリン大量投与が行われることもある。[ja.wikipedia.org] この病気が怖いのは、 進行すると治療の効きにくい悪性リンパ腫や、血球貪食症候群といった重篤な病気となってしまう危険がある ことです。 発症しやすさには地域差があり、日本、韓国、中国などの東アジアに患者が集中していることがわかっています。 治療法は?研究は進んでいるの? この病に治療法はあるのでしょうか?[news.yahoo.co.jp]

  • 種痘様水疱症様リンパ腫

    血球貪食(どんしょく)症候群に陥ることもあります。血球貪食症候群にかかると重度の血球減少(赤血球、白血球、血小板の減少)が生じ、血が止まりにくい、ほかの感染症へかかりやすいといった症状のほか、多臓器不全に進行することがあり、注意が必要です。[medicalnote.jp] 末梢血 や 骨髄液 中のリンパ球の増加、 血球貪食症候群 を呈している症例では、血球減少と骨髄中への( 単球 ではなく)の増生、可溶性 IL-2レセプター 高値、血清 フェリチン 高値などが見られる。 肝障害症例 - 肝生検 で肝実質へのリンパ球の集積がみられる。これらのリンパ球はEBER-1などの 免疫染色 でEBウイルス陽性を示す。[ja.wikipedia.org] 合併症 多臓器不全、血球貪食症候群、悪性リンパ腫、蚊刺過敏症、種痘様水疱症。 6.[nanbyou.or.jp]

  • 血小板減少症

    検査所見上は白血球減少、血小 板減少、AST・ALT・LDHの血清逸脱酵素の上昇が多くの症例で認められ、血清フェリチンの上昇や骨髄での血球貪食像も認められることがある。致死率は6.3〜30%と報告されている。感染経路はマダニ(フタトゲチマダニなど)を介したものが中心だが、血液等の患者体液との接触により人から人への感染も報告されている。[niid.go.jp] 鑑別されるべき疾患の例としては、 白血病 、 再生不良性貧血 、 骨髄異形成症候群 、 播種性血管内凝固症候群 、 血球貪食症候群 、偽性血小板減少症、など。近年、網状血小板率(感度・特異性とも80%以上)、antigen capture ELISA( 感度 は低いが、 特異度 が非常に高い)が注目されている。[ja.wikipedia.org]

  • 家族性血球貪食性リンパ組織球症

    血球貪食性リンパ組織球症(hemophagocytic lymphohistiocytosis HLH ,hemophagocytic syndrome HPS)とは 発熱、肝脾腫、出血傾向、発疹、神経症状などの高サイトカイン血症(サイトカインストーム)によるマクロファージ活性化兆候を呈し、骨髄、リンパ節、肝、脾などの網内系臓器に血球貪食細胞[senoopc.jp] 早期に血球貪食症候群を発見し早期に治療を行うことが非常に重要です。まずは、血球貪食症候群の大元の原因となっている基礎疾患の治療を優先します。これらの治療に並行して、血球貪食症候群特有の病状に対する治療を行います。 基礎疾患に対する治療 感染症が血球貪食症候群の原因の場合、抗生物質、抗真菌薬や抗ウイルス薬で治療を行います。[medicalnote.jp] 骨髄は低形成のことが多く、血球のうち主に赤血球を貪食するマクロファージが増加す る。 6. 主な治療法 家族性血球貪食症候群に対して骨髄移植。二次性の疾患に関しては原疾患の治療に加えて、ステロイド、サイクロスポリンA、VP-16が用いられる。 7. 研究班 血球貪食症候群の病態・診療研究班[nanbyou.or.jp]

  • 高オルニチン血症・高アンモニア血症・ホモシトルリン尿症

    3.医学的知見に基づき1.又は2.に準ずると認められるもの 分類 名称 悪性新生物 白血病 悪性リンパ腫 ランゲルハンス(細胞)組織球症(Histiocytosis X) 神経芽細胞腫 ウィルムス(Wilms)腫瘍 肝芽腫 網膜芽細胞腫 骨肉腫 横紋筋肉腫 ユーイング(Ewing)肉腫 末梢性神経外胚葉腫瘍 脳腫瘍 血液・免疫疾患 血球貪食[city.abiko.chiba.jp] .小児の肺炎球菌感染症については、6歳に達するまでの間 別表 疾病の詳細 分類 名称 悪性新生物 白血病 悪性リンパ腫 ランゲルハンス(細胞)組織球症(Histiocytosis X) 神経芽細胞腫 ウィルムス(Wilms)腫瘍 肝芽腫 網膜芽細胞腫 骨肉腫 横紋筋肉腫 ユーイング(Ewing)肉腫 末梢性神経外胚葉腫瘍 血液・免疫疾患 血球貪食[town.nagaizumi.lg.jp] 実施場所 野田市指定医療機関 別表 悪性新生物 白血病 悪性リンパ腫 ランゲルハンス(細胞)組織球症(Histiocytosis X) 神経芽細胞腫 ウィルムス(Wilms)腫瘍 肝芽腫 網膜芽細胞腫 骨肉腫 横紋筋肉腫 ユーイング(Ewing)肉腫 末梢性神経外胚葉腫瘍 脳腫瘍 血液・免疫疾患 血球貪食リンパ組織球症 慢性活動性EBウイルス[city.noda.chiba.jp]

  • 汎血球減少

    骨髄異形成症候群(MDS) 再生不良性貧血(AA) 巨赤芽球性貧血 発作性夜間血色素尿症(PNH) 血球貪食症候群(HLH) 悪性腫瘍の骨髄への転移 全身性エリテマトーデス(SLE) HIV感染 パルボウイルスB-19感染 薬剤性汎血球減少 - まれではあるが、抗生物質・血圧安定剤などの投薬によって本症候を来たす場合もある。[ja.wikipedia.org] 骨髄腫瘍(白血病、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、骨髄増殖性疾患、固形腫瘍の骨髄転移) 骨髄不全症(再生不良性貧血、骨髄繊維症、発作性夜間ヘモグロビン尿症) 自己免疫性疾患(全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、血球貪食症候群) 感染症(HIVや肝炎、EBウイルスといったウイルス感染症、播種性血管内凝固症候群(DIC)) 栄養(巨赤芽球性貧血[medicalnote.jp] 【結果】血液疾患が判明した疾患群は5症例(骨髄異形成症候群(MDS)2,多発性骨髄腫(MM)1,血管内悪性リンパ腫1,血球貪食症候群1),複数回施行した患者は2名で3回(異常なし MM MDS)と2回(異常なし MDS)であった.赤血球数(疾患群:非疾患群251.8:293.6x10 4 /μL),Ht(23.9:28.9%)は疾患群にて有意[myschedule.jp]

  • リジン尿性蛋白不耐症

    約1/3の患者さんでは白血球数が少ない、貧血、血小板減少などの血液所見がみられ、ウイルス感染の重症化や感染防御能の低下、さらに血球貪食症候群、自己免疫疾患合併の報告など、免疫に関係する症状をもつかたもいらっしゃいます。そのほか、頻度は低いですが肺や腎病変、脳 梗塞 も報告されています。[nanbyou.or.jp] --- 【リジン尿性蛋白不耐症の主な症状】 嘔吐(タンパク過剰摂取後の嘔気/嘔吐) 下痢 体重増加不良 筋緊張低下 肝脾腫 高アンモニア血症による意識障害 低身長(四肢・体幹均衡型) 低体重 疎な毛髪 皮膚や関節の過伸展 骨粗しょう症・頻回骨折 骨成熟の遅延・骨変形 血液免疫学的異常所見 ウイルス感染の重症化・感染防御能の低下 血球貪食症候群[medicalnote.jp] ウイルス感染の重症化や感染防御能の低下、さらに血球貪食症候群、自己免疫疾患合併の報告がある。肺合併症(間質性肺炎、肺胞蛋白症)、腎病変(腎炎、尿細管障害)、血管内皮機能障害に基づくと思われる脳梗塞も報告されている。妊娠時には貧血、出血傾向、妊娠中毒症が生じやすい。[nanbyou.or.jp]

  • 巨赤芽球性貧血を伴わない遺伝性オロト酸尿症

    血球貪食性リンパ組織球症 D761 血球貪食性リンパ組織球症 H00109 H01725 ウイルス関連血球貪食症候群 細菌関連血球貪食症候群 D762 血球貪食症候群, 感染症に関連するもの 黄色肉芽腫 血球貪食症候群 組織球症症候群 網内組織球腫 リンパ腫関連血球貪食症候群 自己免疫関連血球貪食症候群 組織球性壊死性リンパ節炎 エルドハイム・チェスター[kegg.jp] ギッテルマン症候群 ドーパミンβ-水酸化酵素欠損症 GABAアミノ基転移酵素欠損症 クラッベ病 クリグラー・ナジャー症候群 グリセロール尿症 グルカゴノーマ グルココルチコイド抵抗症 グルコース-6-リン酸脱水素酵素(G6PD)異常症 グルコース-6-リン酸脱水素酵素欠乏症 毛様細胞性星細胞腫 血球貪食性リンパ組織球症 血小板減少症(脾機能亢進症[raresnet.com] 組織球症 45 血球貪食性リンパ組織球症 組織と部位が明確に診断さ れている場合。治療終了後 から5年を経過した場合は 対象としないが、再発等が 認められた場合は、再度対 象とする。[miruchienet.com]

  • 少関節炎

    発熱に加え、骨髄の血球貪食されることによる汎血球減少、肝機能障害、凝固異常などがみられ、急速に悪化して多臓器不全・致死的経過を辿ることもあります。 寛解(かんかい) :治療により検査値が正常化し、症状もない状態です。[nanbyou.or.jp] ところが日本を含む東アジアでは発熱性の疾患が多くみられ、血球貪食症候群(けっきゅうどんしょくしょうこうぐん)という、自分の細胞を食べてしまうような、マクロファージ活性化症候群(MAS)に似た病態を起こしやすいという疫学的なデータがあります。[medicalnote.jp] 血球貪食症候群(けっきゅうどんしょくしょうこうぐん) : 免疫担当細胞 であるリンパ球やマクロファージが異常に活性化して、複数の炎症性サイトカイン産生が 亢進 し、自分の細胞を障害する疾患です。[nanbyou.or.jp]

  • 高グロブリン血症性紫斑

    血球貪食性リンパ組織球症 ウイルス関連血球貪食症候群 細菌関連血球貪食症候群 黄色肉芽腫 血球貪食症候群 組織球症症候群 網内組織球腫 リンパ腫関連血球貪食症候群 自己免疫関連血球貪食症候群 組織球性壊死性リンパ節炎 エルドハイム・チェスター病 多中心性細網組織球症 他に分類される疾患における血液および造血器のその他の障害 その他の免疫機構[scuel.me] 血球貪食性リンパ組織球症 D761 血球貪食性リンパ組織球症 H00109 H01725 ウイルス関連血球貪食症候群 細菌関連血球貪食症候群 D762 血球貪食症候群, 感染症に関連するもの 黄色肉芽腫 血球貪食症候群 組織球症症候群 網内組織球腫 リンパ腫関連血球貪食症候群 自己免疫関連血球貪食症候群 組織球性壊死性リンパ節炎 エルドハイム・チェスター[kegg.jp] 主な対象疾患 赤血球系疾患 鉄欠乏性貧血、巨赤芽球性貧血(悪性貧血)、再生不良性貧血、溶血性貧血、赤芽球癆、など 造血系・リンパ系疾患 急性白血病、慢性白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、原発性マクログロブリン血症、真性多血症、本態性血小板血症、骨髄線維症、血球貪食症候群、など 出血性疾患 特発性血小板減少性紫斑病、血小板機能異常症[hosp.u-toyama.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状