Create issue ticket

考えれる584県の原因 血球減少

  • アデノウイルス感染症

    検査所見として特徴的なことは、血清LDH の異常高値、血球減少傾向、ならびに高サイトカイン血症である 5) 。アデノウイルスの特異的な治療法はなく、対症療法が中心となる。特異的な薬剤の開発も進められているが、抗アデノウイルス薬として入手可能な薬剤は今のところない。[niid.go.jp]

  • 骨髄異形成

    血球の寿命は短いため、骨髄の中では生涯にわたり大量の血球が作り続けられていますが、何らかの理由で十分に血球が作られなくなると、血球減少(貧血、好中球減少、もしくは血小板減少)がおこります。不応性貧血というのは、造血幹細胞に異常が生じ、十分な量の血球を作ることができなくなり、その結果血球減少を起こす病気です。[web.archive.org] これらの症例は大抵RAMD(多血球系異形成を伴う不応性貧血)の特徴を有する。 貧血を示さず孤立性好中球減少症あるいは孤立性血小板減少症を示し、単一の血球系に限定された異形成変化を示すMDSの偶発症例。不応性好中球減少症および不応性血小板減少症という用語がこれらの症例を説明するために使われることがある。[ja.wikipedia.org] 骨髄異形成症候群 骨髄異形成症候群について 骨髄異形成症候群では、骨髄にある造血幹細胞(すべての血球すなわち赤血球、白血球、血小板の元になる細胞)に異常が生じるために骨髄が血球をうまく作れなくなります。そのため、血液検査を行うと赤血球、白血球、血小板の1-3種類の減少が認められます。症状はそれぞれの血球減少によるものとなります。[osaka-med.jrc.or.jp]

  • マントル細胞リンパ腫

    (71.4%)、白血球減少(39.8%)、貧血(27.3%)、好中球減少(27.1%)、リンパ球減少(21.0%)、発熱性好中球減少症(1.7%)、汎血球減少(0.5%))、 イレウス(3.2%)、 肝機能障害(AST(GOT)の増加(10.3%)、ALT(GPT)の増加(11.0%)、γ-GTPの増加(0.8%)、Al-Pの増加(12.1%[ja.wikipedia.org] [診療受付時間]月〜金 8:30〜11:30(土・日・祝日 休診) 診療科別統計 2017年診療科別統計(血液内科)はこちら 年次患者数 初診患者数 2013 2014 2015 2016 2017 再生不良性貧血 1 7 8 12 13 赤芽球ろう 2 1 1 1 0 血栓性血小板減少性紫斑病/非定形的HUS 1 2 0 1 1 免疫原性血球減少[chuo.kcho.jp] *本剤との因果関係の有無にかかわらず発現した事象 重大な副作用及び副作用用語 重大な副作用 骨髄抑制 汎血球減少(頻度不明注))、リンパ球減少(87.0%)、好中球減少(79.8%)、白血球減少(77.9%)、血小板減少(53.8%)、貧血[赤血球減少(48.1%)、ヘマトクリット値減少(45.7%)、ヘモグロビン減少(45.2%)]が発現又[kegg.jp]

  • 再生不良性貧血

    骨髄中の造血幹細胞が減少することによって骨髄の造血能力が低下し、末梢血中の全ての系統の血球減少(汎血球減少と言う)する。造血幹細胞の減少した骨髄は、脂肪細胞に置き換えられる。この状態の骨髄を脂肪髄と言う。再生不良性貧血はMDS、PNHと類縁疾患である可能性が示唆されており、それぞれの疾患との鑑別が重要視されている。[ja.wikipedia.org] 概要 1.概要 再生不良性貧血は、末梢血で汎血球減少症があり、骨髄が低形成を示す疾患である。血球減少は必ずしも全ての血球というわけではなく、軽症例では貧血と血小板減少だけで白血球数は正常ということもある。診断のためには、他の疾患による汎血球減少症を除外する必要がある。[nanbyou.or.jp] 血球減少を来す病態は様々ですが、再生不良性貧血は骨髄での血球の産生が低下する病態なのでそれを確認するために 骨髄検査 が必須です。骨髄検査で造血組織が減って、脂肪組織の増加が認められれば診断が確定します。急性白血病でも汎血球減少を来しますが、異常な細胞(白血病細胞)の有無を確認することで容易に両者を区別できます。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 重度の再生不良性貧血

    血球減少を来す病態は様々ですが、再生不良性貧血は骨髄での血球の産生が低下する病態なのでそれを確認するために 骨髄検査 が必須です。骨髄検査で造血組織が減って、脂肪組織の増加が認められれば診断が確定します。急性白血病でも汎血球減少を来しますが、異常な細胞(白血病細胞)の有無を確認することで容易に両者を区別できます。[kompas.hosp.keio.ac.jp] なお、2血球系統のみの減少が血小板減少を含む場合、血球減少の程度が再生不良性貧血の診断基準を満たさない場合でも、「前再生不良性貧血状態」を疑う必要がある。前再生不良性貧血状態を見逃した結果、重症化してから再生不良性貧血と診断され、治療に難渋することがしばしばある。[clinicalsup.jp] まずは、減少した血球の種類やその減り方によって重症度(Stage)を分けます。重症度は、血球減少が比較的軽度で輸血も必要としないStage 1(軽症)、Stage 2a(中等症)と、血球減少が中等度以上で輸血を必要とするStage 2b(中等症) Stage 5(最重症)に大きく分けられます。[saiseikai.or.jp]

  • 汎血球減少

    現役中だった1998年3月、汎血球減少症による肺出血のため、30歳で夭折した。 汎血球減少のマネジメント:特に骨髄不全について PNH血球検査[ja.wikipedia.org] 原因 上記に述べたような骨髄を障害するさまざまな病気 (基礎疾患) が背景となって汎血球減少症が起きます。点滴薬、内服薬などの薬剤によって汎血球減少を引き起こす可能性があります。下記に病気の一覧を記します。[medicalnote.jp] 鉄欠乏の所見はなかったが、WBC1800/μL、Plt6.6万/μLと汎血球減少を認めた。上下部消化管内視鏡で出血性病変はなく、骨髄穿刺では骨髄性疾患を示す所見は得られなかった。入院13日目にアジルサルタンを中止したところ、汎血球減少は改善し、血液透析導入後も要した赤血球輸血は中止することができた。[imic.or.jp]

  • 先天性再生不良性貧血

    血球減少を来す病態は様々ですが、再生不良性貧血は骨髄での血球の産生が低下する病態なのでそれを確認するために 骨髄検査 が必須です。骨髄検査で造血組織が減って、脂肪組織の増加が認められれば診断が確定します。急性白血病でも汎血球減少を来しますが、異常な細胞(白血病細胞)の有無を確認することで容易に両者を区別できます。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 血球の寿命は短いため、骨髄の中では生涯にわたり大量の血球が作り続けられていますが、何らかの理由で十分に血球が作られなくなると、血球減少(貧血、好中球減少、もしくは血小板減少)がおこります。不応性貧血というのは、造血幹細胞に異常が生じ、十分な量の血球を作ることができなくなり、その結果血球減少を起こす病気です。[iplus.jp] 軽症・中等症例では無治療で経過観察しますが、汎血球減少の進行例では免疫抑制療法(シクロスポリン)や蛋白同化ホルモンの対象となります。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • グランツマン血小板無力症

    赤血球増殖性疾患など 真性多血症(PV) 移植片対宿主病 急性白血病 骨髄増殖性疾患 白血球増殖性疾患 急性骨髄性白血病 (AML) 慢性骨髄性白血病 (CML) リンパ系増殖性疾患 急性リンパ性白血病 (ALL) 慢性リンパ性白血病 (CLL) 骨髄異形成症候群 環状鉄芽球を伴わない不応性貧血 環状鉄芽球を伴う不応性貧血 多系統異形成を伴う不応性汎血球減少[ja.wikipedia.org]

  • 血小板減少症

    骨髄不全による汎血球減少 再生不良性貧血や急性白血病など3血球系統すべてに障害が出る場合と、血小板を産生する巨核球に限った障害として先天性無巨核球性血小板減少症、といった疾患が問題になる場合があります。[tokushukai.or.jp] 主な原因は血小板産生能力低下など3つ 大別して血小板数減少には骨髄における産生能力の低下、末梢における血小板利用・破壊の亢進、血小板の体内臓器での分布の異常 の3つの原因があり、先天性(遺伝性)血小板機能異常症では血小板数減少を伴うものと伴わないものがあります。[tokushukai.or.jp]

  • 全身性エリテマトーデス

    抄録 全身性エリテマトーデス(SLE)は,自己抗原に対して過剰反応する樹状細胞やリンパ球が活性化し,抗二本鎖DNA抗体をはじめとする自己抗体の産生,補体及びサイトカインを介して,皮膚炎,関節炎,血球減少,腎炎,神経障害など全身の諸臓器に障害をきたす自己免疫疾患である.一卵性双生児におけるSLEの発症一致率は25%であり,その病因に遺伝的要因[doi.org] その後、経過中に腎炎(蛋白尿や血尿)、胸膜炎、心外膜炎、神経障害(頭痛やけいれん、精神症状など)、血球減少、血栓症などのさまざまな症状を呈する場合があります。軽症(口内炎やレイノー症状など軽い症状のみ)で経過する方から、重篤な症状を来す人まで経過はさまざまでそれにより治療は大きく異なります。[doh-racenter.jp]

さらなる症状

類似した症状