Create issue ticket

考えれる16県の原因 血漿量減少

  • 貧血

    貧血(ひんけつ)とは血液が薄くなった状態である。医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる。 医療業界では、アネミー、アネミ、アニーミア(Anemia)ということもある。 血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠感や蒼白その他の諸症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 血液量減少症
  • アジソン病

    慢性原発性副腎皮質機能低下症(まんせいげんぱつせいふくじんひしつきのうていかしょう)とは、副腎における副腎皮質ステロイドの産生低下を示す症候群。アジソン病(アジソンびょう、英: Addison's disease)とも呼ばれる。厚生労働省より指定される難病(旧 特定疾患)である。 1855年に、英国で内科医をしていたトーマス・アジソン(w:Thomas Addison)の医学研究によって報告された。 後天性の原因としては結核、自己免疫による副腎萎縮、悪性腫瘍の副腎転移、出血、感染症などによる病変がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺高血圧症

    さらに補助的な治療法として、利尿薬(循環 血漿 減少させて、心臓の負担を減らす)、 酸素療法 (心臓の機能が低下して全身への酸素供給能力が低下しているので、吸入酸素濃度を上昇させてそれを補う)が、必要に応じて使用されています。内科治療に抵抗性の場合、肺移植も適応となります。 8.[nanbyou.or.jp]

  • 治療放血
  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群

    これは、SIADHではADHが異常に多量に分泌されているわけではなく、血漿浸透圧が低下してもADHの分泌減少しないことによって発症しているからである。ADH産生性腫瘍によるSIADHは例外で、ADHの著明な高値を認める。尿所見 尿は必ずしも減少しない。[ja.wikipedia.org] ADHの分泌は血漿浸透圧の上昇(すなわち、水分の減少 循環血液減少)および血圧の低下により促進され、その逆では抑制される。 SIADHは、血漿浸透圧が低下しているにもかかわらずADHの分泌が不適切に多いか、あるいは腎臓のADHに対する感受性が高まっているために起こる。[ja.wikipedia.org] 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(こうりにょうほるもんふてきごうぶんぴつしょうこうぐん、英:Syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone:以下、アクロニムを用いてSIADHと記載)とは、尿減少させる作用を持つホルモンであるバソプレッシンが血漿浸透圧に対して不適切に分泌[ja.wikipedia.org]

  • 多血症

    血漿減少する原因としては 脱水 (水分の不摂取、嘔吐、下痢、大量発汗、 利尿剤 の使用や 尿崩症 ・ 糖尿病 などによる多尿)などで体の水分を喪失したために血漿の絶対減少するものや、各種疾患で血漿と体細胞・組織の間の水分の移動がうまく行かなくなったものがある。[ja.wikipedia.org] (1)A1 A2 (A3orA4) (2)A1 A2 カテゴリーBのうち2つ 鑑別診断 赤血球増加症は循環赤血球が正常範囲であるものの循環血漿減少するため にヘマトクリット値が上昇する相対的赤血球増加症と実際に赤血球数が増加する絶対 的赤血球増加症に分類されます。[med.osaka-cu.ac.jp] 疾患ではないが、喫煙などでも循環血漿減少をもたらすことがある [3] 。 脱水や下痢などの体液喪失が原因であれば、その原因を解消し水分を補給すれば基本的には多血状態を脱することができる [3] 。[ja.wikipedia.org]

  • 自己免疫性溶血性貧血

    急性膵炎,腸閉塞などで循環血漿の著明な減少を伴うショックを起こした場合には,等張アルブミン製剤を使用する。 投与量の算定には下記の計算式を用いる。このようにして得られたアルブミン量を患者の病状に応じて,通常2 3日で分割投与する。[mhlw.go.jp] 1) 循環血漿減少の改善と補充 2) 蛋白質源としての栄養補給 3) 創傷治癒の促進 4) 末期患者への投与 5) その他 重症感染症の治療,DICを伴わない熱傷の治療,人工心肺使用時の出血予防,非代償性肝硬変での出血予防なども新鮮凍結血漿投与の適応とはならない。[mhlw.go.jp] 循環血漿量を40mL/kg(70mL/kg(1-Ht/100))とし,補充された凝固因子の血中回収率は目的とする凝固因子により異なるが,100%とすれば,凝固因子の血中レベルを約20 30%上昇させるのに必要な新鮮凍結血漿は,理論的には8 12mL/kg(40mL/kgの20 30%)である。[mhlw.go.jp]

  • 不均衡症候群

    血液透析中の循環血漿減少速度は指数関数的であり、前半ほど除水効率は高いと考えられている。循環血漿の低下による代償機構は静脈収縮、心拍数の増加、末梢血管の収縮、血圧の低下という順に起こる。透析中も収縮期血圧が100mmHg、平均血圧60mmHgを維持できるように透析は調節するように心がける。[ja.wikipedia.org] 透析前半に発症する場合は循環血漿減少に心血管系の代償機能が作動しきれず血圧低下をきたすものである。低アルブミン血症などの高リスクの患者で起こりやすい。この場合は細胞外液を補充しても同じ速度で透析中の低血圧を繰り返す。そのためアルブミンやデキストランの点滴や限外濾過速度を小さくするくらいしか方法はない。[ja.wikipedia.org]

  • 妊娠

    妊娠後期には治療上の有益性が危険性を上回ると判断時のみ投与[チアジド系薬剤では新生児又は乳児に高ビリルビン血症、血小板減少等を起こすことがある。また、利尿効果に基づく血漿減少、血液濃縮、子宮・胎盤血流量減少が現れることがある][ダイクロトライド錠,1998.3.改訂]。[drugsinfo.jp]

さらなる症状