Create issue ticket

考えれる193県の原因 血漿量減少

  • 貧血

    貧血(ひんけつ)とは血液が薄くなった状態である。医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる。 医療業界では、アネミー、アネミ、アニーミア(Anemia)ということもある。 血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠感や蒼白その他の諸症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 血液量減少症

    高齢者では急激な利尿は血漿減少をきたし,脱水,低血圧等による立ちくらみ,めまい,失神等を起こすことがある。 特に心疾患等で浮腫のある高齢者では急激な利尿は急速な血漿減少と血液濃縮をきたし,脳梗塞等の血栓塞栓症を誘発するおそれがある。 高齢者では一般に過度の降圧は好ましくないとされている。[脳梗塞等が起こるおそれがある。][kegg.jp] 細胞外液は有効循環血漿に関連する。細胞外液減少(hypovolemia)は一般に有効循環血漿減少を引き起こし,その結果,臓器灌流が低下して臨床的続発症に至る。体液量減少の一般的な原因を 体液量減少の一般的な原因 に挙げる。[msdmanuals.com] 浮腫が起こるような病態では、細胞外液は増加しているにもかかわらず、有効に体内を回っている血液(有効循環血漿といいます)が減少しています。腎臓はこれを細胞外液量の減少と感知して、Naを体外に尿として出さないようにします。その貯えられたNaがどんどん間質液に移行し、これが浮腫としてみられます。[niigatah.johas.go.jp]

  • アジソン病

    アジソン病(慢性副腎皮質機能低下症)とは? どんな病気か 副腎皮質ホルモンは生命の維持に必要なホルモンで、健康な人では体の状態に合わせて適切に分泌されています。このホルモンが、何らかの原因で体が必要とする量を分泌できなくなった状態を、副腎皮質機能低下症といいます。 これには、副腎自体の病気による場合と、副腎皮質ホルモンの分泌を調節する下垂体の病気による場合とがありますが、アジソン病は、このうち副腎の病気が原因で慢性に経過したものです。 原因は何か 副腎は両側の腎臓の上、左右に2つありますが、両側の副腎が90%以上損なわれるとアジソン病になります。原因として最も多いのは、 結核[…][qlife.jp]

  • 治療放血

    中醫療法-穴位埋線,給民眾的印象多半與「減重」有關。但穴位埋線可不只用於醫美,中醫師鄭愛蓮表示,穴位埋線的用途在於治癒痼疾,因此用於乾癬治療上有很好的成效,能幫助打通經脈,加速代謝,排出體內濕氣。(健康傳媒楊曉東/台北報導/2013.09.06) 65歲的大學退休教授楊先生,罹患乾癬已有40年,他在服兵役時全身起紅疹,但當時醫療不發達,只能擦類固醇,以致經常復發;退伍後出國深造攻讀博士,又因沉重課業壓力,乾癬再次發作,也曾因此兩度住院。[…][healthmedia.nownews.com]

  • 妊娠

    妊娠後期には治療上の有益性が危険性を上回ると判断時のみ投与[チアジド系薬剤では新生児又は乳児に高ビリルビン血症、血小板減少等を起こすことがある。また、利尿効果に基づく血漿減少、血液濃縮、子宮・胎盤血流量減少が現れることがある][ダイクロトライド錠,1998.3.改訂]。[drugsinfo.jp]

  • 気管支炎

    よってこの2つの薬物を組合せるとテオフィリンの中毒血漿レベルになる可能性がある。[18] フルオロキノロン剤が必要な場合、少なくとも30%のテオフィリンの投与減少がすすめられる。[sagamigaoka-ac.com]

  • 低ナトリウム血症

    バソプレッシンが分泌されると腎臓の主に集合管でアクアポリンを利用した尿から水だけを再吸収する作用が強まり、尿は濃縮されて、尿減少する。逆に2%ほど血漿浸透圧が低下すると、バソプレッシンの分泌はほぼ抑制されてしまう。バソプレッシンがほとんど分泌されなくなると、Naの再吸収に伴って水も再吸収されるというのが水の動きとなる。[ja.wikipedia.org]

  • 高血圧症

    さらに補助的な治療法として、利尿薬(循環 血漿 減少させて、心臓の負担を減らす)、 酸素療法 (心臓の機能が低下して全身への酸素供給能力が低下しているので、吸入酸素濃度を上昇させてそれを補う)が、必要に応じて使用されています。内科治療に抵抗性の場合、肺移植も適応となります。 8.[nanbyou.or.jp] していた.さらに,カリウムを同時に投与することにより,食塩負荷時の体重増加,循環血漿増加および心係数増加が有意に抑制された.食塩負荷時における平均血圧の変化率と循環血漿量および心係数の変化率との間には有意の正の相関が認められた.また, NaCl KCl群では体液貯留の抑制に伴い,血漿レニン活性,尿中アルドステロン排泄がNaCl単独群に比し[doi.org] した.その結果, NaCl KCl群ではNaCl単独群においてみられた食塩負荷時の血圧上昇は認められず,平均血圧の変化率はNaCl単独群に比し有意の低値を示した.尿中ナトリウム排泄はNaCl KCl群で食塩負荷早期(第1および第2日目)に有意の増加を認め, NaCl KCl群における食塩負荷6日間のナトリウム貯留はNaCl単独群に比べ有意に減少[doi.org]

  • 真性多血症

    (1)A1 A2 (A3orA4) (2)A1 A2 カテゴリーBのうち2つ 鑑別診断 赤血球増加症は循環赤血球が正常範囲であるものの循環血漿減少するため にヘマトクリット値が上昇する相対的赤血球増加症と実際に赤血球数が増加する絶対 的赤血球増加症に分類されます。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 性腺機能低下症

    ②心因性多飲症:高張食塩水負荷試験と水制限試験で尿減少と尿浸透圧の上昇及び血漿バゾプレシン濃度の上昇を認める。 ③腎性尿崩症:バゾプレシン負荷試験で尿減少と尿浸透圧の上昇を認めない。定常状態での血漿バゾプレシン濃度の基準値は1.0pg/mL以上となっている。 2.参考事項 (1)血清ナトリウム濃度は正常域の上限に近づく。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状