Create issue ticket

考えれる14県の原因 血漿成長ホルモン増加

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症

    概要 アルコールは古代より親しまれている嗜好品で我々の生活を豊かにしてくれますが、一方で過剰な飲酒を長期に渡って続けると様々な臓器に障害を来たし、その中でも肝障害は高頻度でしばしば重篤となります。世界では過剰な飲酒によってアルコール性肝障害(脂肪肝、肝炎、肝硬変)となり、さらに肝細胞がんや肝不全となり毎年300万人以上が、国内においても毎年4万人以上が亡くなっています。 症状・診断[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性腎不全

    Home CKD(慢性腎臓病) 東葛クリニック病院 慢性腎不全に取り組んで45年 東葛クリニック病院は1973年の開業以来、慢性腎不全( CKD)をはじめとする腎臓病とその周辺領域、特に透析医療については、本院と7つの関連透析施設を擁して数多くの成果を挙げてきております。 その最大の特徴は、透析医療に至る前に、疾病の予防、早期発見と早期治療に全力を挙げて取り組み、それでも腎機能の低下が見られた場合には、腎機能維持のために専門スタッフがチームの総力を挙げて治療に取り組む、一貫した医療体制にあります。[…][tokatsu-clinic.jp]

  • 急性腎不全

    急性腎不全(きゅうせいじんふぜん、英: Acute renal failure)は、腎不全の一つ。急性腎障害(英: AKI:Acute kidney injury)とも呼ばれる。 具体的には、尿素などの窒素生成物が血液中に蓄積する高尿素窒素血症を生じる病態で、急激な腎機能低下の結果、体液の水分と電解質バランスの恒常性維持ができなくなった状態である。症状は食欲不振、悪心、嘔吐。治療を行わない場合は痙攣、昏睡へと進行する。 明文化された診断基準はないが一般に、 血清クレアチニン値が2.0 -[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝不全

    肝不全(かんふぜん, 英: liver failure)とは、肝臓の各生理機能(合成機能や代謝機能など)が病的に低下し、肝臓が役目を果たさなくなった状態である。肝不全に陥ると、生体の恒常性が保てないため、肝不全は死亡原因となることがある。肝不全には、大きく分けて2つの型が報告されている。 急性肝不全 最初の肝臓障害の兆候(黄疸など)から4週間以内に肝性脳症(精神錯乱、昏迷、昏睡)の進行やタンパク質合成の減少(アルブミンや血液凝固タンパク質など)が起きたものを指す。なお、甚急性肝不全は7日以内、亜急性肝不全は5-12週間のものを指す。 慢性肝不全[…][ja.wikipedia.org]

  • 下垂体腺腫

    偶発下垂体腺腫(2007年10月9日掲載) 仲宗根進(県立中部病院) 大きさや位置で手術も 年1回のMRI検査を 近年、頭痛の精査や念のために行った脳ドックで偶然に下垂体腺腫を発見されるケースが増えています。このように検査で偶然に発見された下垂体腺腫は「偶発下垂体腺腫」と呼ばれていますが、通常の下垂体腺腫と何ら変わりません。 下垂体腺腫は脳腫瘍(しゅよう)の約15%を占める良性腫瘍です。脳腫瘍の頻度が約一万人に一人ですので、人口約百三十万人の沖縄県では年間百三十人の脳腫瘍が発生し、そのうち十九人前後が下垂体腺腫と診断されている計算になります。[…][okinawa.med.or.jp]

  • 糖尿病性ケトーシス昏睡

    糖尿病・内分泌内科の概要[…][nnh.go.jp]

  • 先端巨大症

    先端巨大症(せんたんきょだいしょう、acromegaly)は、脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌腺細胞がその機能を保ったまま腫瘍化し( 機能性腺腫)、成長ホルモンが過剰に産生され、手足や内臓、顔の一部分が肥大する病気。別名、末端肥大症もしくはアクロメガリー。また、「巨人症」と一般に称される状態はこの病気であることが多い。 成長ホルモンの過剰分泌により以下の症状が現れる。 唇が厚くなる。 額が突き出る。 下あごがせり出る。 四肢の異常な発達。 四肢以外の筋肉の収縮。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状