Create issue ticket

考えれる2県の原因 血漿副腎皮質刺激ホルモン上昇

  • 副腎皮質腺腫

    内分泌検査では、尿中遊離コルチゾール、17-OHSCの排泄量増加、血漿コルチゾール日内変動の消失を認め、少量デキサメタゾン投与によっても血漿コルチゾール分泌は抑制されない〔大量投与では、Cushing病では抑制されるが、腺腫・癌・異所性副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)産生腫瘍では抑制されない〕。[med.toaeiyo.co.jp] 血漿ACTH値は、ACTH過剰分泌によるものでは上昇を認め、副腎皮質腺腫、癌では測定感度以下に低下している。Cushing症候群を呈する副腎腫瘍は2cm以上の場合が多く、CT、MRIでの描出が可能である。Cushing病における下垂体微小腺腫の描出はCTでは困難で、MRIにおいても限界がある。[med.toaeiyo.co.jp]

  • 異所性副腎皮質刺激ホルモン産生症候群

    内分泌検査では、尿中遊離コルチゾール、17-OHSCの排泄量増加、血漿コルチゾール日内変動の消失を認め、少量デキサメタゾン投与によっても血漿コルチゾール分泌は抑制されない〔大量投与では、Cushing病では抑制されるが、腺腫・癌・異所性副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)産生腫瘍では抑制されない〕。[med.toaeiyo.co.jp] 血漿ACTH値は、ACTH過剰分泌によるものでは上昇を認め、副腎皮質腺腫、癌では測定感度以下に低下している。Cushing症候群を呈する副腎腫瘍は2cm以上の場合が多く、CT、MRIでの描出が可能である。Cushing病における下垂体微小腺腫の描出はCTでは困難で、MRIにおいても限界がある。[med.toaeiyo.co.jp]

さらなる症状