Create issue ticket

考えれる1県の原因 血清トランフェリンの異常な等電点分離法(タイプ1パターン)

つまり: 血清トランフェリンの異常な等電点分離法(タイプ1パターン

  • 糖タンパク質糖鎖不全症候群 1Y型

    生体内の糖タンパク質の働き タンパク質は生合成過程において、様々な修飾を受けることで多様な機能を発揮することが知られています。その中でも、タンパク質の糖鎖付加(グリコシル化)は生体内で高頻度におこる翻訳後修飾であり、タンパク質の機能に大きな影響を与えます。一説にはヒト体内のタンパク質の50%以上がグリコシル化されていると言われています。糖鎖はタンパク質の生理活性に深く関わることが知られています。 糖鎖構造(ヒト型) Figure 1. Structures and varieties of N-linked oligosaccharides Figure 2. Core structures of[…][chem.sci.osaka-u.ac.jp]

さらなる症状