Create issue ticket

考えれる18県の原因 血液尿素窒素減少

  • 妊娠後期
  • 慢性アルコール依存症
  • 門脈性肝硬変
  • 小細胞肺癌
  • 再発小細胞肺癌
  • 大結節性肝硬変
  • ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎(ウイルスせいかんえん、英Viral hepatitis)とは肝炎ウイルスが原因の肝臓の炎症性疾患のことを指す。 その他、サイトメガロウイルス・EBウイルス・単純ヘルペスウイルス・風疹ウイルス・麻疹ウイルス・パルボウイルスなどのウイルスによって肝炎を起こすことがある。 ほとんどの場合、A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎が多く、E型肝炎は発展途上国を中心に流行しているが、その他の肝炎は少ない。 それぞれ各項目の記述を参照 経口感染:A型肝炎ウイルス・E型肝炎ウイルス 非経口感染:B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・D型肝炎ウイルス等[…][ja.wikipedia.org]

  • 胎児栄養失調
  • セリアック病

    セリアック病またはシリアック病(coeliac disease または celiac disease)は、小麦・大麦・ライ麦などに含まれるタンパク質の一種であるグルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患である。欧米での罹患率は1%程度と報告されているが、日本での頻度は不明である。第二次世界大戦中のヨーロッパでグルテン食との関連が指摘され認識が広まった。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝不全

    肝不全(かんふぜん, 英: liver failure)とは、肝臓の各生理機能(合成機能や代謝機能など)が病的に低下し、肝臓が役目を果たさなくなった状態である。肝不全に陥ると、生体の恒常性が保てないため、肝不全は死亡原因となることがある。肝不全には、大きく分けて2つの型が報告されている。 急性肝不全 最初の肝臓障害の兆候(黄疸など)から4週間以内に肝性脳症(精神錯乱、昏迷、昏睡)の進行やタンパク質合成の減少(アルブミンや血液凝固タンパク質など)が起きたものを指す。なお、甚急性肝不全は7日以内、亜急性肝不全は5-12週間のものを指す。 慢性肝不全[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状