Create issue ticket

考えれる61県の原因 血液培養の肺炎球菌

  • 肺炎球菌性肺炎

    さらに、グラム陽性菌において黄色ブドウ球菌と並び、菌血症・敗血症よりもっとも頻繁に分離される菌の一つである。 侵襲性の肺炎球菌肺炎における血液培養像では、肺炎球菌と赤血球が結合している像が認められる。病態の本質を明らかにすることを最終目標とし、臨床検体から得られた情報を基に肺炎球菌と赤血球の相互作用の解明を行った。[web.dent.osaka-u.ac.jp] 図1 血液培養にて増殖した肺炎球菌の顕微鏡写真 伝播 肺炎球菌の伝播は「気道飛沫を介したヒトからヒトへの直接伝播」および「上気道の肺炎球菌の保菌者における自家接種」の結果として起こってくる。感染症を高頻度に引き起こしている血清型は保菌者で最も頻回にみられる血清型である。[kenei-pharm.com] 症状 髄膜炎、敗血症・菌血症、肺炎、中耳炎等、多岐にわたりますが、本来無菌であるべき部位(血液、髄液等)から菌が検出される病態を侵襲性肺炎球菌感染症(invasive pneumococcal diseases,以下IPD) といいます。髄膜炎、敗血症・菌血症、血液培養養成の肺炎等が特に問題とされます。[kansensho.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    (1-11)前記原因微生物検査が、染色による塗抹鏡検検査、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、レジオネラ、クラミジア、マイコプラズマ、アスペルギルス、カンジダ、クリプトコッカス、サイトメガロウイルスまたは肺炎球菌の抗原検査、ならびに、血液、喀痰または肺胞洗浄液の培養検査からなる群から選択される少なくとも1つである、上記(1-10)に記載[patents.google.com]

  • モラクセラ・カタラーリス

    グラム染色、痰培養血液培養、 レジオネラ菌、肺炎球菌の尿検査、 マイコプラズマ、クロストリジウムのPCR、 などで、診断をする。 プロカルシトニン (これが、CRP、WBCに勝るか、という情報を僕は十分持っていない。[ameblo.jp] 肺炎球菌患者の血液培養は、 20-25%で陽性となるらしい。 しかし、これ以外の肺炎では、 原因菌は、これ以下の頻度でしか陽性にならない。 近年、最も進歩した診断法は、 尿ELISA法、だ。 細菌性肺炎の、 77 to 88% 非細菌性肺炎の、64% レジオネラ菌の、74% を診断できるという。[ameblo.jp]

  • 産褥期

    潜在性菌血症は全身状態良好な良好であるのにもかかわらず血液培養にて細菌が検出されることである。3か月から3歳くらいで頻度が高いと言われている。肺炎球菌であればそのまま自然経過で改善するが、インフルエンザ桿菌の場合は90%以上の確率で敗血症や髄膜炎にいたるといわれている。[ja.wikipedia.org]

  • 分娩

    潜在性菌血症は全身状態良好な良好であるのにもかかわらず血液培養にて細菌が検出されることである。3か月から3歳くらいで頻度が高いと言われている。肺炎球菌であればそのまま自然経過で改善するが、インフルエンザ桿菌の場合は90%以上の確率で敗血症や髄膜炎にいたるといわれている。[ja.wikipedia.org]

  • 出生

    潜在性菌血症は全身状態良好な良好であるのにもかかわらず血液培養にて細菌が検出されることである。3か月から3歳くらいで頻度が高いと言われている。肺炎球菌であればそのまま自然経過で改善するが、インフルエンザ桿菌の場合は90%以上の確率で敗血症や髄膜炎にいたるといわれている。[ja.wikipedia.org]

  • エンテロコッカス属

    (連鎖をなさない双球菌の肺炎球菌(Streptococcus pneumoniae)も含まれる) 栄養要求性が厳しく、 血液を含んだ培地 ( 細菌の培養液を固形化したもの) が培養に用いられます。 特にレンサ球菌属内での菌種を区別するためには、 血液の溶血性の違い が重要な性状であるため、「血液寒天培地」というものが多用されています。[ameblo.jp] S.を 含む血液培養の増幅プロット 黄色ブドウ球菌 、Pseu AE、Pseudomon 緑膿菌として、UNI、16Sユニバーサルプローブ、Ecoli、 大腸菌 プローブ; Pseu SP、 シュードモナス 属。プローブ、S.肺炎、 肺炎連鎖球菌(Streptococcus pneumoniae) プローブ、連鎖球菌属、 レンサ球菌 属。[jove.com] ・Streptococcus (ストレプトコッカス) 属 (レンサ球菌属) 一つ一つの球状をした菌が規則的に直鎖状に配列し、顕微鏡下で観察すると 「連なった鎖」 のように見えるため 「レンサ (連鎖)球菌」 と呼ばれます。[ameblo.jp]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    急性増悪時には医療機関でパルスオキシメトリー、血液ガス分析、胸部単純Xp、心電図、血液検査(血算、CRP、電解質、肝腎機能など)の検査が、必要に応じて胸部CTや血液培養、喀痰Gram染色と培養、肺炎球菌尿中抗原などの感染症検査、心臓超音波検査、血清BNP濃度測定、凝固能検査などが行われる。[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎レンサ球菌

    病態生理と臓器不全発症機序 試験デザイン 介入 適格性 年齢(下限) 16歳以上 年齢(上限) 性別 男女両方 選択基準 SCCM/ACCP 1992およびSCC/ESICM/ACCP/ATS/SIS2003およびSSCG 2012の重症敗血症の定義を満たし、血液培養または推定感染巣から肺炎球菌、レンサ球菌、黄色ブドウ球菌原因菌が分離された[rctportal.niph.go.jp] 図-8 は22時間培養後の血液寒天培地ですが,周囲が暗緑色でややつやのある透明でポチポチとみえるのが肺炎球菌です。これらひとつひとつをコロニーと呼びます。 図-8A は典型的な肺炎球菌のコロニーで,中心部が陥没しているのが特徴です(黄色矢印部分参照)。[strep.umin.jp] 本培地は、定評あるBD製血液寒天培地の溶血反応に影響を与えずに、肺炎球菌等の発育支持能(コロニーの大きさ、および発育スピード)のみを高めたものです。[bdj.co.jp]

  • 髄膜脳炎

    概要 疾患のポイント: 無菌性髄膜炎とは、発熱、頭痛、項部硬直や意識障害などの髄膜炎症状を認めるが、髄液培養血液培養肺炎球菌やインフルエンザ菌などの「細菌性髄膜炎」で一般的に検出される細菌が検出されない状態である。 無菌性髄膜炎は単一疾患ではなく、多種多様の疾患が含まれる疾患概念である。[clinicalsup.jp]

さらなる症状