Create issue ticket

考えれる2県の原因 血小板機能異常症による出血傾向増加

  • 本態性血小板血症

    となりリハビリ後に軽快退院となった.本態性血小板は血小板の増加機能異常により血栓症状および出血をきたす疾患であるが,肺血栓塞栓症の合併の報告は少なく貴重な症例と考えられた.また今回の急性増悪の原因としてはアスピリンの中止や安静臥床の他に止血のために使用したトラネキサム酸が関与した可能性もあり,本態性血小板血症における出血に対して止血剤[journal.kyorin.co.jp] 89歳女性.本態性血小板血症のフォロー中に慢性呼吸不全と診断し,抗血小板療法(アスピリンの内服)と在宅酸素療法を行っていたところ喀血をきたし緊急入院した.アスピリンの中止とトラネキサム酸の点滴などで喀血は改善したものの,その後に急激な呼吸不全の進行を認め,諸検査より慢性肺血栓塞栓症の急性増悪と診断した.アスピリンの再開のみで呼吸不全は改善傾向[journal.kyorin.co.jp]

  • 二次赤血球増加症

    により特に末梢での血液循環に障害が起こり,血栓傾向をきたすことがある.一方,血小板増加では血小板機能異常により逆に出血傾向がみられる場合がある.これらは本態性血小板の場合は異常クローンの増加に由来すると考えられるが,一方で血漿von Willebrand因子(VWF)の減少やVWF高マルチマー欠損など,血小板増加が原因と考えられる異常[kotobank.jp] 臨床症状 原疾患により異なる.末梢循環障害によって倦怠感,めまい,頭痛,視力障害なども認めることがあるが無症状が多い.血小板数が100万/μL 以上では人によっては手の指先のしびれ(ピリピリ,またはじんじんする感じ)が現れることがある.上述のように,合併する血小板機能異常による出血傾向がみられることもある.[kotobank.jp] 鑑別診断 表14-11-2に基づいて鑑別診断を行う.腫瘍性,特に本態性血小板と二次性血小板増加症の鑑別は臨床的に重要である.なぜなら両者では治療方針がまったく異なるからである.末梢血(ヘモグロビン値,白血球や赤血球の異常),骨髄所見(骨髄像,染色体,生検),血清フェリチン,感染や炎症の有無,悪性腫瘍の合併,脾摘の有無,などを調べる.[kotobank.jp]

さらなる症状