Create issue ticket

考えれる353県の原因 血小板数異常

  • 慢性特発性血小板減少性紫斑病

    血小板が少なすぎると出血傾向となり、血小板は正常でもその働き(機能)に異常があるとやはり出血傾向になります。一方、血小板が多すぎると血栓症を呈しやすく心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。血小板減少症とは、血小板が少なくなった状態をいい、遺伝性に血小板機能に異常のあるものを血小板機能異常症といいます。[tokushukai.or.jp] 成人における慢性ITPの診断基準案(2005年試案): 図表 具体的には、血算を行うことによって血小板減少を、白血球・赤血球には的にも形態的にも異常がないことを確認し、自己抗体、肝臓のウイルス検査、APTT、PT、D-Dダイマー、FDP、HIV検査などで二次性血小板減少を除外する( )。 [clinicalsup.jp] ITP(idiopathic thrombocytopenic purpura)とは「特発性血小板減少性紫斑病」のことで、はっきりとした原因がわからず(特発性といいます) 、血小板が10万/μL(マイクロリットル)以下に減少する病気です。 なお、最近では免疫の異常が原因であることから、「免疫性血小板減少症」ということもあります。[itp-info.jp]

  • 本態性血小板血症

    Q:本態性血小板血症(ET)ってどんな病気? A:本態性血小板血症(ET)は、血小板のみが異常に増加してしまう病気です。健康な人の血小板は血液1μLあたり15万 40万個程度ですが、ET患者さんでは45万個を超え、100万個を超えることも珍しくありません。 Q:血小板数が増えると、どんな問題 が起きるのですか?[shire.co.jp] 赤血球・白血球・血小板異常が原因 これらの疾患は、造血幹細胞の後天的な遺伝子異常(チロシンキナーゼなどの恒常的活性化)がもたらす増殖によって血液中の赤血球や白血球血小板がすべてあるいは個々に異常に増加する疾患です。[tokushukai.or.jp] 次のような症状は血液疾患の可能性があります  貧血症状(顔色が不良、ふらつき、息切れ、立ちくらみなど)  長期間続く風邪症状(全身倦怠感、発熱、咽頭痛など)  打撲した覚えもないのに皮下出血(青あざ)ができる  鼻出血や歯肉出血が頻繁に起こる  リンパ節(リンパ線)の腫大(頸部や腋の下などのしこり)  健康診断で白血球血小板異常を指摘[kanazawa-hosp.jp]

  • 濾胞性リンパ腫

    トップ No.4725 質疑応答 プロからプロへ 初発進行期濾胞性リンパ腫の治療方針 【Q】 初発進行期(ⅢまたはⅣ期)濾胞性リンパ腫(follicular lymphoma:FL)に対して,どのような場合に無治療経過観察とし,またどのようなときに治療を開始するのでしょうか。B症状など全身症状がある場合は治療を考慮しますが,無症状の場合の治療開始基準はありますか。また,治療法として,化学療法 リツキシマブやリツキシマブ単独療法などが考えられますが,どのようにして選択するのでしょうか。国立がん研究センター東病院・塚崎邦弘先生のご回答を。 【質問者】 村上博和:群馬大学大学院保健学研究科[…][jmedj.co.jp]

  • 慢性骨髄単球性白血病

    図1 造血幹細胞から血液細胞への分化 血液中の血球は、通常は一定のに保たれていますが、血液をつくる過程で異常が起こると、白血球や赤血球、血小板が病的に増加することがあり、これらの病気を総称して骨髄増殖性腫瘍と呼びます。慢性骨髄性白血病は骨髄増殖性腫瘍に分類されます。[ganjoho.jp] (3)染色体 :20-40%の症例で染色体異常を認めますが、特徴的な染色体異常は報告さ れていません。真性多血症、本態性血小板増多症で認められるJAK2V617F変異が少 の症例で見られる場合があります。[med.osaka-cu.ac.jp] 白血球血小板および高血圧,脂質異常症,糖尿病,喫煙などの心血管リスクファクターの有無を血栓症の危険因子として扱うかは報告により異なっており,結論は得られていない。 生命予後は基本的には良好であるが,年齢,初診時白血球数,血栓症の既往などにより3つのリスクに分類することが提唱されている( 表6 ) 29, 30) 。[jshem.or.jp]

  • 前駆 B リンパ芽球性白血病
  • 有毛細胞白血病

    遺伝性血小板機能異常症には血小板減少を伴うものと伴わないものがありますが、特に、MYH9異常症(May-Hegglin症候群、Epstein症候群など)では血小板のサイズが正常よりも大きな巨大血小板性血小板減少症を特徴としています。[tokushukai.or.jp] 、息切れ 血液 CD4陽性リンパ球減少、好酸球増多、IgA減少、IgG減少、IgM減少 好塩基球増多、リンパ球異常血小板増加、ヘマトクリット値増加、好酸球減少、単球増多、IgG増加、発熱性好中球減少症 溶血性貧血、凝固異常 泌尿器 蛋白尿 血尿、尿沈渣異常 頻尿、尿糖、BUN上昇、BUN低下、出血性膀胱炎 クレアチニン上昇 注射部位 注射部位反応[kegg.jp] 骨髄では、がん化したリンパ球が正常細胞と入れ替わり、血液中の赤血球が減少し、正常な白血球と血小板も減少します。抗体(感染から体を守る役割を担うタンパク質)の量も減少します。[msdmanuals.com]

  • 先天性後天性免疫不全症候群
  • 重度の再生不良性貧血

    最重症 1と、2または3を満たすもの 好中球数 血小板数 網赤血球絶対数 重症 少なくとも下記の2項目を満たすもの 好中球数 血小板数 網赤血球絶対数 中等症 少なくとも下記の2項目を満たすもの 好中球 血小板 網赤血球絶対数 軽症 それ以外のもの 原因 [ 編集 ] 再生不良性貧血の原因は、先天性と後天性に分けて考えられる。[ja.wikipedia.org] PNHの遺伝子異常は、造血幹細胞に起こるので、赤血球だけでなく白血球や血小板が減少すること(造血不全)もあります。 PNHは、厚生労働省の特定疾患(いわゆる難病指定)に該当しますから、診断後には届出を行います。[ymghp.jp] 遺伝子 異常による先天性再生不良性貧血を、 ファンコニー貧血 と言う。この遺伝子異常があるとDNA架橋剤への暴露による染色体異常が起きやすく、 造血幹細胞 が アポトーシス に陥りやすくなる。先天性再生不良性貧血は 常染色体劣性 遺伝である。後天性再生不良性貧血はさらに、特発性と二次性(続発性)に分けられる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性好酸球性白血病

    赤血球・白血球・血小板異常が原因 これらの疾患は、造血幹細胞の後天的な遺伝子異常(チロシンキナーゼなどの恒常的活性化)がもたらす増殖によって血液中の赤血球や白血球血小板がすべてあるいは個々に異常に増加する疾患です。[tokushukai.or.jp] 図1 造血幹細胞から血液細胞への分化 血液中の血球は、通常は一定のに保たれていますが、血液をつくる過程で異常が起こると、白血球や赤血球、血小板が病的に増加することがあり、これらの病気を総称して骨髄増殖性腫瘍と呼びます。慢性骨髄性白血病は骨髄増殖性腫瘍に分類されます。[ganjoho.jp] 血液造血器の病気:多血、好中球および血小板増多症 造血が正常に行われなくなる血液がんの一種 赤血球・白血球・血小板異常が原因 真性多血症などでは頭痛、めまい、ほてりなど 急性白血病へ転化するリスクも 状況に応じて化学療法や抗血小板薬投与 造血が正常に行われなくなる血液がんの一種 慢性に経過する骨髄増殖性腫瘍(MPN;Myeloproliferative[tokushukai.or.jp]

  • 前骨髄球性白血病

    急性前骨髄球性 白血病 (きゅうせいぜんこつずいきゅうせいはっけつびょう、acute promyelocytic leukemia〈APL〉)は 急性骨髄性白血病 (AML)の一種であり、AMLの約10%を占める。 急性白血病の病型分類(FAB分類)ではM3である。特徴的な染色体転座t(15;17)(q22;q12)を認め、PML-RARA融合遺伝子が形成される。PML-RARAが形成されることにより、血球分化が前骨髄球の段階で停止する。 【臨床所見】 急性白血病に共通する発熱・ 貧血 ・出血傾向・正常白血球減少による易感染性のほかに、線維素溶解 亢進 による 播種性血管内凝固症候群[…][kango-roo.com]

さらなる症状