Create issue ticket

考えれる104県の原因 血小板数正常または増加

  • 血小板減少症

    ITPでは骨髄中の巨核球正常あるいは増加しており血小板産生を示す成熟巨核球は少なく血小板産生不良な幼若巨核球が主体になっています(図1)。 血小板機能異常が疑われる場合、血小板浮遊血漿(PRP)を用いてフローサイトメリーにより血小板表面抗原(CD41, CD42a, CD42b, CD61)を調べます。[tokushukai.or.jp] ITPの診断にはPAIgG(血小板に結合しているIgG抗体を測定する)や抗血小板抗体(これにはITPでみられる自己免疫による自己抗体と抗血小板同種抗体がある)の検査のほか、骨髄検査も参考になります。[tokushukai.or.jp]

  • 骨髄異形成

    正常または増加 ・芽球[-]またはごくわずか[1%未満] ・低分葉核を持つ巨核球が正常または増加 ・芽球5%未満 ・del[5q](5番染色体長腕の欠失)単独の染色体異常がみられる ・アウエル小体(※5)なし ※3 時に2系統の血球減少が認められる。[ganjoho.jp] 5q-症候群は女性に多く、不応性貧血、血小板正常ないし増加、巨核球の 形態異常(小型で単核の巨核球)などを特徴とした症候群であり、予後良好とされていま す。[med.osaka-cu.ac.jp] 通常,ある程度の血小板減少がみられる;末梢血塗抹標本では,血小板の大きさが不同で,低顆粒と判定されることもある。白血球は,正常増加,または減少のいずれの可能性もある。好中球の細胞質顆粒は異常であり,大小不同および顆粒数のばらつきを伴う。好酸球に異常顆粒がみられることもある。[msdmanuals.com]

  • 遺伝性球状赤血球症

    した.血小板は術後著明に増加し,最高115万に達する症例も見られたが,抗凝固療法を要した例はなかった.[jstage.jst.go.jp] 経験した遺伝性球状赤血球症hereditary spherocytosisの6手術例を報告し検討を加えた. 5歳から59歳のHS 6症例に対し脾摘を施行したが,術後何らの感染症も見られなかった. 1例を除き術後貧血は急速に改善し,赤血球数は術後20日目までに正常化した. 1例を除き術後黄疸は急速に改善し,血清ビリルビン値は術後1 15日で正常[jstage.jst.go.jp]

  • 小球性貧血

    診断 血小板10万/mm3以下(赤血球、白血球は正常)。 骨髄所見:骨髄巨核球正常あるいは増加血小板自己抗体の増加:血小板結合性免疫グロブリンG(PAIgG) 治療 血小板5万/mm3以上は経過観察。 ステロイド投与(プレドニゾロン30 60 mg/日) プレドニゾロンは児への移行が少ない。[www2.nms.ac.jp] か軽度に低下し,血小板正常の2 倍程度までに増加する( エリスロポエチン 増加による). ③ 最近では自動血球測定機器により, 網赤血球 の比率と絶対数が同時に測定できるようになり,赤血球数に対する比率(%)で表し基準値は0.5 1.5%である.網状赤血球の絶対数の基準値は,男性が8,000 11 万/μL,女性は8,000 12.5万[primary-care.sysmex.co.jp] する( 31%). ② 血液像:鏡検すると,中心の色素を欠いた(central pallor)部分が,径の1/3 以上に及ぶ薄い赤血球をみかけ,ときに変形した赤血球(poikilocyte)や大小不同(anisocytosis)をみる.標的赤血球(target cell)をみかけることもある.網赤血球は,正常か軽度に増加している.白血球は正常[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 頭蓋内出血

    (2)骨髄 ①骨髄巨核球正常ないし増加 巨核球は血小板付着像を欠くものが多い。 ②赤芽球および顆粒球の両系統は、形態ともに正常 顆粒球/赤芽球比(M/E比)は正常で、全体として正形成を呈する。[nanbyou.or.jp]

  • 腸間膜静脈血栓症

    赤血球 増加 正常 軽度減少 減少 正常 白血球 軽度増加 高度増加 軽度増加 時に増加 血小板 軽度増加 正常 増加 増加 減少 高度増加 塗抹標本 時に幼弱顆粒球 芽球 好中球 涙的赤血球 血小板形態異常 NAPスコア 上昇 低下 上昇(一部低下) 上昇(一部低下) Ph1染色体 なし あり なし なし 骨髄 過形成 M/E比高値[ibaraisikai.or.jp] 2)骨髄 (1) 骨髄巨核球正常ないし増加 巨核球は血小板付着像を欠くものが多い。 (2) 赤芽球および顆粒球の両系統は、形態ともに正常。 顆粒球/赤芽球比(M/E比)は正常で、全体として正形成を呈する。[ibaraisikai.or.jp] D.monoclonal gammopathy with undetermined significance(MGUS) 1) M蛋白であるが以下の低濃度 IgG 2) 骨髄中の形質細胞 3) 骨病変なし 4) 症状なし 慢性骨髄増殖性疾患の鑑別(日本臨床内科医会会誌 2004;18:566) 真性多血症 慢性骨髄性白血病 骨髄線維症 本態性血小板血症[ibaraisikai.or.jp]

  • 急性上腸間膜動脈不全

    赤血球 増加 正常 軽度減少 減少 正常 白血球 軽度増加 高度増加 軽度増加 時に増加 血小板 軽度増加 正常 増加 増加 減少 高度増加 塗抹標本 時に幼弱顆粒球 芽球 好中球 涙的赤血球 血小板形態異常 NAPスコア 上昇 低下 上昇(一部低下) 上昇(一部低下) Ph1染色体 なし あり なし なし 骨髄 過形成 M/E比高値[ibaraisikai.or.jp] 2)骨髄 (1) 骨髄巨核球正常ないし増加 巨核球は血小板付着像を欠くものが多い。 (2) 赤芽球および顆粒球の両系統は、形態ともに正常。 顆粒球/赤芽球比(M/E比)は正常で、全体として正形成を呈する。[ibaraisikai.or.jp] D.monoclonal gammopathy with undetermined significance(MGUS) 1) M蛋白であるが以下の低濃度 IgG 2) 骨髄中の形質細胞 3) 骨病変なし 4) 症状なし 慢性骨髄増殖性疾患の鑑別(日本臨床内科医会会誌 2004;18:566) 真性多血症 慢性骨髄性白血病 骨髄線維症 本態性血小板血症[ibaraisikai.or.jp]

  • 紫斑病

    2.骨髄 骨髄穿刺・生検は血小板減少を伴う疾患群との鑑別に有用です。 a) 末梢における血小板破壊に伴い、骨髄では骨髄巨核増加(ないし正常)します。 b) 赤芽球および顆粒球の両系統は、形態ともに正常です。[med.osaka-cu.ac.jp] […] c) 血小板結合性免疫グロブリン (platelet associated immunoglobulin G、PAIgG)増加 血小板上に結合する非特異的免疫グロブリンが増加します。ITPに特異的な所見ではな く自己免疫疾患で増加するため、PAIgG増加のみでITPの診断はできません。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 急性腸間膜虚血

    赤血球 増加 正常 軽度減少 減少 正常 白血球 軽度増加 高度増加 軽度増加 時に増加 血小板 軽度増加 正常 増加 増加 減少 高度増加 塗抹標本 時に幼弱顆粒球 芽球 好中球 涙的赤血球 血小板形態異常 NAPスコア 上昇 低下 上昇(一部低下) 上昇(一部低下) Ph1染色体 なし あり なし なし 骨髄 過形成 M/E比高値[ibaraisikai.or.jp] 2)骨髄 (1) 骨髄巨核球正常ないし増加 巨核球は血小板付着像を欠くものが多い。 (2) 赤芽球および顆粒球の両系統は、形態ともに正常。 顆粒球/赤芽球比(M/E比)は正常で、全体として正形成を呈する。[ibaraisikai.or.jp] D.monoclonal gammopathy with undetermined significance(MGUS) 1) M蛋白であるが以下の低濃度 IgG 2) 骨髄中の形質細胞 3) 骨病変なし 4) 症状なし 慢性骨髄増殖性疾患の鑑別(日本臨床内科医会会誌 2004;18:566) 真性多血症 慢性骨髄性白血病 骨髄線維症 本態性血小板血症[ibaraisikai.or.jp]

  • 腸間膜動脈血栓症

    赤血球 増加 正常 軽度減少 減少 正常 白血球 軽度増加 高度増加 軽度増加 時に増加 血小板 軽度増加 正常 増加 増加 減少 高度増加 塗抹標本 時に幼弱顆粒球 芽球 好中球 涙的赤血球 血小板形態異常 NAPスコア 上昇 低下 上昇(一部低下) 上昇(一部低下) Ph1染色体 なし あり なし なし 骨髄 過形成 M/E比高値[ibaraisikai.or.jp] 2)骨髄 (1) 骨髄巨核球正常ないし増加 巨核球は血小板付着像を欠くものが多い。 (2) 赤芽球および顆粒球の両系統は、形態ともに正常。 顆粒球/赤芽球比(M/E比)は正常で、全体として正形成を呈する。[ibaraisikai.or.jp] D.monoclonal gammopathy with undetermined significance(MGUS) 1) M蛋白であるが以下の低濃度 IgG 2) 骨髄中の形質細胞 3) 骨病変なし 4) 症状なし 慢性骨髄増殖性疾患の鑑別(日本臨床内科医会会誌 2004;18:566) 真性多血症 慢性骨髄性白血病 骨髄線維症 本態性血小板血症[ibaraisikai.or.jp]

さらなる症状