Create issue ticket

考えれる50県の原因 血小板数正常または増加

  • 血小板減少症

    ITPでは骨髄中の巨核球正常あるいは増加しており血小板産生を示す成熟巨核球は少なく血小板産生不良な幼若巨核球が主体になっています(図1)。 血小板機能異常が疑われる場合、血小板浮遊血漿(PRP)を用いてフローサイトメリーにより血小板表面抗原(CD41, CD42a, CD42b, CD61)を調べます。[tokushukai.or.jp] ITPの診断にはPAIgG(血小板に結合しているIgG抗体を測定する)や抗血小板抗体(これにはITPでみられる自己免疫による自己抗体と抗血小板同種抗体がある)の検査のほか、骨髄検査も参考になります。[tokushukai.or.jp]

  • 頭蓋内出血

    (2)骨髄 ①骨髄巨核球正常ないし増加 巨核球は血小板付着像を欠くものが多い。 ②赤芽球および顆粒球の両系統は、形態ともに正常 顆粒球/赤芽球比(M/E比)は正常で、全体として正形成を呈する。[nanbyou.or.jp]

  • 紫斑病

    2.骨髄 骨髄穿刺・生検は血小板減少を伴う疾患群との鑑別に有用です。 a) 末梢における血小板破壊に伴い、骨髄では骨髄巨核増加(ないし正常)します。 b) 赤芽球および顆粒球の両系統は、形態ともに正常です。[med.osaka-cu.ac.jp] […] c) 血小板結合性免疫グロブリン (platelet associated immunoglobulin G、PAIgG)増加 血小板上に結合する非特異的免疫グロブリンが増加します。ITPに特異的な所見ではな く自己免疫疾患で増加するため、PAIgG増加のみでITPの診断はできません。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 慢性特発性血小板減少性紫斑病

    ITPでは骨髄中の巨核球正常あるいは増加しており血小板産生を示す成熟巨核球は少なく血小板産生不良な幼若巨核球が主体になっています(図1)。 血小板機能異常が疑われる場合、血小板浮遊血漿(PRP)を用いてフローサイトメリーにより血小板表面抗原(CD41, CD42a, CD42b, CD61)を調べます。[tokushukai.or.jp] 2.骨髄 骨髄穿刺・生検は血小板減少を伴う疾患群との鑑別に有用です。 a) 末梢における血小板破壊に伴い、骨髄では骨髄巨核増加(ないし正常)します。 b) 赤芽球および顆粒球の両系統は、形態ともに正常です。[med.osaka-cu.ac.jp] (2)骨髄 ①骨髄巨核球正常ないし増加 巨核球は血小板付着像を欠くものが多い。 ②赤芽球および顆粒球の両系統は、形態ともに正常 顆粒球/赤芽球比(M/E比)は正常で、全体として正形成を呈する。[nanbyou.or.jp]

  • 特発性血小板減少性紫斑病

    2.骨髄 骨髄穿刺・生検は血小板減少を伴う疾患群との鑑別に有用です。 a) 末梢における血小板破壊に伴い、骨髄では骨髄巨核増加(ないし正常)します。 b) 赤芽球および顆粒球の両系統は、形態ともに正常です。[med.osaka-cu.ac.jp] (2)骨髄 ①骨髄巨核球正常ないし増加 巨核球は血小板付着像を欠くものが多い。 ②赤芽球および顆粒球の両系統は、形態ともに正常 顆粒球/赤芽球比(M/E比)は正常で、全体として正形成を呈する。[nanbyou.or.jp] (2) 骨髄 ① 骨髄巨核球正常ないし増加 巨核球は血小板付着像を欠くものが多い。 ② 赤芽球及び顆粒球の両系統は、形態ともに正常。 顆粒球/赤芽球比(M/E 比)は正常で、全体として正形成を呈する。[jpma-nanbyou.com]

  • B細胞慢性リンパ性白血病

    肝臓、 脾臓、リンパ節はまだ腫れてはおらず、赤血球血小板正常です I 期: 血液中のリンパ球の増加し、リンパ節が腫れてきます。しかし肝臓、脾臓はまだ腫れてはおらず、赤血球血小板数も正常です。 II 期: 血液中のリンパ球の数だけが多く、肝臓、脾臓、リンパ節が腫れてきている状態です。[niigata-cc.jp]

  • 潰瘍性大腸炎

    また、血小板、フィフリノーゲンが増加して、血液が固まりやすい状態になります。 注腸X線検査: X線所見は正常粘膜の模様が消失し、粘膜のただれや潰瘍など様々な像を描きます。 大腸内視鏡検査: 活動期には粘膜の腫れ、浮腫、びらんや潰瘍、出血、粘液過多、血管が透けて見えないなどの病態がみられます。[onaka-kenko.com]

  • 無巨核球性血小板減少症

    ITPでは骨髄中の巨核球正常あるいは増加しており血小板産生を示す成熟巨核球は少なく血小板産生不良な幼若巨核球が主体になっています(図1)。 血小板機能異常が疑われる場合、血小板浮遊血漿(PRP)を用いてフローサイトメリーにより血小板表面抗原(CD41, CD42a, CD42b, CD61)を調べます。[tokushukai.or.jp] (2) 骨髄 ① 骨髄巨核球正常ないし増加 巨核球は血小板付着像を欠くものが多い。 ② 赤芽球及び顆粒球の両系統は、形態ともに正常。 顆粒球/赤芽球比(M/E 比)は正常で、全体として正形成を呈する。[jpma-nanbyou.com] 末梢血中に巨核球やその破片、 巨大血小板が認められることもあります。 赤血球、ヘモグロビン値、ヘマトクリット値は 正常、白血球数は軽度の増加 を示す場合があります。 生化学検査では細胞増殖が盛んで代謝も亢進されるため LDH値、尿酸値の高値 が見 られます。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 四肢痛

    小動脈が血小板によって閉塞することが原因であり,治療・予防には,血小板凝集能を抑制するアスピリン,および血小板を減少,正常化させるハイドロキシウレアが有効です。 一般的な真性赤血球増加症の治療は,血栓症,出血の予防が目的です。[jmedj.co.jp]

  • 脾臓転移

    肝臓、 脾臓、リンパ節はまだ腫れてはおらず、赤血球血小板正常です I 期: 血液中のリンパ球の増加し、リンパ節が腫れてきます。しかし肝臓、脾臓はまだ腫れてはおらず、赤血球血小板数も正常です。 II 期: 血液中のリンパ球の数だけが多く、肝臓、脾臓、リンパ節が腫れてきている状態です。[niigata-cc.jp]

さらなる症状