Create issue ticket

考えれる3県の原因 血小板凝集減少

  • 自己免疫性溶血性貧血

    特発性血小板減少性紫斑病(ITP)を合併する場合をエヴァンズ(Evans)症候群と呼ぶ。 (2)寒冷凝集素症(CAD)…臨床症状は溶血と末梢循環障害によるものからなる。特発性慢性CADの発症は潜行性が多く慢性溶血が持続するが、寒冷暴露による溶血発作を認めることもある。[nanbyou.or.jp] 特発性温式AIHAに特発性血小板減少性紫斑病(ITP)が合併することがある(Evans症候群)。また、寒冷凝集素価の上昇を伴う混合型もみられる。 寒冷凝集素症での溶血は寒冷凝集素価と平行するとは限らず、低力価でも溶血症状を示すことがある(低力価寒冷凝集素症)。 自己抗体の性状の判定には抗体遊出法などを行う。[ja.wikipedia.org] 3)特発性温式AIHA に特発性血小板減少性紫斑病(ITP)が合併することがある(エヴァンズ症候群)。また、寒冷凝集素価の上昇を伴う混合型もみられる。 4)寒冷凝集素症での溶血は寒冷凝集素価と平行するとは限らず、低力価でも溶血症状を示すことがある(低力価寒冷凝集素症)。 5)自己抗体の性状の判定には抗体遊出法などを行う。[nanbyou.or.jp]

  • グランツマン血小板無力症

    GPⅡb/Ⅲaの欠損した血小板では、本来は血小板粘着後におこる扁平・伸展化といった形態変化は低下し、さらに血小板凝集が起こらなくなる。typeⅠやvariant型に分類される血小板減少症では、血餅退縮の欠如がみられることがある。 GPⅡb/Ⅲa(αⅡbβ3インテグリン)は、αⅡbと、β3の2つのサブユニットから構成されている。[ja.wikipedia.org]

  • 抗結核薬

    また、ピリドキサールリン酸は、種々の転写因子と相互作用することにより、糖タンパク質IIbの遺伝子発現に影響を与え、血小板凝集の阻害をもたらす。 ペラグラ、脂漏性皮膚炎、舌炎、口角症、リンパ球減少症。成人では希に、うつ状態、錯乱、脳波異常、痙攣発作。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状