Create issue ticket

考えれる132県の原因 血小板凝集減少

  • 血小板減少症

    ここでは主に外来で初めて 血小板減少を認めた成人患者を対象とします。 (1)血小板減少?......まずは確認を! 採血時に血液が凝集してしまい見かけ上血小 板数が減少するという事があります。無症状で 血小板数が7.5 10 万程なら1 2 週間後に再 検としてよいかも知れません。また“偽性血小 板減少症”も念頭におきたいものです。[okinawa.med.or.jp] と略記)の報告も散見される 3 ) 4 ) .TTPおよびHITの病態は自己免疫反応を介した過剰な血小板凝集による血栓形成が主体であることから 5 ) 6 ) ,血栓症を伴わない場合には両者は除外される.そこで血小板減少が単独で認められた場合には,ITPおよび薬剤性血小板減少症の鑑別が問題となる.[jstage.jst.go.jp] 血小板無力症(血小板凝集の異常を示すが血小板数は正常) ベルナール・スリエ症候群(血小板粘着の異常があり、血小板数は軽度減少) MYH9異常症(血小板のサイズが大きく、巨大血小板性血小板減少症 macro-thrombocytopeniaを特徴とする;May Hegglin症候群、Epstein症候群など) Wiskott Aldrich[tokushukai.or.jp]

  • 狭心症

    糖タンパクIIb/IIIa阻害薬(抗血小板薬の一種) アブシキシマブ( abciximab ) エプチフィバチド( eptifibatide ) チロフィバン( tirofiban ) 出血、特に類似の作用がある他の薬(抗凝固薬や血栓溶解薬など)と併用した場合 血小板数の減少 血小板凝集や血栓の形成を予防する。[msdmanuals.com] 心筋酸素需要量の減少のみでは虚 血は改善せず、Ca拮抗剤、亜硝酸剤、血小板凝集抑制剤などが治療の中 心となる。βブロッカーはむしろ禁忌。 3.一般的管理 a)増悪因子の除去:貧血・甲状腺機能亢進症・高血圧・不整脈などがあれ ばその治療をする。睡眠不足・過労を避けるようにし、ストレスや不安 感が強いときは精神安定剤がしばしば有効である。[nms.co.jp] 抗血小板薬 アスピリン クロピドグレル プラスグレル チカグレロル チクロピジン 出血、特に類似の作用がある他の薬(抗凝固薬など)と併用した場合 アスピリンでは、胃の不快感 チクロピジンや、比較的少ないがクロピドグレルでは、白血球数減少の小さなリスクあり 血小板凝集と血栓の形成を予防する。さらに心臓発作のリスクも低下させる。[msdmanuals.com]

  • ヘパリン起因性血小板減少症

    【質問者】 家子正裕 北海道医療大学歯学部内科学分野教授 【回答】 HITは,ヘパリン投与(未分画,低分子量いずれでも)を契機とし,血小板活性化能を持つ抗血小板第4因子(PF4)/ヘパリン抗体(HIT抗体)が誘導されることで,血小板・単球・血管内皮の活性化,トロンビン産生が促され,血管内血小板凝集による血小板減少とともに,血栓塞栓症を高率([jmedj.co.jp] 分類: ヘパリンによる軽度の血小板凝集作用の結果として血小板減少が引き起こされるType I型と、一過性に出現するヘパリン依存性自己抗体(HIT抗体)が血小板を活性化するために血小板減少を引き起されるType II型に分類され、主にType II型が臨床的に問題となる。[clinicalsup.jp] 血小板無力症(血小板凝集の異常を示すが血小板数は正常) ベルナール・スリエ症候群(血小板粘着の異常があり、血小板数は軽度減少) MYH9異常症(血小板のサイズが大きく、巨大血小板性血小板減少症 macro-thrombocytopeniaを特徴とする;May Hegglin症候群、Epstein症候群など) Wiskott Aldrich[tokushukai.or.jp]

  • 敗血症

    【ステロイドを投与することによる想定される利益】 α・βアドレナリン受容体の感受性増加・数の増加・機能回復 NFkBの活性化抑制 抗炎症サイトカインの増加 炎症サイトカインの減少 アラキドン酸の阻害 血小板活性化因子の阻害 好中球の凝集を防ぐ 【ステロイドにまつわる臨床研究】 1960年 敗血症に対するステロイド投与の最初の二重盲検プラセボ[kameda.com]

  • CAID症候群

    【検査と診断】 1)巨大血小板、2)血小板減少、3) 出血時間 延長、4)リストセチンによる血小板凝集欠如が古典的検査診断基準である。血小板減少を指摘されている血縁者があるかなど、家族歴の聞き取りは重要である。保因者では大型血小板と軽度血小板減少を認めることが多い(図1)。[jsth.org]

  • アスピリン喘息

    そのためCoxibsを使用しても、非選択的NSAIDsに比べて腎障害の発生頻度は減少しません。また血小板凝集作用を示すCOX-1への阻害作用が弱く、血管内皮の恒常性を保つCOX-2を選択的に阻害するため、Coxibsは非選択的NSAIDsに比べて心血管合併症を増加させる危険があると考えられています。[jspc.gr.jp] COX-1回路ではAAにCOX-1が作用し、炎症促進作用と炎症抑制作用の両面を持つprostaglandin E2(PGE2)と強力な血小板活性及び凝集能を持つthromboxane A2(TXA2)が産生される。[drugsinfo.jp] […] aspirinのようなNSAIDsはCOX-1を阻害し、その結果PGE2が減少すると5-リポオキシゲナーゼ活性化蛋白や5-リポキシゲナーゼに対するPGE2の抑制作用が低下し、leukotriene B4、leukotriene C4、leukotriene D4、leukotriene E4等の合成が制御されなくなる。[drugsinfo.jp]

  • グランツマン血小板無力症

    GPⅡb/Ⅲaの欠損した血小板では、本来は血小板粘着後におこる扁平・伸展化といった形態変化は低下し、さらに血小板凝集が起こらなくなる。typeⅠやvariant型に分類される血小板減少症では、血餅退縮の欠如がみられることがある。 GPⅡb/Ⅲa(αⅡbβ3インテグリン)は、αⅡbと、β3の2つのサブユニットから構成されている。[ja.wikipedia.org]

  • 動脈管開存症

    血小板減少症の患児〔血小板減少症が悪化するおそれがある。〕 血液凝固障害のある患児〔血小板凝集能を抑制するため、血液凝固障害が悪化するおそれがある。〕 壊死性腸炎又はその疑いのある患児〔壊死性腸炎が悪化するおそれがある。〕[kegg.jp] 血症、蛋白尿 尿浸透圧の低下 血液 血小板減少、貧血、白血球減少 血小板凝集能低下 感染症 感染症の増悪 その他 針穿刺後の皮膚出血 黄疸、ビリルビン上昇、体重増加(体液貯留) 適用上の注意 投与時 本剤は静脈内投与にのみ使用すること。[kegg.jp] その他の副作用 頻度不明 5%以上 0.1〜5%未満 0.1%未満 消化器 腹部膨満、嘔吐 肝臓 肝機能異常(AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇) 腎臓 尿中ナトリウム減少、尿中カリウム減少、尿中塩素減少、自由水クリアランス又は糸球体ろ過率の減少 尿量減少、腎機能異常(BUN上昇、血清クレアチニン上昇等) 血清カリウム上昇、低ナトリウム[kegg.jp]

  • 自己免疫性溶血性貧血

    重度の血色素血症や自己凝集がみられるもの、血小板減少を伴ったものは予後が悪い傾向があります。[hearts-ac.jp] 多くの症例は回復しますが重度の血色素血症や自己凝集がみられるもの、血小板減少を伴ったものは予後が悪い傾向があります。[sanyo-amc.jp] 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)を合併する場合をエヴァンズ(Evans)症候群と呼ぶ。 (2)寒冷凝集素症(CAD)…臨床症状は溶血と末梢循環障害によるものからなる。特発性慢性CADの発症は潜行性が多く慢性溶血が持続するが、寒冷暴露による溶血発作を認めることもある。[nanbyou.or.jp]

  • 手掌膿瘍

    循環赤血球量増加なし:ストレス多血症 血小板増加または減少鑑別のアルゴリズム(H19.4.19福山内科会) 血小板減少症 0. 偽血小板減少症(EDTA依存性血小板凝集による) 1. 脾腫あり 1) 骨髄異常:白血病、悪性リンパ腫 2) 骨髄正常:肝硬変、門脈圧亢進症 2.[ibaraisikai.or.jp]

さらなる症状