Create issue ticket

考えれる10県の原因 蟻走感複合体Nグリカン形成

  • ビタミンB12欠乏

    抄録[…][doi.org]

  • 急性アンフェタミン中毒

    北海道の覚せい剤事犯検挙状況 平成26年中の北海道内における覚せい剤事犯の検挙人員は、498人で前年より増加し、そのうち暴力団などが310人で全体の約62%を占めています。 検挙人員のうち、年齢別では40代が187人と最も多く全体の約38%、初犯・再犯別では、再犯者が全体の約72%を占めています。 押収量は約26,945グラムと前年より大幅に増加しています。 また、道内における大麻事犯の検挙人員は、176人で前年より64人と大幅に増加しており、そのうち暴力団などが48人で全体の約27%を占めています。[…][city.tomakomai.hokkaido.jp]

  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    脳や脊髄などの中枢神経系の髄鞘(神経の表面をおおっているカバー)が破壊されて発症するもので、自己免疫疾患の一つと考えられています。 視力の低下、ものが二重に見える(複視)、眼球がふるえる(眼球振盪)、目の痛みなどの症状のほか、手足がしびれる、手足に力が入らない、大小便の排泄困難や失禁、めまい、しゃべりにくい、ものが飲み込みにくいなど、いろいろな場所に多種多様な症状がみられます。[…][asahi-kasei.co.jp]

  • 多発性硬化症

    吉良 潤一 九州大学 大学院医学研究院 神経内科学 DOI: 10.14931/bsd.3696 原稿受付日:2013年4月15日 原稿完成日:2014年2月21日 担当編集委員: 漆谷 真 (滋賀医科大学 医学部 神経内科) 英語名:multiple sclerosis 英略名:MS 独:Multiple Sklerose 仏:sclérose en plaques 多発性硬化症は、時間的・空間的に多発する 中枢神経系 特異的な非化膿性炎症性 脱髄性疾患 である。中枢神経系の様々な部位が傷害されるので、MSの臨床症状は多彩である。中枢神経 髄鞘 抗原を標的にした 自己免疫性疾患[…][bsd.neuroinf.jp]

  • 慢性骨髄性白血病

    慢性骨髄性白血病 (まんせいこつずいせいはっけつびょう Chronic myelogenous leukemia ,CML)とは、 造血幹細胞 の遺伝子が後天的に変異して、造血細胞が分化・成熟能を保ったまま自律的な増殖をし、血液において白血球や時に血小板が増加する血液腫瘍である。 発生率と疫学 [ 編集 ] 慢性骨髄性白血病は年間に100万人あたり10-15人程度発生しすべての白血病(年間10万人あたり6人程度)の約2割を占める [1][…][ja.wikipedia.org]

  • 本態性血小板血症

    本態性血小板血症 Ref をクリックしていただくとreference abstractが表示されます(Pub Med) 解説 はじめに 末梢血血小板数の正常上限は40万/μl以下であり、40万/μl以上になると血小板増 加症と呼ばれます。一般的には60万/μl以上になると病的であるとされます。その原因 は 本態性血小板増多症を含む骨髄増殖性疾患 、 骨髄異形成症候群 、 家族性血小板増 多症、 そして下記に示す 2次性血小板増加症 に分けることができます。 2次性血小板増加症の原因 (1)運動 (2)分娩 (3)薬剤(エピネフィリン、サイトカインなど)[…][med.osaka-cu.ac.jp]

  • 骨髄性プロトポルフィリン症

    骨髄性プロトポルフィリン症 ( Erythopoietic protoporphyria, EPP )の診断と治療 近畿大学医学部皮膚科 川原 繁 EPP は常染色体優性遺伝を示し,原因はプロトポルフィリンからヘムへの合成酵素であるフェロケラターゼ( ferrochelatase )の活性低下である。 (1)臨床症状 ① 皮膚症状 EPP[…][med.kindai.ac.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかしょう、英:hypoparathyroidism)とは副甲状腺ホルモン(PTH)の不足を原因とした低カルシウム血症、高リン血症によって種々の症状を示す代謝性疾患。上皮小体機能低下症とも呼ばれる。甲状腺機能亢進症の治療のための甲状腺切除の際に傷つけられて発生する場合や頸部の外傷や腫瘍に続発する場合とがある。症状として神経過敏、全身性発作、テタニー、顔面筋の痙攣、運動失調、歩様異常、下痢、嘔吐などが認められる。ストレス、運動、騒音などが誘引となり突然に発症する。血清PTH濃度の低下、PTHの生理的効果の低下、低カルシウム血症、高リン血症、代謝[…][ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性ATTRアミロイドーシス

    熊本大学での国際シンポジウムでAPOLLO第III相試験結果を発表[…][sankeibiz.jp]

さらなる症状