Create issue ticket

考えれる116県の原因 蝶形紅斑

  • 酒さ

    酒さ(酒皶、しゅさ、Rosacea)とは、顔に生じる皮膚疾患のひとつ。酒焼けとも呼ばれる。 日光、ストレス、寒暖や風、運動、化粧品などがきっかけとなりやすい。治療は軽症から中等症では、第一選択はメトロニダゾール(抗菌薬)やアゼライン酸。きっかけを避け、日光から防御し、ステロイドの使用は避ける。 顔がほてり、鼻や頬の血管が炎症を起こし、真っ赤になるように見える。脂腺、汗腺の疾患とされている。浮腫を伴うこともある。 きっかけとなりやすいのは以下。 日光 81% 精神的ストレス 79% 猛暑 75% 風 57% 激しい運動 56% アルコール52% 寒い天気 46% 香辛料 45%[…][ja.wikipedia.org]

  • 尋常性ざ瘡

    (にきび) 執筆者: Jonette E. Keri, MD, PhD, Associate Professor of Dermatology and Cutaneous Surgery, University of Miami, Miller School of Medicine; Chief, Dermatology Service, Miami VA Hospital ざ瘡および関連疾患 尋常性ざ瘡 化膿性汗腺炎 口囲皮膚炎 酒さ[…][msdmanuals.com]

  • 食品アレルギー

    アレルギーを克服する「経口免疫療法」で逆に重篤な症状になるケースも (depositphotos.com) 現在、日本の1歳未満の子どもの10〜20人に1人が発症している食物アレルギー。主に卵や牛乳、小麦などに含まれる「タンパク質」が体内で「異物(アレルゲン)」と認識され、それらを食べることで、むくみ、じんましん、吐き気や嘔吐などの症状が引き起こされる。 食物アレルギーは子どもに多くみられるのが特徴で、6歳以下の乳幼児が患者数の80%近くを占める。国の調査によれば、全国の公立小中高で食物アレルギーを持つ児童生徒は「2004年の2.6%」から、「2013年には4.5%」と年々増え続けている。[…][healthpress.jp]

  • 日焼け

    抄録 太陽紫外線の特性,それにより引き起こされるさまざまな皮膚反応,その防御技術と防御効果評価法など,紫外線と皮膚とのかかわりについての簡単な解説を試みた。 地表に到達する紫外線の波長範囲は290[…][doi.org]

  • アトピー性皮膚炎

    痒みを伴い慢性的に経過する皮膚炎(湿疹)ですが、その根本には皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリアー機能異常)があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。慢性的ではありますが、適切な治療をきちんと受ければ、いずれ治ったと同様の状態になることが期待されます。 日本皮膚科学会編「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」について[dermatol.or.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    アルコール依存症の患者さんや疑いのある方には、一体どのような症状が現れるのでしょうか?その特徴的な症状を以下にまとめました。 アルコール依存症にかかると体だけでなく社会生活にも悪影響が アルコール依存症とは、お酒の飲み方(飲む量、飲むタイミング、飲む状況)を自分でコントロールできなくなった状態のことをいいます。飲むのはよくないことだとわかっていても、脳に異常が起きて飲むことをやめられなくなります。[…][alcoholic-navi.jp]

  • 接触性皮膚炎

    かぶれ(接触性皮膚炎)の治療 かぶれ(接触性皮膚炎)は、急性皮膚疾患のひとつとされています。酷くなると潰瘍(かいよう)を伴う場合もあります。 原因 一次刺激性接触皮膚炎 (ICD) 刺激の強い物質(例えば、油・洗剤・石けんなど)との接触で皮膚が炎症を起こすケースをいいます。 アレルギー性接触皮膚炎 (ACD) アレルギー反応が生じる物質(例えば、化粧品・消毒薬や目薬、湿布などの外用剤・金属・サクラソウや漆などの植物など)との接触で皮膚が炎症を起こすケースをいいます。 治療 抗アレルギーや抗ヒスタミン薬、ステロイド内服・注射など症状の状態に合わせた治療を行います。[cg-dental.jp]

  • 猩紅熱

    傳染性(erythema infectiosum):常見於春季的4 12歲兒童,潛伏期為5 14天。可能 致病菌是Human parvovirus 。主要是面部有水腫性、邊界清楚的;全身症狀輕微,如低熱、咽痛、眼結膜及咽部充血。[doctor.get.com.tw]

  • 全身性エリテマトーデス

    編集部脚注 ※1 (ちょうけい-こうはん) は、「左右の頬にやや対称的に現れる赤い班模様」です。 正面から観察すると「赤いが羽を広げた」に見えることから、「」と呼ばれています。 ※2 抗核抗体(こうかく-こうたい) 抗核抗体は、「細胞の核に含まれる物質に対して、反応する抗体」です。[fdoc.jp] (2)頬部):この病名をそのまま日本語に訳すと全身性紅斑性狼瘡となり昔はこの病名が使われていたこともあります。"狼に咬まれた傷跡のような皮疹"が、この顔面のを示しています。両頬部の皮疹は、日焼けと異なり鼻の凹んだ部分にも出現し両側がつながっているのが特徴です。[shinbashi-allergy.jp] SLEの代表的な症状としては、38 を超える発熱、関節痛、(ちょうけいこうはん)と呼ばれる鼻から両頬にかけて現れるのようなをした皮膚の赤み、手や足の指が蒼白になりその後赤紫色に変色して元に戻るというRaynaud(レイノー)現象、さらには尿蛋白などがあり、そのほか頭痛やけいれんなどの神経症状、胸水や心嚢液の貯留、白血球の減少などが[saiseikai.or.jp]

  • 丹毒

    丹毒(たんどく、erysipelas)とは、溶連菌による皮膚の化膿性炎症である。 表皮基底層および真皮浅層が、病変の主座である。そのレベルを水平方向に急速に拡大する浮腫性紅斑と腫脹を特徴とする。浮腫性紅斑には菌体および菌産生毒素に対する免疫アレルギーが関与しているといわれている。疼痛を伴うこともあるが、比較的少ない。人畜共通の病気でもあり発熱・頭痛など全身症状を伴うこともある。また、治癒したと思っても再発再燃をおこす場合があり、それを習慣性丹毒(しゅうかんせいたんどく)という。 顔面に好発する。 蜂窩織炎が下肢に多いのに比べると下肢の丹毒は少ない。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状