Create issue ticket

考えれる111県の原因 虹彩角膜癒着

  • ぶどう膜炎

    小児ぶどう膜炎の診療においてよくみられる所見は,帯状角膜変性と虹彩癒着です。帯状角膜変性は角膜の上皮下(ボーマン膜)にカルシウムが沈着する疾患です。病変部位は角膜の3時,9時方面の周辺部から始まり,中央部にかけてベルトのように帯状に存在し,慢性化したぶどう膜炎において発症することが多くあります。[jmedj.co.jp] ぶどう膜炎の特徴的検査所見 ぶどう膜の検査で特徴的な所見として 前眼部を見る細隙灯顕微鏡検査では、角膜後面沈着物、虹彩癒着、毛様充血、 前房蓄膿、などがあります。 角膜後面沈着物 虹彩・毛様体から房水中に遊走した炎症細胞が角膜後面の内皮に付着したもの。[shec.jp] における原則と例外 II.角膜後面沈着物を観察する際のポイント III.角膜後面沈着物と疾患 B 虹彩癒着,虹彩結節 I.眼所見の特徴 C 前房蓄膿 I.前房蓄膿とは II.前房蓄膿をきたす疾患 III.観察する際のポイント-“サラサラしている”か“ネバネバしている”か IV.治療と予後 D 隅角所見 I.隅角鏡の使い方 II.隅角所見のポイント[m-book.co.jp]

  • 眼内異物

    【Peters奇形】 角膜裏面の中央部に虹彩癒着するため、角膜中央部は白く混濁する先天異常です。両眼性のことが多く、半数以上に緑内障を伴います。[kato-eye-clinic.com] 前房消失が長引くと周辺虹彩癒着が形成され、房水の流出障害を残しますので、早期の前房再建が必要です。 【虹彩角膜内皮症候群】 正常の角膜内皮細胞は増殖しない(細胞分裂しない)のですが、この疾患群では増殖能をもつ病的な角膜内皮細胞が角膜周辺部から隅角や虹彩に進展することによって隅角での房水排出を妨げ、緑内障をきたします。[kato-eye-clinic.com]

  • 前部ぶどう膜炎

    しかし、この病気で前房に線維素がでてくると、虹彩が水晶体や角膜癒着してしまう 為に眼圧の上昇に繋がり、目に悪影響を及ぼします。また、房水の中に貯まると下方に沈着して「前房蓄膿」と呼ばれる状態を起こします。 急性前部ぶどう膜炎の特徴 この病気の特徴として、「強直性脊椎炎」などの全身病に伴って起こることがあります。[shec.jp] しかし、この病気で前房に線維素がでてくると、虹彩が水晶体や角膜癒着してしまう為に眼圧の上昇に繋がり、目に悪影響を及ぼします。また、房水の中に貯まると下方に沈着して「前房蓄膿」と呼ばれる状態を起こします。 特徴 この病気の特徴として、「強直性脊椎炎」などの全身病に伴って起こることがあります。[ikec.jp] 1 ぶどう膜炎の疫学 2 所見から診るぶどう膜炎 肉芽腫性炎症と非肉芽腫性炎症 前房浸潤細胞,角膜後面沈着物の種類と鑑別 虹彩結節・隅角結節・虹彩癒着の種類と鑑別 前房蓄膿の鑑別診断 硝子体混濁の鑑別診断 網膜視神経炎の鑑別疾患 網膜血管炎・滲出斑の鑑別診断 滲出性網膜?離の鑑別診断 脈絡膜?[rr2.nakayamashoten.co.jp]

  • 緑内障

    【Peters奇形】 角膜裏面の中央部に虹彩癒着するため、角膜中央部は白く混濁する先天異常です。両眼性のことが多く、半数以上に緑内障を伴います。[kato-eye-clinic.com] •極低侵襲緑内障手術 iStent手術 •周辺虹彩切除術 •隅角癒着解離術 ・流出路再建術 ・顕微鏡下角膜結膜縫合術 iStent は開放隅角緑内障に対して眼圧を下降させる極低侵襲緑内障手術の際に使用されるMIGS(micro-invasive glaucoma surgery)デバイスです。[enokiganka.com] 前房消失が長引くと周辺虹彩癒着が形成され、房水の流出障害を残しますので、早期の前房再建が必要です。 【虹彩角膜内皮症候群】 正常の角膜内皮細胞は増殖しない(細胞分裂しない)のですが、この疾患群では増殖能をもつ病的な角膜内皮細胞が角膜周辺部から隅角や虹彩に進展することによって隅角での房水排出を妨げ、緑内障をきたします。[kato-eye-clinic.com]

  • 偽落屑症候群

    【Peters奇形】 角膜裏面の中央部に虹彩癒着するため、角膜中央部は白く混濁する先天異常です。両眼性のことが多く、半数以上に緑内障を伴います。[kato-eye-clinic.com] 前房消失が長引くと周辺虹彩癒着が形成され、房水の流出障害を残しますので、早期の前房再建が必要です。 【虹彩角膜内皮症候群】 正常の角膜内皮細胞は増殖しない(細胞分裂しない)のですが、この疾患群では増殖能をもつ病的な角膜内皮細胞が角膜周辺部から隅角や虹彩に進展することによって隅角での房水排出を妨げ、緑内障をきたします。[kato-eye-clinic.com]

  • サルコイドーシス

    検査での特徴的な所見は、前部ぶどう膜炎の検査をすると、 角膜虹彩の付け根(隅角)や結節にテント状の癒着を数多く散見する点です。後部ぶどう膜炎検査では 硝子体 の雪玉状の濁り、 網膜 の滲出斑や血管炎が認められます。目以外では、胸部X線検査での両側肺門リンパ節の腫れが特有な所見です。[bausch.co.jp] 目の所見として前房(ぜんぼう:角膜と虹彩の間の空間)に炎症の細胞が浸潤し、角膜虹彩のつけ根(隅角(ぐうかく)といいます)の部分に結節やテント状の癒着を認めることが多いです。さらに硝子体(しょうしたい)のにごり(混濁)、網膜の血管の炎症、網膜の滲出斑(しんしゅつはん)などが認められます。[nichigan.or.jp] 虹彩結節は虹彩に生じる肉芽腫であり、瞳孔縁のKoeppe結節や虹彩実質のBusacca結節が知られ、特異度の高い所見とされている。 隅角結節、テント上虹彩癒着(テント上PAS)虹彩角膜が合わさる部分である前房隅角を隅角鏡で観察する。線維柱帯に隅角結節(肉芽腫)やテント上虹彩癒着(肉芽腫の瘢痕)が認められることがある。[ja.wikipedia.org]

  • 偽落屑症候群

    【Peters奇形】 角膜裏面の中央部に虹彩癒着するため、角膜中央部は白く混濁する先天異常です。両眼性のことが多く、半数以上に緑内障を伴います。[kato-eye-clinic.com] 前房消失が長引くと周辺虹彩癒着が形成され、房水の流出障害を残しますので、早期の前房再建が必要です。 【虹彩角膜内皮症候群】 正常の角膜内皮細胞は増殖しない(細胞分裂しない)のですが、この疾患群では増殖能をもつ病的な角膜内皮細胞が角膜周辺部から隅角や虹彩に進展することによって隅角での房水排出を妨げ、緑内障をきたします。[kato-eye-clinic.com]

  • 膨張性白内障

    【Peters奇形】 角膜裏面の中央部に虹彩癒着するため、角膜中央部は白く混濁する先天異常です。両眼性のことが多く、半数以上に緑内障を伴います。[kato-eye-clinic.com] 前房消失が長引くと周辺虹彩癒着が形成され、房水の流出障害を残しますので、早期の前房再建が必要です。 【虹彩角膜内皮症候群】 正常の角膜内皮細胞は増殖しない(細胞分裂しない)のですが、この疾患群では増殖能をもつ病的な角膜内皮細胞が角膜周辺部から隅角や虹彩に進展することによって隅角での房水排出を妨げ、緑内障をきたします。[kato-eye-clinic.com]

  • 低眼圧緑内障

    【Peters奇形】 角膜裏面の中央部に虹彩癒着するため、角膜中央部は白く混濁する先天異常です。両眼性のことが多く、半数以上に緑内障を伴います。[kato-eye-clinic.com] 上方は数回の手術で瘢痕癒着を生じたため、下方に手術を行いました。角膜内皮移植をおこなっているため、内皮障害を考慮し、虹彩の下眼内レンズの上にチューブを留置しました。[nitta-ganka.or.jp] 前房消失が長引くと周辺虹彩癒着が形成され、房水の流出障害を残しますので、早期の前房再建が必要です。 【虹彩角膜内皮症候群】 正常の角膜内皮細胞は増殖しない(細胞分裂しない)のですが、この疾患群では増殖能をもつ病的な角膜内皮細胞が角膜周辺部から隅角や虹彩に進展することによって隅角での房水排出を妨げ、緑内障をきたします。[kato-eye-clinic.com]

  • 急性間質性腎炎

    ,VS (1.2),眼圧は右眼21mmHg,左眼16mmHgであった.前眼部所見では,右眼に角膜浮腫,結膜毛様充血,前房内細胞(2 ),前房フレア( ),虹彩癒着を認めた(図1).右眼中間透光体,眼底は角膜浮腫のため透見不良であった.左眼に特記すべき所見はみられなかった.血液生化学検査では,血清クレアチニン3.0mg/dl,尿素窒素24.9mg[atagan.jp] ,リウマトイド因子 10IU/ml,好中球細胞質抗体(PR3-ANCA 3.5U/ml,MPO-ANCA 9.0U/ml)は正常範囲内であった.心電図,胸部単純写真に異常所図1初診時右眼前眼部写真角膜浮腫,結膜毛様充血,虹彩癒着がみられた.図2腎生検病理組織像(ヘマトキシリン・エオジン染色)間質に著明なリンパ球の浸潤を認める.糸球体の炎症[atagan.jp]

さらなる症状