Create issue ticket

考えれる5県の原因 虹彩異色

  • 緑内障

    緑内障は、眼圧が高くなり、視野が欠けてくる目の病気です。一般的には、目のなかの房水(ぼうすい)が増大し 眼圧が上昇、視神経を圧迫することで発症します。このような緑内障にかかっているときに、使用してはいけない薬がいろいろとあります。その多くは、抗コリン作用を持ち、眼圧の上昇を来たすおそれのある薬です。抗コリン薬には、瞳を開くとともに 房水の出口をふさぎ、その排出を阻害する作用があるのです。 抗コリン薬以外では、抗パーキンソン薬のレボドパ製剤、狭心症治療薬の硝酸薬、昇圧薬のリズミックなどが[…][okusuri110.com]

  • ホルネル症候群

    また、眼球陥凹は瞼裂狭小による見せかけのもので、ヒトでは出現しない) 発汗低下(同側顔面の無汗症等) 虹彩異色症(必発ではなく、まれ) 相川直樹 他『南山堂 医学大辞典』南山堂、1993(1954) 神経学[ja.wikipedia.org]

  • 爪膝蓋骨症候群
  • 神経芽細胞腫

    神経芽細胞腫(しんけいがさいぼうしゅ、neuroblastoma)は、小児がんの組織型の一種。現在は神経芽腫と呼ばれる。小児がんにおいては白血病についで患者数が多い。神経堤細胞に由来する悪性腫瘍で、主に副腎髄質や交感神経幹から発生する。副腎から発生する腫瘤として発見される。転移先として肝臓、骨、骨髄が多い。 乳幼児に多く発見される。そのため、以前は新生児のスクリーニングテストが行われていたが、新生児の場合はがんが、そのまま縮小してなくなるケースがあり、過剰な治療を行ってしまうとの批判から、今では行われなくなっている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 限局性白皮症

さらなる症状