Create issue ticket

考えれる186県の原因 虫刺症

  • 虫刺症

    (ちゅうししょう)とは、昆虫類を含むに刺された時にできる傷であり、外傷の一つである。この他に(しこうしょう)、蜂の場合は蜂(はちししょう)ともよばれる。症状が日常的には「刺され」といわれることが多い。便宜上、刺された場合のみではなく咬まれた場合も下記に記す。[ja.wikipedia.org] (ちゅうししょう)とは、昆虫類を含む に刺された時にできる傷であり、 外傷 の一つである。この他に (しこうしょう)、蜂の場合は 蜂 (はちししょう)ともよばれる。症状が日常的には「 刺され 」といわれることが多い。便宜上、刺された場合のみではなく咬まれた場合も下記に記す。[ja.wikipedia.org]

  • 妊娠性そう痒性蕁麻疹様丘疹

    による皮膚症状は以下の3つに大別されます。 咬性の虫(ブユ、アブ、ノミ(猫に寄生するネコノミがほとんどである)が原因で多い) 吸血性の虫(疼痛を伴うことが多い) 接触性の虫(代表は有毒毛の接触による。ドクガ(毒蛾)類の代表であるチャドクガはツバキやサザンカの害虫であり、5 6 月と8 9月に被害が多いです。[shibuya-hifuka.jp] 主に、子供の の痒みで掻いているうちに出現するというパターンが多い。 慢性痒疹 [ 編集 ] 結節性痒疹(けっせつせいようしん)ともいう。主に、 アトピー性皮膚炎 や高齢者の慢性湿疹に続発することがある。[ja.wikipedia.org] ビダール苔癬を含む)、乾癬、痒疹群(蕁麻疹様苔癬、固定蕁麻疹を含む)、掌蹠膿疱、慢性円板状エリテマトーデス、扁平苔癬 用法用量 通常1日1〜数回適量を患部に塗布する。[kegg.jp]

  • 打撲傷

    証拠化 / 陳旧打撲傷 / 紫外線撮影 / 断層撮影 / OCT 研究概要 我々は分光測色計を用いて打撲傷の色の評価を行ってきたが,皮下出血の深さや厚さが色の変化に大きく関連していた.CT,OCT,超音波診断装置を用いて,皮下出血の評価を行ったところ,CTは帽状腱膜下出血の評価は可能だが薄層の出血を検出できず,OCTは皮膚表層の観察に優れ[kaken.nii.ac.jp] 但し,実際の症例で研究していく中で,同検査は予想以上に鋭敏であることが判明した.即ち,消毒薬・湿布などで処置すると皮膚温は大幅に変化する点,入浴などによる皮膚の温度変化が証拠化に大きく影響する点,擦過を伴い血液や組織液が滲出している部分は低温域として表示される点などに注意が必要であった.また,打撲傷・打撲擦過傷などの損傷以外にも,痒疹や[kaken.nii.ac.jp]

  • 皮膚感染症

    アトピー性皮膚炎 かぶれ(接触皮膚炎) 手荒れ(手湿疹) じんましん さされ() 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 おむつ皮膚炎 とびひ(伝染性膿痂疹) ヘルペス 帯状疱疹 いぼ(尋常性疣贅) 水いぼ(伝染性軟属腫) 水虫・爪水虫(白癬・爪白癬) たむし(股部白癬) 粉瘤 老人性いぼ (脂漏性角化症) ニキビ(尋常性ざ瘡) 円形脱毛症 男性型脱毛症[shibaki-derma.jp] 細菌(とびひ、蜂窩織炎)、ウィルス(帯状疱疹、ヘルペス)、真菌(白癬)、)による皮膚感染症。 疣贅(いぼ)、胼胝(たこ)、鶏眼(うおのめ)、爪の病気(巻き爪など)、毛髪の病気(円形脱毛症)、口の中の病気、多汗症、ざ瘡(にきび)など日常生活を損なわれる疾患。[byouin.metro.tokyo.jp] 水疱が帯状に分布することと、疼痛を伴うことが特徴ですが、刺され()、かぶれ(接触皮膚炎)などと間違われやすいので注意が必要です。最初は軽くても、後々に大変な疼痛を伴ってくることが多いので注意が必要です。重症の方、頸部から上に発症する方、ご高齢の方では特に入院治療の対象となる疾患です。[keisatsubyoin.or.jp]

  • ジカウィルス病

    2015年10月8日から16日の間にブラジル及びコロンビアの国際保健規則(IHR)担当窓口は、 全米保健機構(PAHO)と世界保健機関(WHO)に対してジカウイルス感染症例を報告しました。 ブラジル 2015年5月にブラジルの公衆衛生専門家はジカウイルスへの地域内感染が同国の北東部であったことを 報告しました。10月8日までに同様な地域でのジカウイルス感染例は14州で報告されています。 アラゴアス、バイーア、セアラ、マラニョン、マットグロッソ、パラー、パラナ、パライバ、[…][forth.go.jp]

  • 黒色表皮腫

    でん風 抗酸菌感染 :尋常性狼瘡、皮膚腺病、Bazin硬結性紅斑、非結核性抗酸菌 動物・原虫・スピロヘータ :、疥癬、creeping disease、クラゲ皮膚炎、梅毒 その他 :Weber-Christian症候群、木村氏病、結節性筋膜炎[kyumed.jp] (足・爪みずむし、カンジダ、癜風など)・性感染(梅毒、 尖圭コンジローマ など) ・ 動物・原虫 (、疥癬など) 皮膚科受診・入院・相談案内 ・当院の外来診療は予約診療を原則としております。[twmu.ac.jp] 癜風・マラセチア毛包炎 抗酸菌感染 皮膚結核 非結核性抗酸菌 性感染 梅毒 動物性皮膚 しらみ症・疥癬・マダニ刺症 付属器疾患 尋常性痤(ざ)瘡 酒皶(さ)・酒皶(さ)様皮膚炎 毛髪の疾患 爪の疾患 粘膜疾患 口腔粘膜疾患 全身疾患に伴う皮膚症状 内臓悪性腫瘍に伴うデルマドローム 付録 ジャパニーズスタンダードアレルゲン2015[igaku-shoin.co.jp]

  • 癤腫症

    皮膚疾患 第42章 皮膚幼虫移行 第43章 アタマジラミ 第44章 および丘疹状蕁麻疹(ストロフルス) 第45章 疥癬 丘疹落屑性皮膚疾患 第46章 光沢苔癬 第47章 扁平苔癬(LP) 第48章 線状苔癬 第49章 苔癬状粃糠疹 第50章 ジベルばら色粃糠疹 第51章 乾癬 第52章 脂漏性皮膚炎 血管病変 第53章 大理石様皮膚[molcom.jp] 石井則久〉 3 ハンセン病〈石井則久〉 XIX.性感染 1 梅毒〈松尾光馬〉 2 HIV感染〈松尾光馬〉 XX.による皮膚疾患 1 ・毛虫皮膚炎・線状皮膚炎〈夏秋 優〉 2 疥癬〈夏秋 優〉 3 マダニ・ライム病〈夏秋 優〉 4 日本紅斑熱・つつが病〈夏秋 優〉 索引[chugaiigaku.jp] (TSS) 真菌症とカンジダ症 第35章 カンジダ 第35A章 口角炎 第35B章 カンジダ性おむつ皮膚炎 第35C章 慢性爪囲炎 第35D章 新生児/ 先天性カンジダ症 第35E章 鷲口瘡 第36章 爪真菌症 第37章 頭部白癬 第38章 体部白癬 第39章 股部白癬(陰股部白癬・いんきん) 第40章 足白癬 第41章 癜風 昆虫・寄生などによる[molcom.jp]

  • 皮膚腫瘍

    アトピー性皮膚炎 かぶれ(接触皮膚炎) 手荒れ(手湿疹) じんましん さされ() 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 おむつ皮膚炎 とびひ(伝染性膿痂疹) ヘルペス 帯状疱疹 いぼ(尋常性疣贅) 水いぼ(伝染性軟属腫) 水虫・爪水虫(白癬・爪白癬) たむし(股部白癬) 粉瘤 老人性いぼ (脂漏性角化症) ニキビ(尋常性ざ瘡) 円形脱毛症 男性型脱毛症[shibaki-derma.jp] その他  爪白癬、足白癬、カンジダなど真菌  、脂漏性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹、痒疹、貨幣状湿疹、自家感作性皮膚炎、 ウイルス性発疹症など湿疹、皮膚炎  乳児、小児湿疹  急性、慢性蕁麻疹  脱毛症  いぼ、アクロコルドン  にきび  熱傷、熱傷後瘢痕  ケロイド、肥厚性瘢痕  その他 紅皮症、水疱症など 手術 皮膚腫瘍  粉瘤、脂漏性角化症[nmc.kpu-m.ac.jp] 主な対象疾患 ・アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎(かぶれ)などの湿疹、皮膚炎、じんましん ・(マダニ咬刺症を含む)、白癬(みずむし)、帯状疱疹、 尋常性疣贅(ウイルス性のいぼ)、伝染性膿痂疹(とびひ)、蜂窩織炎などの感染症 ・凍瘡(しもやけ)、鶏眼(うおのめ)、胼胝(たこ)、光線過敏症などの物理的、化学的な皮膚障害 ・薬疹や抗がん剤などによる[gobyou.com]

  • 眼瞼炎

    症状からの検索 眼瞼炎 症状(痛い・腫れ・ごろごろ・異物感・赤い・かゆい・かさぶた)から見た可能性のある病気-眼瞼炎 眼瞼炎(がんけんえん) まぶたや、まつげの生えぎわ、目尻に起こる炎症をいいます。 原因 不潔、脂漏性皮膚炎、細菌感染、この両方の組み合わせ、アレルギー、シラミによる感染症(まつげの中)など 症状 皮膚が腫れて赤い、ただれてかゆい、痛い、かさぶた 関連症状 充血、しょぼしょぼ感、目が重い、しこり 症状別目次に戻る[baba-eyeclinic.com]

  • サソリ刺傷

    (ちゅうししょう)とは、昆虫類を含む に刺された時にできる傷であり、 外傷 の一つである。この他に (しこうしょう)、蜂の場合は 蜂 (はちししょう)ともよばれる。症状が日常的には「 刺され 」といわれることが多い。便宜上、刺された場合のみではなく咬まれた場合も下記に記す。[ja.wikipedia.org] T636 HLRD 23 顔面昆虫螫 T639 VDCN 24 胸部昆虫螫 T639 QUV1 25 頚部 T639 R2QB 26 前額部 T639 M1TA[dis.h.u-tokyo.ac.jp] T634 D64M 14 四肢 T634 AUEL 15 節足動物毒 T634 B953 16 体幹 T634 S6CK 17 性皮膚炎 T634 GJVN 18 蜂刺 T634 SHRM 19 イソギンチャク毒 T636 BJJJ 20 クラゲ毒 T636 HA7F 21 ヒトデ毒 T636 BFKE 22 甲殻動物毒[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

さらなる症状