Create issue ticket

考えれる123県の原因 虚血性腸疾患

  • ウェルシュ菌食中毒

    (Vol. 29 p. 218-218: 2008年8月号) はじめに 2007年9月、M町で開催された敬老会に参加し仕出し弁当を食べた人たちの間で、ウェルシュ菌による大規模な食中毒が発生したので、その概要について報告する。 1.事件の発生 2007年9月18日、県内の町役場から管轄保健所に、9月16日および17日に開催された町内の敬老会で仕出し弁当を食べた者が、下痢等の症状を呈している旨、連絡があった。 保健所が調査をしたところ、9月16日および17日に、昼食として市内のB飲食店が製造した仕出し弁当を食べた8グループ1,114人のうち、8グループ493人(44.3%)が、16日[…][idsc.nih.go.jp]

  • 虚血性腸疾患

    この出血の範囲と健常な部分が明確に区別できるのも、変化の特徴である。 解説 を養う血管が詰まる病気を、疾患と呼びます。その中で、血管の根元が詰まるものを、急性腸管壊死といって、広範囲の腸管がやられるため、激しい腹痛・麻痺性イレウス・などを起こし、多臓器不全などの重篤な状態になります。治療は早急な手術が必要です。[hashimoto.or.jp] このエコー所見と問診・診察と合わせ炎と診断します。 炎の大腸内視鏡(大腸カメラ)所見 炎Topへ 疾患一覧へ 治療 症状は2-4日で落ち着くことがほとんどなので、外来で通院して頂きながら様子を見ます。[sugamo-ichou.com] 学術コーナー (医局研究会 2011.6) 消化器科 澤崎拓郎 炎症疾患には特異的なものとして感染炎や薬剤炎・炎など様々な疾患があります。一方非特異的なものとしてクローン病や潰瘍性大腸炎に代表される疾患があります。今回はこの2疾患について簡単にお話をさせていただきます。[kouseiren-ta.or.jp]

  • 良性移動性舌炎

    吐き気 頭部(脳卒中、脳腫瘍、脳炎、髄膜炎、片頭痛、めまい疾患)、内分泌、代謝疾患(高血糖、低血糖、 副腎機能低下 、 甲状腺機能亢進 、 褐色細胞腫 、腎臓、 高Ca 、 低Na 、妊娠等)、薬物や中毒(ジギタリスや CO中毒 等)、腹部(腸閉塞、急性肝炎、 胆嚢炎 、膵炎、 虫垂炎 、腹膜炎、間膜炎 、 腎梗塞 等の疾患[ohashinaika.jp] 虫垂炎 (腹部の緊急手術の約半数、医者を謙虚にする病気、①食欲不振、②上腹部痛、③吐き気、④右下腹部に痛みが移動、⑤発熱の順番に症状出現、治療法がなかった時代には汎発腹膜炎に至れば敗血症で皆亡くなった、近代医療に感謝)、消化管穿孔、急性膵炎、 胆石疾患 、腸閉塞、急性腸管、 虚血炎 、大動脈瘤破裂、 腎梗塞 、 結腸憩室炎 、 外妊[ohashinaika.jp]

  • 空腸憩室

    【下部消化管出血(252例)の原因疾患】 第1位・・・・大腸がん(19.4%) 第2位・・・・炎症疾患(15.9%) 第2位・・・・炎(15.9%) 第4位・・・・大腸憩室(12.7%) 第5位・・・・感染性腸炎(10.7%) その他・・・急性出血性直腸潰瘍症(6.7%)、放射線性大腸炎(4.3%)、ポリープ切除後(3.6%)、[kango-oshigoto.jp] 疾患 間膜動脈閉塞症 上腸間膜動脈という小腸に血流をもたらす重要な血管が、心房細動などの不整脈に伴う血栓や解離性動脈瘤により閉塞し血流が途絶えてしまう病気です。小腸が虚血になり、急激な腹痛、意識消失や血圧低下などのショック状態となります。[ichikawa.iuhw.ac.jp] それ以下はほとんど同じくらいで、 炎症疾患炎、大腸憩室、感染性腸炎 が並んでいます。今回の内痔核後出血は表にはありませんが、術後ということでは、内視鏡でポリープ切除後に出血したものも3.6%に認めています。痔関連も2.0%ありますね。 下血の状況の違いで、どこから出血しているか予想することはできるのでしょうか?実はできます![kango-oshigoto.jp]

  • 感染性大腸炎

    学術コーナー (医局研究会 2011.6) 消化器科 澤崎拓郎 炎症疾患には特異的なものとして感染炎や薬剤炎・炎など様々な疾患があります。一方非特異的なものとしてクローン病や潰瘍性大腸炎に代表される疾患があります。今回はこの2疾患について簡単にお話をさせていただきます。[kouseiren-ta.or.jp] 炎症性疾患のうち、細菌や薬剤などはっきりした原因で起こるものを特異的炎症疾患といいます。感染炎、薬剤炎、炎、腸結核などは特異的炎症性腸疾患です。炎症を起こす原因がはっきりしている場合には、原因を取り除く治療を行います。[ibd-life.jp] また、急激に症状があらわれた場合には細菌やビールスなどによる感染炎、大腸粘膜の流障害による大腸炎などの疾患と鑑別が必要になります。したがって、診断には 注X線検査 や 大腸内視鏡検査 を行う必要があります。 当院では注腸X線検査、大腸内視鏡検査の両検査を受けられます。 治療 治療は内科治療が基本です。[nagakute-nishi.com]

  • 下部消化管出血

    【下部消化管出血(252例)の原因疾患】 第1位・・・・大腸がん(19.4%) 第2位・・・・炎症疾患(15.9%) 第2位・・・・炎(15.9%) 第4位・・・・大腸憩室(12.7%) 第5位・・・・感染性腸炎(10.7%) その他・・・急性出血性直腸潰瘍症(6.7%)、放射線性大腸炎(4.3%)、ポリープ切除後(3.6%)、[kango-oshigoto.jp] 帝京大学医学部附属病院 下部消化管外科ページへ IBD(炎症性腸疾患)センター紹介はこちら 外来診療担当表 腫瘍性疾患 大腸がん、肛門がん、小腸がん、大腸ポリープ、大腸ポリポーシスなど 肛門疾患 痔核・脱肛,痔瘻・肛門周囲膿瘍、裂肛、直腸脱、肛門ポリープなど 炎症疾患 潰瘍大腸炎、クローン病、大腸炎、ベーチェット病、大腸憩室炎[teikyo-hospital.jp] 〇はじめに 救急外来を受診する下部消化管出血の原因疾患として頻度の高いのは、出血炎、性腸炎、大腸憩室出血、出血性直腸潰瘍、痔出血などです。今回は大腸憩室出血と虚血性腸炎について述べます。[coloproctology.gr.jp]

  • 炎症性腸疾患

    学術コーナー (医局研究会 2011.6) 消化器科 澤崎拓郎 炎症疾患には特異的なものとして感染炎や薬剤炎・炎など様々な疾患があります。一方非特異的なものとしてクローン病や潰瘍性大腸炎に代表される疾患があります。今回はこの2疾患について簡単にお話をさせていただきます。[kouseiren-ta.or.jp] 炎症性腸疾患のうち、細菌や薬剤などはっきりした原因で起こるものを特異的炎症疾患といいます。感染炎、抗生物質等の薬剤で起こる薬剤炎、炎、腸結核などは特異的炎症性腸疾患です。炎症を起こす原因がはっきりしている場合には、原因を取り除く治療を行います。[ibd-life.jp] 炎症性疾患のうち、細菌や薬剤などはっきりした原因で起こるものを特異的炎症疾患といいます。感染炎、薬剤炎、炎、腸結核などは特異的炎症性腸疾患です。炎症を起こす原因がはっきりしている場合には、原因を取り除く治療を行います。[ibd-life.jp]

  • 虚血性潰瘍

    炎症性疾患のうち、細菌や薬剤などはっきりした原因で起こるものを特異的炎症疾患といいます。感染炎、薬剤炎、炎、腸結核などは特異的炎症性腸疾患です。炎症を起こす原因がはっきりしている場合には、原因を取り除く治療を行います。[ibd-life.jp] 〇はじめに 救急外来を受診する下部消化管出血の原因疾患として頻度の高いのは、出血炎、性腸炎、大腸憩室出血、出血性直腸潰瘍、痔出血などです。今回は大腸憩室出血と虚血性腸炎について述べます。[coloproctology.gr.jp] 大腸炎 (きょけつせいだいちょうえん)または 炎 (きょけつせいちょうえん)とは、 血流 が絶たれたために 大腸 の損傷を起こす 疾患 である。主な症状として 腹痛 と 血便 がしばしば見られる。 病態 [ 編集 ] 大腸 に 血液 を送る 動脈 の血流が一時的に阻害されることで起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 消化管出血

    血便は小腸や大腸などの下部消化管出血した場合に認められ、原因となる疾患は主に以下のものです。 大腸ポリープ、大腸がん 小腸・大腸の憩室 炎、薬剤性腸炎、感染性腸炎 潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患 痔核など 上記疾患の診断には大腸内視鏡検査(大腸カメラ)が有用で、出血部位が同定されれば止血処置を行います。[lab.toho-u.ac.jp] 〇はじめに 救急外来を受診する下部消化管出血の原因疾患として頻度の高いのは、出血炎、性腸炎、大腸憩室出血、出血性直腸潰瘍、痔出血などです。今回は大腸憩室出血と虚血性腸炎について述べます。[coloproctology.gr.jp] 胃潰瘍など吐血の原因となる上部消化管疾患 大腸がん 小腸・大腸の憩室出血、憩室炎 炎、薬剤性腸炎、感染性腸炎 潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患 痔核など 上記疾患の診断には肛門から挿入して検査する大腸内視鏡検査が有用ですが、検査の前には投薬により腸管内の便を排出させておく準備が必要です。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • アルコール性胃炎

    主な症状: おなかが痛い、おなかにしこりを感じる、はった感じがある、便に血が混じる、便が細くなった、便通が異常になった(下痢や便秘が増えた)、下痢と便秘を繰り返す、体重が急激に減った、排便後すっきりしない 主な疾患: 過敏症候群、疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)、大腸憩室、大腸ポリープ、大腸がん(結腸がん、直腸がん)など ピロリ[shioya-clinic.com] 食道:逆流性食道炎、食道癌、食道静脈瘤など 胃:ヘリコバクターピロリ菌感染胃炎、胃潰瘍、機能ディスペプシア、胃癌など 十二指腸:十二指腸潰瘍など 小腸:炎症疾患(クローン病)、腸閉塞など 大腸:感染炎、炎、偽膜性腸炎、大腸ポリープ、大腸癌、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)など 肝臓:アルコール性肝疾患[suita.tokushukai.or.jp] 消化器内科の主な病気 炎症疾患 逆流食道炎、急性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、感染胃腸炎(ノロウイルス感染、等)、大腸憩室炎、炎、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)など 腫瘍性疾患 食道癌、胃癌、大腸癌などの悪性腫瘍、粘膜下腫瘍やポリープなど 機能異常症 腸閉塞、便秘症、過敏性腸症候群など このような症状がありましたら、ご相談下[fuku-cl.com]

さらなる症状