Create issue ticket

考えれる189県の原因 薬物過敏症

  • 風邪

    風邪(かぜ、common cold, nasopharyngitis, rhinopharyngitis, acute coryza, a cold)とは、原因微生物の80 90%がウイルスの上気道感染症であり、主な影響は鼻に現れる。喉、副鼻腔、喉頭も影響を受ける可能性がある。症状はたいてい感染後二日以内に発生する。症状としては、咳、咽頭痛、くしゃみ、鼻水、鼻閉、頭痛、発熱、嗄声などが現れる。患者の多くは回復まで大抵7-10日間を要し、一部の症状は3週間まで継続しうる。他に健康に問題がある患者は、肺炎に進行する可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 過敏症

    薬物療法は抗アレルギー薬や免疫抑制薬の内服、ステロイドや免疫抑制薬の外用を行います。当科は光線過敏を専門の1つにしており、全国の中核施設となっています。多数の経験があり、積極的に検査・治療を行っています。 閉じる[kmu.ac.jp]

  • 虫刺症

    虫刺症(ちゅうししょう)とは、昆虫類を含む虫に刺された時にできる傷であり、外傷の一つである。この他に刺咬症(しこうしょう)、蜂の場合は蜂刺症(はちししょう)ともよばれる。症状が日常的には「虫刺され」といわれることが多い。便宜上、刺された場合のみではなく咬まれた場合も下記に記す。 蚊・ブヨ・ダニ・アブなどに刺されたり、毛虫や毒蛾にかぶれた場合、ステロイド外用剤(軟膏、クリーム)を塗ると効果的である。また冷たいタオルなどで患部を冷やすと、かゆみや痛みが和らぐ(局所冷罨法)。ひどい場合は、ステロイドの内服や注射を行うこともある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 食品アレルギー

    食物アレルギー(しょくもつアレルギー)は、原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して起こる生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシー反応など)である。食品によっては、アナフィラキシーショックを発症して命にかかわることもある。一部の集団では、後にアトピー性皮膚炎、喘息へと進展するというアレルギー・マーチの仮説の最初のアレルギー反応である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 花粉症

    花粉症と静電気 静電気はなんとなく体に悪そうなイメージはあるけど、具体的にどう悪いのか聞かれると曖昧ですよね。 意外と知られていない静電気のこと、知ってほしいこと、ご紹介します。[…][k-katani.com]

  • 接触性皮膚炎

    日常生活から考えられる原因 1 刺激や毒性のあるものによって起こるかぶれ 触れたものの強い刺激や毒性によって起こり、その物質に触れれば誰でもかぶれる可能性があります。強い酸・アルカリなどの化学物質が含まれている洗剤・髪染料・毛虫の毛や昆虫の毒などが原因で起こります。 2 アレルギーによって起こるかぶれ 特定の物質に過敏に反応する人にだけ起こるアレルギー反応によって、かぶれる場合があります。[…][takeda-kenko.jp]

  • バラニティデス

    […] [ja.wikipedia.org] 薬物過敏 小麦不耐性 甲状腺障害 甲状腺疾患とは甲状腺に起こる疾患の総称である。 甲状腺疾患の頻度は高く一般外来を受診する患者の中にも約13%の頻度で甲状腺疾患がみつかる。[symptoma.jp]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 薬物過敏症

    診療内容はこれまでの呼吸器疾患一般(呼吸器感染症、肺癌、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎、気胸)に加えてアレルギー疾患(好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、アレルギー性気管支肺真菌過敏性肺炎、アスピリン喘息、好酸球性肺炎、好酸球性胃腸炎、好酸球性血管性浮腫、成人の食物アレルギー、薬物過敏、アナフィラキシー)などの診療も行[hiratsuka-city-hospital.jp] 13 薬剤熱 14 薬剤性ループス 1.症状 2.抗核抗体 3.治療 4.原因薬物 15 薬剤性ANCA関連性血管炎 1.症状,検査,治療 2.原因薬物 16 過敏性血管炎 17 薬物過敏による内臓障害 1.肺疾患 2.血液学的障害 3.薬剤性免疫学的肝障害 4.腎障害 18 アレルギー反応を起こす特異的な薬物 1.β-ラクタム系抗菌薬[igaku-shoin.co.jp] そこで,本書では薬剤過敏を4つの視点,すなわち原因薬検出の視点,発現機構の視点,薬物(アレルゲン)側の視点,および生体(過敏患者)側の視点から解析して,薬物過敏の本質に迫りたいと考える.医療従事者や研究者が薬剤過敏を理解するうえで,本書が一助となれば幸いである. 2016年 早春 宇野 勝次 目次 序章 薬剤過敏に迫る Ⅰ 薬物[nanzando.com]

  • 血管炎

    血管炎症候群(けっかんえんしょうこうぐん、英: Vasculitis Syndrome )は、自己免疫疾患の一群で、主として血管に炎症の主座がある症候群。血管のみが冒されるわけではなく、他の臓器にも病変がみられることもある。 多くは慢性疾患である。血管は全身に分布している為、全身性疾患である事が多い。膠原病の一種に分類されるが、全身性エリテマトーデス(SLE)や関節リウマチ(RA)、シェーグレン症候群などに随伴する二次性血管炎以外は抗核抗体は診断に影響しない。 日本では、特定疾患(難病)として、国や都道府県による医療費支援制度の対象となっている疾患もある。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状