Create issue ticket

考えれる3県の原因 薬物性高カリウム血症

  • イレウス

    腹腔内または後腹膜炎症(虫垂炎、憩室炎、穿孔十二指腸潰瘍など) 後腹膜または腹腔内血腫(例えば腹部大動脈瘤破裂、腰椎圧迫骨折に起因) 代謝障害(低カリウムカルシウム血症) 薬物(タクロリムス、オピオイド、抗コリン薬、カルシウム拮抗薬などの副作用) 希に腎疾患や下位肋骨骨折、下葉肺炎、心筋梗塞など 病院によって以下のように分類される[ja.wikipedia.org]

  • 横紋筋融解症

    患者の危険因子 横紋筋融解症を誘発する因子には, 加齢(80歳以上) 腎機能障害 発熱 激しい運動 血圧 低カリウム 感染症 慢性的なアルコール摂取 糖尿病 代謝筋疾患 痙攣 薬物乱用 BMⅠ低値 CYP450遺伝子多型 脱水状態 薬剤 肝疾患,胆道閉塞性疾患 甲状腺機能低下症 術後 同じ姿勢を長時間続ける などがあげられます。[tokuyaku.or.jp]

  • アンジオテンシン変換酵素阻害物質

    アンジオテンシン変換酵素阻害薬(アンジオテンシンへんかんこうそそがいやく、Angiotensin-converting-enzyme inhibitor)は、アンジオテンシンIをアンジオテンシンIIに変換するアンジオテンシン変換酵素(ACE)を阻害する薬物である。略称はACE阻害薬(エースそがいやく)。 日本薬局方に収載されているカプトプリルをはじめ、多くの薬物が臨床で用いられている。 降圧作用 アンジオテンシン変換酵素を阻害して、昇圧作用のあるアンジオテンシンIIの生成を抑制するとともにブラジキニンの分解抑制による一酸化窒素の増加により末梢血管を拡張し、血圧を下げる作用を示す。腎保護作用[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状